「勝者のゲーム」と資産運用入門
2021年10月13日 太田 忠

日本株のトップアナリストによる新連載開始。
個人投資家が資産運用で勝ち抜く「勝者のゲーム」を実践し、
人生を上方修正しよう!

太田忠の勝者のポートフォリオ 第1回

右肩下がりの日本株相場でトップアナリストとして活躍

 皆さま、初めまして。太田忠です。今週から私が始める新連載「勝者のゲーム」の目的は、ズバリ、お金に不自由しない基盤づくりです。資産運用の大切さやノウハウをお伝えし、「ワンランク上の投資家になるための投資スキル」を身に付けていただくことです。

 私は証券業界で30年以上、闘ってきました。1988年というバブルがはじける直前に社会人になりました。ジャーディン・フレミング証券やJPモルガン証券で小型株のトップアナリスト、そしてJPモルガン・アセット・マネジメントでファンドマネジャーをやってきましたが、ずっと右肩下がりの相場だったと言えます。

 その後、リーマンショックの翌年の2009年に独立して太田忠投資評価研究所を設立。2012年暮れから始まったアベノミクス相場でようやく厳しい時代から脱却して今に至り、自分の理想とするビジネスを日々おこなっており、感謝の毎日です。

真の自立した人生を謳歌するために資産運用力は必須

 これからは、真に自立する者だけが人生を謳歌できる時代です。日本政府は私たちの老後の面倒をみてくれません。また、企業はいつまでも私たちを雇ってくれるわけではありません。自分でライフプランを立て、収入の一部を自分で資産運用し、現在の自分、そして将来の自分を充足させるだけの資産をきちんと作っていく必要があります。

 とは言うものの「一体、何をすればよいのかわからない…」という方も多いと思います。「株式投資を始めたけれども、なかなかうまくいかない」という人もいるでしょう。投資の初心者、および投資技術の向上を真摯に願う方々にも有益な情報を提供するのが私の役割です。

 「何をすればよいのかわからない」のまま放置していてはいけません。あっという間に月日は過ぎ、10年、20年という貴重な時間を無駄にしてしまいます。その期間、きちんと資産運用に取り組んでいれば間違いなく、ひと財産築けるのです。その差は気づいた時には遅すぎるくらいに大きくなります。

 資産運用がうまくいかない人は自分の欠点と向き合おうとしない人。悩みとストレスばかりが多くて、果実の少ない投資家として生きていくことになります。一日も早く、そのような状態から抜け出していただきたいのです。

モデルポートフォリオは12年で約3.5倍に

 太田忠投資評価研究所の設立以来、リスク管理型のモデルポートフォリオを運用していますが実績も上がっており(2009年初め~2021年8月末までのパフォーマンスは+249.3% (資産3.5倍)vs Topix +128.2%)、今回ダイヤモンド・フィナンシャル・リサーチ(DFR)でサービスを始めさせていただくことになりました。

 時にマーケットは我々に牙をむいたり、全く成果が上がらないような環境になったりします。しかし、そこで意気消沈したり、マーケットから退場していては負け組投資家。そういう局面すらチャンスに変えていこう、というのが私のスタイルです。長期では必ず報われるのが株式投資の世界だと考えています。

有料会員には秘伝の「勝者のポートフォリオ」を伝授

 メルマガの無料期間終了後に有料会員になっていただいた皆さまには、実際の運用についてもポートフォリオ形式において具体的なアドバイスをしていきます。具体的には「勝者のポートフォリオ」を提供いたします。運用資産額は各人で異なるので、そっくりそのままマネをしていただく必要はありませんが、大いに参考にしていただきたいと思います。

 また、ポートフォリオとは別に投資のアイデアとなる「ウオッチすべき銘柄」リスト等も提供していきます。自分流にアレンジして取り組んでいただければ投資成果が一段と上がると思いますので、ぜひご活用ください。さらにQ&Aにてご質問いただければ、すべての疑問点・お悩みに対応させていただきます。私は常に皆さまの立場に立ち、良きアドバイザーでありたいと思います。

 それでは皆さま、ともに良き人生を歩んでいきましょう。最後に太田忠投資評価研究所のキャッチフレーズで締めくくりたいと思います。「資産運用力の向上で人生を上方修正しよう!」

(DFR投資助言者 太田 忠)