クレジットカード比較
2013年9月27日 ザイ・オンライン編集部

「年会費」と「還元率」の「損益分岐点」に注目!
「年会費無料」にこだわりすぎて
本当にお得なクレジットカードを見逃すな!

 クレジットカードを選ぶ際に、誰もが重要な基準としているであろう「年会費」。しかし、実は「年会費無料」にこだわりすぎると、還元率が高い、付帯サービスが充実しているなど、本当にお得なクレジットカードを見逃してしまう可能性があるかもしれないので気を付けよう。

年会費無料の「リクルートカード」と
年会費2000円の「リクルートカードプラス」の違いは?

 例えば、今年5月末に「リクルート」が発行した新しいクレジットカードには、年会費無料の「リクルートカード」と、年会費2000円(税抜)の「リクルートカードプラス」の二種類がある。この2枚のクレジットカードを例にとって、年会費と還元率の「損益分岐点」を考えてみよう。

「リクルートカード」と「リクルートカードプラス」のスペックは下記のようになっている。

リクルートカード   リクルートカードプラス
リクルートカード
カード
フェイス
リクルートカードプラス
無料 年会費
(税抜)
2000円
1.2% 還元率 2.0%
VISA、JCB 国際ブランド JCB
あり
(年会費無料)
家族カード
(税抜)
あり
(年会費1000円)
無料
(VISAの場合は新規発行手数料
1000円が必要)
ETCカード
(税抜)
無料
最高1000万円
(利用付帯)
国内旅行
傷害保険
最高3000万円
(自動付帯)
最高2000万円
(利用付帯)
海外旅行
傷害保険
最高3000万円
(自動付帯)

 どちらも高還元でおすすめできるクレジットカードだが、年会費無料の「リクルートカード」の還元率は1.2%、年会費2000円(税抜)の「リクルートカードプラス」の還元率は2.0%と、還元率が0.8%も異なっている。一般的なクレジットカードの還元率は0.5%程度なので、この2枚のカードの間には一般的なカードの還元率以上の差が存在していることになる。

 もちろん、還元率1.2%の「リクルートカード」でも十分に高還元なのだが、はたしてそれで満足してしまっていいのだろうか? それを判断するには、1年間にクレジットカードを利用する総額を考えてみる必要がある。

年会費2000円の「リクルートカードプラス」のほうが
得になる「損益分岐点」は意外に低かった!

 「リクルートカード」と「リクルートカードプラス」を比較する場合には、単純に「還元率の差=0.8%」が、「年会費の差=2000円(税抜)」を超える「損益分岐点」を考えてみればいい。

 それを計算したグラフは次のようになる。

「リクルートカード」と「リクルートカードプラス」を比較する場合には、単純に「還元率の差=0.8%」が、「年会費の差=2000円(税抜)」を超える「損益分岐点」年間2100円は年間利用額26万3000円でペイできる!

 上記のグラフを見ればわかるように、クレジットカードの年間利用額が26万3000円以上になると年会費無料の「リクルートカード」より、年会費2000円(税抜)を支払ってでも「リクルートカードプラス」を選ぶのがおすすめだ。
 さらに、26万3000円以降はカードを使えば使うだけ、「リクルートカードプラス」のほうが得をし、年間利用額が50万円なら還元金額の差は1900円、年間利用額100万円なら還元金額の差は5900円にもなる。
リクルートカード」と「リクルートカードプラス」の還元率の差はわずか0.8%だが、利用する金額によっては大きな差になり、それを長期間利用するなら決してバカにできない差になることがわかるだろう。
 しかも、この2枚のカードの場合には、「損益分岐点」は年間利用額26万3000円。1カ月平均で考えれば2万2000円弱。光熱費や携帯料金をカード払いにするだけで達成できる金額なので、ほとんどの人が「リクルートカード」より「リクルートカードプラス」にしたほうがお得なはずだ。
 さらに補足すれば、「海外旅行傷害保険」も、「リクルートカードプラス」が「自動付帯」なのに対し、「リクルートカード」は「利用付帯」。
 つまり、「リクルートカード」の場合は、航空券やツアー代金を「リクルートカード」で決済した場合しか保険が適用されないが、「リクルートカードプラス」なら保有しているだけで適用対象になるので、海外旅行前に改めて保険に入る必要がなくなる。年に1回でも海外旅行に行くなら「自動付帯」の「リクルートカードプラス」を持つだけで3000~5000円の価値はあるだろう。

リクルートカードプラス
還元率 2.0%
おすすめクレジットカード!今なら1万1000円分のポイントプレゼント!高還元率のリクルートカードプラス
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード あり(年1000円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、nanaco
※nanacoはJCBのみ


 このように「年会費無料」にこだわりすぎると、実はお得なクレジットカードを選び損ねている可能性もあるので気を付けよう。

「条件付き年会費無料」のお得な高還元クレジットカードを見逃すな!

