クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2019年1月5日 ポイ探ニュース

JR西日本の「ICOCAポイントサービス」に登録して、
電車への乗車や買い物でお得にポイントを貯めよう!
貯めたポイントをICOCAにチャージする方法も解説!

ICOCA

 2018年10月1日から、JR西日本の交通系ICカード「ICOCA」の「ICOCAポイントサービス」が始まった。
【※関連記事はこちら!】
「ICOCAポイントサービス」なら、乗車日時や路線、回数次第で、運賃の10~50%分のポイントが貯まる!「1ポイント=1円」でICOCAにチャージできてお得!

「ICOCAポイントサービス」とは、乗車日時や乗車回数、路線に応じて運賃の10~50%分のポイントが貯まるサービスのこと。この「ICOCAポイントサービス」は、登録しなければ利用できないので、今回はその登録方法を紹介しよう。

「ICOCAポイントサービス」の登録方法は、「券売機で登録する方法」と「Webサイトから登録する方法」の2種類ある。まずは、券売機で登録する方法を解説しよう。

 JR西日本の券売機に「ポイント利用登録」というボタンがあるので、これをタップする。

 券売機の下のカードリーダーに「ICOCA」を置くようメッセージが表示される。

「『ICOCA』をカードリーダの上に置いてください」のメッセージ

 下記の画像のように、指示通り「ICOCA」を置く。

券売機の下のカードリーダー

「メロディが鳴るまでICカードを取らないでください」とメッセージが表示されるので、「次へすすむ」ボタンをタップ。

「メロディが鳴るまでICカードを取らないでください」のメッセージ

 次に、「ポイント利用登録」の利用規約が表示されるので、「同意して登録する」をタップする。

 すると、ポイント利用登録完了のメッセージが表示される。

ポイント利用登録完了のメッセージ

 これで、「ICOCAポイントサービス」の登録が完了。操作は非常に簡単だ。

 続いて、Webサイトから登録する方法も解説しよう。

 まず、「ICOCA」のWebサイトにある「ICOCAポイント利用フォーム」で、「ICOCA番号」「姓」「名」「姓(カナ)」「名(カナ)」「電話番号」「メールアドレス」を入力する。続いて、「個人情報の取り扱い」と「ICOCAポイントサービスの利用規約に同意する」をチェックしてから「確認」ボタンをクリックして、確認画面で「送信」ボタンをクリックする。これで登録は完了だ。

 ただし、Webサイトからの登録では、申し込みから登録完了まで最大10日ほど必要になる。そのため、ICOCA番号や個人情報などを入力する必要がなく、タップだけで操作できる券売機での手続きのほうがおすすめだ。

「ICOCAポイントサービス」の保有ポイントを確認する方法を解説!

「ICOCAポイントサービス」の保有ポイントを確認するには、券売機での操作が必要になる。なお、Webサイトから「ICOCAポイントサービス」に登録したからといって、Webからポイント数を確認できるようになるわけでもなく、やはり、券売機で確認する必要がある。

 まず、券売機のカードリーダーに「ICOCA」を置き、券売機の「チャージ(入金)する 履歴を確認する」⇒「履歴」の順にタップ。

 そして、「ポイント履歴表示」をタップすると「ICOCAポイント」を確認できる。

 貯めたポイントは、利用月の翌月6日から、「10ポイント=10円」としてチャージできる。なお、チャージするポイント数は指定できず、自動的に保有ポイントがすべてチャージされる(ただし、ICOCA残高が2万円を超える分はチャージされない)。

 また、ポイントで「ICOCA」にチャージする際も、券売機での操作となる。先ほどと同様に、カードリーダーに「ICOCA」を置き、券売機の「チャージ(入金)する 履歴を確認する」⇒「ポイントチャージ」とタップする。

「メロディが鳴るまでICカードを取らないでください」とメッセージが表示されたら「次へすすむ」をタップし、「チャージする」ボタンをタップすればOKだ。

 以上、今回は「ICOCAポイントサービス」の利用方法について解説した。
【※関連記事はこちら!】
ICOCA、nimocaなどの地元の交通系ICカードより、「モバイルSuica+ビューカード」を使うほうがお得!スマホからチャージ可能で、全国どこでも1.5%還元!