投資信託おすすめ比較[2020年]
2017年10月3日 ザイ・オンライン編集部

長期&複利で儲かる投資信託を選ぶ4つのポイントは?
「運用期間3年以上」「純資産額50億円以上」など、
長期投資して運用益で儲かる投信を選ぶ方法を紹介!

6000本以上の種類がある投資信託の中で、長期投資&複利運用で値上がり益が狙える優秀な投資信託の選び方を紹介!

ダイヤモンド・ザイの特集「長期で値上がりを狙う 厳選投信18本を大公開」では、長期間にわたって保有し、大幅な値上がりを期待できる投資信託を18本紹介! また、そんな投資信託を見極めるポイントや、投資信託のタイプ別に見た選び方のコツも取り上げている。

今回はその中から、どのタイプの投資信託でも共通する「長期投資で値上がり益を狙える投資信託」を選ぶ4つのポイントを紹介! 投資信託で分配金よりも値上がり益を重視している人は、ぜひ参考にしてほしい。

新商品に飛びつくのはNG! 実績がある投資信託を選ぼう

優秀な投資信託を選ぼう

 プロが投資先を選んで運用してくれる投資信託は、初心者や手間をかけたくない人に最適な投資手段だ。しかし、日本には投資信託が約6000本もあり、中身はまさに玉石混交。利益を得るためには、その中から“優秀な投資信託”を選ぶことが重要だ。

 まず、実績のチェックは必須。過去の運用成績は今後を保証するものではないが、しっかりした実績があるものを選んだほうが安心なのは間違いない。「新商品にカンタンに飛びつくのはやめるべき」(「投信の窓口」ファンド・リサーチセンター長の植村佳延さん)。

 運用成績は、同じタイプの投資信託同士で比較し、なるべく長期で見ること。最低3年、できれば5年は見たい。「5~7年たつと実力の差が出てきます。残るのは“正直な運用”をしている投資信託です」(楽天証券経済研究所の篠田尚子さん)。

値上がり益を狙うなら「毎月分配型」は避けるべし!

 資産を増やすのが目的なら、「毎月分配型」は向いていない。投資で出た利益は再投資に回して、利益が利益を生む複利効果を生かすのがセオリーだからだ。

 「毎月分配型」や「年1回分配型」でも分配金が高いものは、利益を分配金という形で払い戻すため、投資家が受け取った分配金を自分で再投資に回さない限り、複利効果が生かせない。

 なお、投資信託の運用成績は、株式で言えば株価に当たる基準価額の「上昇率(※トータルリターン、累積リターンとも言う。基準価額の上昇による値上がり益と分配金を足した、投資家が儲けた率を示す数字)」で測るが、これは“分配金は再投資に回したと仮定した場合”の数字なので注意しよう。

 さらに「毎月分配型」には、運用で得た利益を超える分配金を出しているものが多い。その場合、資金を取り崩して分配金を捻出している、つまり投資家から預かったお金を返しているだけなので、投資家の儲けにはならず、基準価額は下がってしまう。

純資産額も必ずチェック! 販社も多いほうがいい

 運用資金(純資産額)の規模にも注意を払おう。純資産額が小さ過ぎると、運用を打ち切られる「繰り上げ償還」の恐れがある。最低でも10億円はあるのが条件だ。

 長期投資では、投資信託の運用期間(償還予定日)も長く設定されているほうがいい。無期限なら安心だ。償還予定日が近くても、純資産額が大きければ期間が延長される可能性が高い。「50億円くらいあれば心配いらないでしょう」(植村さん)。

 また販売会社数も多いほうが安心感は高い。「運用会社が運用を打ち切る前には、販社の意見を聞くことが多いので、販売網が広ければ“勝手”が通りません。一方、純資産額が減り続けていて、販社数が少ないと繰り上げ償還の可能性はかなり高くなります」(篠田さん)。

 ハズレを引かないためにも、以上のポイントを厳守した上で、投資信託を選択するようにしたい。