 さらに、なかには「年間●万円以上の利用で次年度年会費無料」というような「条件付き年会費無料」で高還元率なクレジットカードや、「年間利用額●万円以上でボーナスポイント付与」という「隠れ高還元率」のクレジットカードもある。

 例えば、今年7月に「Tポイント」とポイント制度を統合したことでも注目の「Yahoo!カード」が発行する「Yahoo!JAPAN JCBカード」は初年度年会費無料の上、「年間20万円以上」利用すれば次年度の年会費が無料になる。つまり、カード利用額が年間20万円以上なら、ずっと「(実質)年会費無料」となり、ライバル「楽天」が発行する人気の「楽天カード」と比較しても「還元率1%」+「(実質)年会費無料」という条件がほぼ同じになるのだ(※2014年1月9日から「Yahoo!JAPAN JCBカード」は「楽天カード」と同じく「年会費無料」になりました)

Yahoo! JAPANカード
還元率 1.0~3.0%
「Yahoo! JAPANカード」のカードフェイス
発行元 ワイジェイカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費永年無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA、
nanaco
(還元率0.5%)
au WALLET
(Masterのみ)
関連記事 「Yahoo! JAPANカード」はTポイント利用者必携!年会費無料で還元率1%、Tカード機能も搭載し、Yahoo!ショッピングではポイント3倍の高スペック!

 ネットでは「楽天市場」のヘビーユーザーで「楽天スーパーポイント」を、普段の生活では「Tポイント」を利用している人も多いはずだが、そんな人はこの2枚を併用しながら「Yahoo!JAPAN JCBカード」で年間20万円以上利用することで、「年会費(実質)無料」のまま、「楽天スーパーポイント」と「Tポイント」を同時に効率的に活用することが可能になるのだ(※2014年1月9日から「Yahoo!JAPAN JCBカード」は「楽天カード」と同じく「年会費無料」になりました)
 また、通常還元率1.5%、Amazon限定デポジット(クレジットカードのAmazon利用代金に充当できるポイント)なら還元率1.8%になる「リーダーズカード」や、通常還元率1.75%の「レックスカード」などは、初年度年会費無料の上、「年間50万円以上」利用すれば次年度も年会費が無料になる。つまり、年間50万円以上、カードを利用する人には「実質年会費無料」になる。

リーダーズカード
還元率 1.5~1.8%
リーダーズカード
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2500円(50万円以上の利用で次年度無料)
家族カード あり(年400円、税抜)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica
レックスカード(REX CARD)
還元率 1.25%
「レックスカード(REX CARD)」のカードフェイス
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA、Master
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 海外旅行保険が「自動付帯」にもかかわらず、年会費無料のお得なクレジットカードはコレだ!「利用付帯」と「自動付帯」のカード活用法
「レックスカード(REX CARD)」の公式サイトはこちら

もともと高還元な「漢方スタイルクラブカード」は
還元率アップキャンペーンで「隠れ高還元率」№1に!

 そして、通常還元率1.75%の高還元率で知られる「漢方スタイルクラブカード」は、実はもっと還元率が高い「隠れ高還元率」なクレジットカードだ。

 「漢方スタイルクラブカード」は、年間利用額がいくら多くても、年会費1575円が必ずかかってしまう。この部分だけを見て、「漢方スタイルクラブカード」をつくるのを躊躇する人もいるかもしれない。
 しかし、「漢方スタイルクラブカード」は、そもそも1.75%の高還元率なうえに、「年間利用額約58万円以上」で1250円分のボーナスポイント、「年間利用額約100万円以上」なら2500円分のボーナスポイントが付与されるので、還元率はクレジットカード業界最高水準の2%に達する。

■漢方スタイルクラブカード
還元率 1.75~2.0%(※1)
漢方スタイルクラブカード詳細はこちら
発行元 ジャックス
国際ブランド VISA、JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降1500円
家族カード あり(年400円、税抜)
ポイント付与対象の
 電子マネー
モバイルSuica、nanaco、
 SMART ICOCA

 さらに、「漢方スタイルクラブカード」は年1~2回、1カ月~1カ月半にわたり、「レートアップキャンペーン(還元率アップキャンペーン)」を開催しており、この期間中は通常還元率が2%になるので、年間を通しての還元率は2%を超える超高還元率なクレジットカードになるのだ(2013年は1月12日~2月28日、8月12日~9月30日の2回、開催されている)。

 クレジットカードを比較、検討する場合には、ただ漠然と「年会費無料」にこだわるのではなく、しっかりと「年会費」と「還元率」の「損益分岐点」に注目して選ぶようにしよう。