クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2021年9月19日 ポイ探ニュース

「エポスカード」で貯まるポイントは、tsumiki証券の
ポイント投資で活用を! 投信積立で獲得できるエポス
ポイントも再投資すれば、効率的に資産を増やせる!


「丸井グループ(8252)」の株主優待

 「丸井グループ(8252)」の株を100株保有すると、株主優待がもらえる。
【※関連記事はこちら!】
「エポスゴールドカード+tsumiki証券+株主優待」を組み合わせれば、年間5000ポイント以上が自動的に貯まる! 効率的な“ポイ活”方法をわかりやすく解説!


 筆者は「丸井グループ(8252)」を100株保有しており、クレジットカードの「エポスゴールドカード」の会員でもあるので、株主優待として「買い物券1000円分」「Webクーポン1000円分」「エポスポイント2000ポイント」の3種類の優待品がもらえる。

 ちなみに、2020年12月に配布された「株主さまご優待お買物券」は有効期限が2021年7月末までだったが、緊急事態宣言によるマルイ・モディ一部店舗の臨時休業期間があったので、2021年9月末まで延長された。

 また、丸井グループの証券会社「tsumiki証券」では、2020年12月4日から「ポイント投資サービス」が始まっていた。さっそく、筆者も2021年の株主優待で獲得した2000ポイントを投資することにした。
【※関連記事はこちら!】
「エポスカード」のエポスポイントで投資信託を購入する方法! tsumiki証券に従来からある「エポスポイント投資」と比較してメリット・デメリットを解説!

 まず、tsumiki証券にログインして「≡」のメニューアイコンから「ポイントで投資する」を選択。今回は、一気に2000ポイントではなく、4回に分けて投資することにした。まずは、以前から「エポスカード」で積み立てている「セゾン資産形成の達人ファンド」に500ポイントを投資した。

 筆者は「エポスカード」で毎月5万円の積立投資を3年間行なっている。tsumiki証券では、積立年数に応じて「年間の積立金額×0.1~0.5%」のエポスポイントが年1回もらえる。筆者の積立年数は3年間なので、獲得できるポイントは「年間の積立金額×0.3%」となる。したがって、5万円×12カ月=60万円の0.3%分である1800ポイントを獲得できる予定だ。
【※関連記事はこちら!】
「tsumiki証券」で積立投資した結果を発表!「エポスカード」を使えば、積立金額に応じてエポスポイントが貯まり、運用成績がマイナスでも儲かることも!

 株主優待や「エポスカード」での積立投資で獲得したエポスポイントは、再度、tsumiki証券での投資に利用すれば、効率的に資産を増やせるだろう。
【※関連記事はこちら!】
「ポイント投資」ができる7つの証券会社を徹底比較!ポイントで投資できる金融商品、取り扱い銘柄数のほか、「NISA」や「つみたてNISA」の対応なども調査

 以上、今回は「丸井グループ(8252)」の株主優待などで付与されたエポスポイントは、tsumiki証券で投資するのもおすすめであることを解説した。