クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2020年4月16日 ポイ探ニュース

「三井住友カード」のポイント制度の変更点を解説!
2020年6月のリニューアルで、ポイントが貯まりやす
くなるのに加えて、ANAマイルに交換しやすくなる!

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!


ANAカード

 「三井住友カード」は、ポイントプログラムの「ワールドプレゼント」を2020年6月1日にリニューアルする。
【※関連記事はこちら!】
「三井住友カード」が年会費“永年無料”で利用できるチャンス! 新デザインのカードで「買い物額20%還元」&抽選で全額が無料になる「タダチャン!」も開催中!

 従来は、1カ月のカード利用額1000円(税込)につき1ポイントを獲得できたが、リニューアル後は、1カ月のカード利用額200円(税込)につき1ポイントの獲得に変更される。さらに、ポイントの価値は「1ポイント=5円相当」から「1ポイント=1円相当」になる。どちらにしろ1000円(税込)につき5円相当のポイントが貯まるので、還元率は変わらないことになる。

 ただし、リニューアル後は1000円未満でもポイントが貯まるというメリットがある。たとえば、従来は600円(税込)の利用ではポイントが貯まらないが、リニューアル後は3ポイントが貯まるので、実際はリニューアル後のほうがお得になるというわけだ。また、リニューアル後は「1ポイント=1円相当」なので、ポイントの貯まり方や価値がわかりやすくなる。なお、ポイントの有効期限は引き継がれる。

 「ワールドプレゼント」のリニューアルを案内するページにある比較表では「現行(ワールドプレゼント)」と「リニューアル後」といった表記なので、6月1日以降にポイントプログラムの名称そのものが変更される可能性もある。

三井住友カードが発行する「ANAカード」の
マイル移行レートも変更される!

 また、リニューアル後は「三井住友カード」が発行する「ANAカード」のマイル交換制度も若干変更される。
【※関連記事はこちら!】
「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」ならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ!じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!

 マイルへの移行手数料がかからない「5マイルコース」は「通常コース」に名称が変更され、移行レートも「1ポイント=5マイル」から「1ポイント=1マイル」に変更される。一見すると改悪のように思えるが、前述のとおり、従来はカード利用額1000円(税込)につき1ポイント(=5円相当)の獲得、リニューアル後はカード利用額200円(税込)につき1ポイント(=1円相当)の獲得で還元率は同等なので、実際は移行レートも変わらない。

 「5マイルコース」の変更点をまとめると、下記のとおりになる。

■「5マイルコース」の変更点
  現行(ワールドプレゼント) リニューアル後
コース名 5マイルコース 通常コース
ポイント種類 獲得ポイント ANAマイル移行可能ポイント
移行レート 1ポイント=5マイル 1ポイント=1マイル
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行方式 応募方式・自動移行方式
移行手数料 無料

 なお「5マイルコース(新・通常コース)」の対象クレジットカードは下記のとおり。

・ANA VISAワイドカード
・ANAマスターワイドカード
・ANA VISAスーパープライヤーズカード
・ANAマスタースーパーフライヤーズカード
・ANA VISA一般カード
・ANAマスター一般カード
・ANAカード(学生用)VISAカード
・ANAカード(学生用)マスターカード
・ANA VISA Suicaカード
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
・ANA VISA nimocaカード
・ANA銀聯カード(移行方式は「応募方式」のみ)

  従来の「10マイルコース」は「2倍コース」に名称が変更される。名前の通り「通常コース」の2倍のレートでマイルに移行できる(名称が変わっても移行レートは同じ)。移行手数料は、基本的に毎年4月1日~翌年3月31日までの1年間で6000円(税抜)が発生する。

 「10マイルコース」の変更点は下記のとおりだ。

■「10マイルコース」の変更点
  現行(ワールドプレゼント) リニューアル後
コース名 10マイルコース 2倍コース
ポイント種類 獲得ポイント ANAマイル移行可能ポイント
移行レート 1ポイント=10マイル 1ポイント=2マイル
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行方式 応募方式・自動移行方式
移行手数料 一部のカード無料 or 6000円(税抜)/年度

 「10マイルコース(新・2倍コース)」の対象クレジットカードは下記のとおり。

・ANA VISAワイドカード
・ANAマスターワイドカード
・ANA VISAスーパープライヤーズカード
・ANAマスタースーパーフライヤーズカード
・ANA VISA一般カード
・ANAマスター一般カード
・ANAカード(学生用)VISAカード
・ANAカード(学生用)マスターカード
・ANA VISA Suicaカード
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
・ANA VISA nimocaカード

 また、下記のクレジットカードも「10マイルコース(新・2倍コース)」の対象で、これらのクレジットカードの場合は、年6000円(税抜)の移行手数料が発生しない。

・ANA VISAワイドゴールドカード
・ANAマスターワイドゴールドカード
・ANA VISAスーパーフライヤーズゴールド
・ANAマスタースーパーフライヤーズゴールド

  そして、従来の「15マイルコース」は「3倍コース」に名称が変更される。こちらも、名前の通り「通常コース」の3倍のレートでマイルに移行できる(名称が変わっても移行レートは同じ)。対象のクレジットカードは「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」と「ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」のみ。

 「15マイルコース」の変更点は下記のとおりだ。

■「15マイルコース」の変更点
  現行(ワールドプレゼント) リニューアル後
コース名 15マイルコース 3倍コース
ポイント種類 獲得ポイント ANAマイル移行可能ポイント
移行レート 1ポイント=15マイル 1ポイント=3マイル
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位
移行方式 応募方式・自動移行方式
移行手数料 無料

 なお「5マイルコース」「10マイルコース」「15マイルコース」のような名前はないが、ボーナスポイントやプレミアムポイントなどの交換レートは以下のように変更される。

■ボーナスポイントやプレミアムポイントの変更点
  現行(ワールドプレゼント) リニューアル後
ポイント種類 ボーナスポイント
プレミアムポイント
「ANAマイル移行可能ポイント」以外のポイント
移行レート 1ポイント=3マイル 5ポイント=3マイル
ポイント移行単位 1ポイント以上1ポイント単位 5ポイント以上5ポイント単位
移行方式 応募方式
移行手数料 無料

 こちらの対象クレジットカードは「ANA銀聯カード」と「ANAコーポレートカード」を除く、すべての「三井住友カード」が発行する「ANAカード」となる。

 なお、2020年5月16日~31日は、システムメンテナンスによりポイント交換の受付ができないので注意しよう。

 以上、今回は「三井住友カード」のクレジットカードで貯まる「ワールドプレゼント」のポイントの変更点について解説した。
【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!