家計再生コンサルティング
【第3回】 2012年7月12日 横山光昭

使いすぎを防いで、お金を着実に貯められる! 
クレジットカードで家計を再生させるテクニック

ズボラな人でもOK! 手間ナシ家計管理術(2)

VISAデビットカードならどこでも使えて、使いすぎない!

 しかし、カードで心配なのは、やはり使いすぎてしまうことです。あらかじめ利用限度額を引き下げておく…などの方法はありますが、冒頭でもお話ししたように、使いすぎが心配だと感じている人、あるいは、これまでカードで失敗してきた過去がある人には、私はカードをおすすめしていません。

 それでも、ただ一つだけ、誰にでも推薦できるカードがあります。それが、「VISAデビットカード」です。

 みなさんはVISAデビットカードをご存じですか? まだ爆発的に普及しているわけではありませんから、ご存じない方も多いかもしれません。そもそも、デビットカード自体、やや忘れられている感もあるので、デビットカードとは何か? というところからお話ししていきましょう。

 デビットカードとは、"金融機関のキャッシュカードをそのまま使い、買い物などの支払いができるサービス"のこと。申し込み手続きなどは一切必要なく、普通預貯金のキャッシュカードさえ持っていれば、原則としてOKです。誤解されがちですが、「デビットカード」という名のカードが、新たに発行されるわけではありません。

 デビットカードのサービスが始まったのはずいぶん前のことですが、身の回りを見ても、そこまで利用している人は多くないようです。

 それはやはり、加盟店が限定的だからでしょう。店頭に「J-Debit」のマークがある店では利用できますが、それをいちいち探すのはわずらわしいもの。それよりは、大体どこででも使えるクレジットカードを利用する人が多いのも頷けます。

 しかし、使ったお金が口座の残金から即時引き落とされるというのは、非常に便利なサービスです。残金がゼロならデビットカードは使えないので、クレジットカードのように、"お金がないにもかかわらず使いすぎる"ということはありません。

 そんなデビットカードのメリットに加え、加盟店が限定的というデメリットを補ったのが、VISAデビットカードなのです。