クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2019年8月24日 ポイ探ニュース

「LINE Pay Visaクレジットカード」は、“実質”年会費
無料ながら、初年度の還元率が3%の高還元率カード!
「LINE」が発行するクレジットカードの実力を検証!

VISAブランドのマーク

 2019年8月から「LINE Pay Visaクレジットカード」の先行予約が開始する。

 「LINE Pay Visaクレジットカード」は、初年度の年会費が無料で、2年目以降は年会費1250円(税抜)だが、前年に1回でもショッピング利用していれば年会費無料になる、“実質”年会費無料のVisaブランドのクレジットカードだ。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

 Visaのタッチ決済も搭載されるので、ローソンやマクドナルドなどでは、カードリーダーに載せるだけで決済できる。海外では地下鉄などでもコンタクトレス決済に対応している地域も増えており、2019年のラグビーワールドカップや2020年の東京オリンピックなどを機に、国内でも普及するのではないだろうか。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードに搭載の「コンタクトレス決済」のメリット・デメリットや使い方をわかりやすく解説!ローソンやマクドナルドのほか、海外でも利用可能!

クレジットカードのコンタクトレス決済のマーク

 「LINE Pay Visaクレジットカード」の還元率は、なんと初年度3%。しかし、2年目以降の還元率については発表がない。

 また、LINEのポイントには「LINEポイント」があり、LINE Pay残高にチャージできるだけでなく、他社のポイントに交換も可能だ。メトロポイントにも交換できるので、「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」の保有者は「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」という交換ルートを辿れば、ANAマイルを効率よく貯められる。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!【マイルカード部門】

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申し込み時)
「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」のカードフェイス
発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(マイル移行手数料は年5000円)
家族カード(税抜) あり(年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」の公式サイトはこちら

 たとえば、「3000 LINEポイント」は「2700メトロポイント」に交換でき、「2700メトロポイント」は「2430マイル」に交換できる。LINEの会員ランク「マイカラー」が最高位の「グリーン」の場合は、15万円の利用で3000 LINEポイントが貯まるので、マイル還元率は1.62%になる(1マイル=1円換算)

 しかし、「LINE Pay Visaクレジットカード」のニュースリリースを見て気になるのが「ポイント」の表記だ。下記のように「ポイント還元率」が3%と記載されているが、何のポイントが付与されるか書かれていない。LINEポイントが付与されるのであれば「LINEポイント」と表記してもいいはずだ。

 2019年8月1日から、LINE Payのマイカラーで獲得できるポイントは「LINE Payボーナス」へと切り替わったことを考えると、ポイント還元率3%というのは「LINEポイント」ではなく「LINE Payボーナス」の可能性が高いのではないか。

 こちらについてLINE Payに確認したところ、「インセンティブの形式については協議中」とのことだった。

 また、気になったのが、10月の消費増税後にキャッシュレス決済を利用すると、中小小売企業で5%還元、フランチャイズ店で2%還元となる「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象に、「LINE Pay Visaクレジットカード」も含まれるかどうかだ。8月に先行予約が開始ならば、実際の発行はそれよりも遅くなるだろう。ギリギリ10月に発行されたとしても、「LINE Pay Visaクレジットカード」で決済して、5%や2%の還元がないのであれば、10月以降に利用するメリットがない。

 こちらもLINE Payに確認すると「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象になるとのことだった。つまり、10月以降に「LINE Pay Visaクレジットカード」を利用すれば、5%や2%のポイント還元を受けられるというわけだ。

 支払い額の20%分を還元するなど、コード決済サービスの間で非常に激しい争いが繰り広げられているが、コード決済では支払えないものも多い。その点、クレジットカードである「LINE Pay Visaクレジットカード」は、さまざまな支払いに利用できるので、消費増税後の1年間は確実に押さえたほうがいいクレジットカードと言えそうだ。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出! 全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!
「キャッシュレス決済」おすすめ比較! 主要な「コード決済」の還元率や利用可能なコンビニを徹底比較!

 以上、今回は「LINE Pay Visaクレジットカード」について解説した。

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
還元率 1.5%
(※ 1マイル=1.5円換算。「10マイルコース」申し込み時)
「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」のカードフェイス
発行元 ANAカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(マイル移行手数料は年5000円)
家族カード(税抜) あり(年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
PASMO
「ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)」の公式サイトはこちら