クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2019年4月3日 ポイ探ニュース

「IASS ハワイラウンジ」を使えるクレジットカード
や同伴者料金、営業時間などを解説! ダニエル・K・
イノウエ国際空港にある空港ラウンジの実力を検証!

IASS ハワイラウンジ

 国内線の空港ラウンジは、ゴールドカード以上のクレジットカードの提示で利用できる場合が多い。一方、国際線の空港ラウンジは、プラチナカードやブラックカードに付帯する「プライオリティ・パス」や「ラウンジ・キー」で利用できる場合が多い。
【※関連記事はこちら!】
「プライオリティ・パス」をもっともお得に使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」だ!空港ラウンジの使い方や同伴者の利用料金も解説!
「ラウンジ・キー」と「プライオリティ・パス」の違いは?「Orico Card THE PLATINUM」に付帯の「ラウンジ・キー」の申し込み方法や使い方も解説!

 ただし、ハワイにあるダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の「IASS ハワイラウンジ」と、韓国にある仁川空港の「IASS インチョンラウンジ(EAST・WEST)」は「プライオリティ・パス」や「ラウンジ・キー」だけでなく、対象のクレジットカードの提示でも利用できる。
【※関連記事はこちら!】
国内28空港のラウンジを使えるクレジットカードを徹底比較! 圧倒的に多かったのは「ダイナース」、コスパ重視なら「エポスゴールドカード」がおすすめ

ダイナースクラブカード
還元率 0.4~1.5%
(※1.5%は「ダイナース グローバルマイレージ」加入時、1ポイント=1マイル=1.5円換算)
「ダイナースクラブカード」のカードフェイス
発行元 三井住友トラストクラブ
国際ブランド Diners
年会費(税抜) 2万2000円(「ダイナース グローバルマイレージ」加入時は別途年会費6000円)
家族カード(税抜) あり(年会費5000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
ICOCA
関連記事 「ダイナースクラブカード」のメリット・デメリットをわかりやすく解説! 年会費以上に得をする特典や手厚い旅行保険など“日本初のカード”の実力を検証!
【ダイナースクラブカードおすすめ比較(2019年版)】ダイナースクラブカードの15種類のメリットや特典、年会費を比較して、おすすめのカードを詳しく紹介!
「ダイナースクラブカード」の公式サイトはこちら

 ということで今回は、ダニエル・K・イノウエ国際空港の「IASS ハワイラウンジ」を利用してきたので紹介したい。

「IASS ハワイラウンジ」は、「アメックス」や「楽天カード」などの
クレジットカードを提示すれば無料で利用できる!

 「IASS ハワイラウンジ」の営業時間は7時30分~18時だが、13時30分~14時は閉室しているので注意しよう。

 料金は、対象クレジットカードの保有者は無料で、同伴者は12歳以上が10米ドル、4~12歳は6米ドル、4歳未満は無料となっている。

 「IASS ハワイラウンジ」は、ダニエル・K・イノウエ国際空港のセキュリティー検査を抜けて出国手続き後のエリアにある。上記マップの赤枠あたりに「Airline Lounges」の案内があり、「IASS ハワイラウンジ」のある方向を示している。その案内に従って1階に降りよう。

 続いて、案内板にある「IASS HAWAII LOUNGE」の矢印の方向に進めば到着だ。

 「IASS ハワイラウンジ」を利用できるのは、下記のカード会社が発行するクレジットカード。基本的に、ゴールドカード以上のクレジットカードで利用できる。

・JCBカード
・UCカード
・アメリカン・エキスプレス(日本国内発行のみ)
・DCカード
・MUFGカード
・UFJカード
・NICOSカード
・楽天カード
・TS CUBIC CARD
・SuMi TRUST CLUB
・エポスカード
・オリコカード
・エムアイカード
・アプラス
・ダイナースクラブ
【※関連記事はこちら!】
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!?日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは?

 ラウンジの入口の看板には、成田空港第2ターミナルの「IASS エグゼクティブ ラウンジ2」と同じクレジットカードのロゴが並んでいた。したがって、「プライオリティ・パス」や「ラウンジ・キー」も利用できるはずだ。

 ちなみに、筆者は「JCBザ・クラス」を提示して入室した。
【※関連記事はこちら!】
JCBプラチナは招待不要の申込制プラチナカードで、JCBの最高峰「ザ・クラス」を目指す最短ルートに!USJのラウンジ利用や充実の旅行保険も大きな魅力!

JCBプラチナ
還元率 0.5~2.5%
「JCBプラチナ」のカードフェイス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 2万5000円
家族カード(税抜) あり(1人は年会費無料、2人目から年会費3000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「JCBプラチナ」の公式サイトはこちら

 「IASS ハワイラウンジ」の座席数は60席。ソフトドリンク、新聞・週刊誌、無線LAN、パソコンの貸し出しが無料サービスだ。

 筆者が訪れた際は、すでに室内はほぼ満席で、連席で空いているところはほとんどなかった。

「IASS ハワイラウンジ」の内観

 ちなみに、ラウンジ内にはコーヒーやオレンジジュースなどが用意されていた。

「IASS ハワイラウンジ」のコーヒー
「IASS ハワイラウンジ」のソフトドリンク

 「IASS ハワイラウンジ」は、セキュリティー検査後に設置されているため、搭乗ゲートが近ければ、飛行機の搭乗時刻ギリギリまでラウンジでくつろげる。対象のクレジットカードを保有している人は、ぜひ利用してほしい。

 以上、今回は、ダニエル・K・イノウエ国際空港の「IASS ハワイラウンジ」について解説した。


■海外旅行に行くなら、世界1200カ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が便利!「楽天プレミアムカード」なら、もっともお得に「プライオリティ・パス」を入手可能!
「プライオリティ・パス」をもっともお得に使えるクレジットカードは「楽天プレミアムカード」だ!空港ラウンジの使い方や同伴者の利用料金も解説!