クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2017年5月10日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「ANA JCBプリペイドカード」は、チャージでも
決済でもマイルが貯まる、お得なプリペイドカード!
クレジットカード同様に使えるため利便性も◎!

「ANA JCBプリペイドカード」のメリットを解説

 ANAは、2017年4月17日(月)より、JCBの国際ブランド付きプリペイドカード「ANA JCBプリペイドカード」の発行を開始した。
(※関連記事はこちら!⇒デビットカードとプリペイドカードのメリットとは?クレジットカード同様に使えて、使いすぎも防げる「国際ブランドつき」デビット&プリペイドカード!

 「ANA JCBプリペイドカード」は、ANAマイレージクラブの機能に加えて、チャージ金額の範囲内であれば、国内・海外のJCB加盟店で利用できるプリペイド機能が1枚になったカードだ。

 「ANA JCBプリペイドカード」の年会費は無料で、15歳以上であれば誰でも申し込める。チャージ方法は、「クレジットカードでのチャージ」と「ローソン店頭での現金チャージ」の2つ。利用時の還元方法は、マイルが貯まる「マイルコース」とバリュー(チャージ残高)を獲得できる「キャッシュバックコース」の2つだ。

 「マイルコース」の場合は、月間利用額1000円(税込)につき5マイルを獲得できる。一方、「キャッシュバックコース」の場合は、月間利用額200円(税込)につき1円のキャッシュバックだ。

 また、「ANA JCBプリペイドカード」は、半年間のチャージ合計金額により、ボーナスマイルまたはボーナスバリューを獲得できる。「マイルコース」の場合は、12万円以上で180マイル、24万円以上で360マイルを獲得でき、「キャッシュバックコース」の場合は、12万円以上で180円分、24万円以上で360円分のバリューを獲得できる。

■「マイルコース」と「キャッシュバックコース」のそれぞれの還元方法
  マイルコース キャッシュバックコース
月間利用額の還元 1000円につき5マイル 200円につき1円
ボーナスポイント 半年間のチャージ合計額12万円以上 一律180マイル 一律180円
半年間のチャージ合計額24万円以上 一律360マイル 一律360円

 なお、「ANA JCBプリペイドカード」にチャージできるクレジットカードは、JCBカードのみとなり、チャージした際にクレジットカードのポイントは貯まらない。

 「ANA JCBプリペイドカード」の発行手数料や年会費、チャージ手数料はそれぞれ無料だが、利用開始手数料として500円(税抜)が必要となる。しかし、2018年3月31日(土)までは、利用開始手数料が無料になる期間限定キャンペーンを実施中だ。

 また、「ANA JCBプリペイドカード」の発行を記念し、2017年7月31日(月)までに3000円以上チャージすると、1000円がキャッシュバックされるキャンペーンのほか、2017年6月30日(金)までに5000円以上チャージすると、抽選で500名に1000マイルが当たるキャンペーンも実施中。

 以上、今回は、ANAが発行開始したJCBの国際ブランド付きプリペイドカード「ANA JCBプリペイドカード」について解説した。

【※マイルが貯まるカードの関連記事はこちら!】
【クレジットカードおすすめ比較】マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!


■ANAマイルが貯まりやすい、おすすめのクレジットカードはコレだ!

ANA VISA Suicaカード
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申込時)
「ANA VISA Suicaカード」のカードフェイスのカードフェイス
発行元 ANAカード
国際ブランド VISA
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降2200円
(マイル移行手数料は年6600円)
家族カード(税込) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
「ANA VISA Suicaカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「ANAカード」のコストと獲得マイルを徹底比較!「ANA VISA Suicaカード」と「ソラチカカード」で低コスト&高還元でANAマイルが貯まるのはどっち?