クレジットカード比較
2016年3月7日 Sponsored Content

Suica利用者が一番得するクレジットカードが判明!
全国で使えるSuica搭載のクレジットカードの中で
年会費無料+常時還元率1.0%超のお得な1枚はこれ!

 もうすぐ4月。入学や就職、転職、転勤など、新生活を迎える人が多いこのタイミングで見直したいのが「クレジットカード」だ。特に、通勤や通学で引っ越ししたり、利用する路線が変わったり、あるいは同じ路線をそのまま利用する場合でも定期券の有効期限が切れるタイミングであれば、便利で得する「交通系電子マネー」を活用することを検討してみてはどうだろう。

「Suica」や「PASMO」「ICOCA」「Kitaca」「TOICA」「SUGOCA」など、全国にはさまざまな「交通系電子マネー」があるが、そのほとんどは2013年3月から相互利用が可能になっている。例えば、「Suica」を持っていれば、「ICOCA」や「Kitaka」が利用できる交通機関や店舗でも利用できるようになっているのだ。

 全国の「交通系電子マネー」の中で、もっとも使い勝手がいいのは、JR東日本の「Suica」だろう。というのも、スマートフォンや携帯電話などで利用できる「モバイルSuica」があるうえに、JR東日本が発行している「ビューカード」なら、チャージした金額の1.5%がポイント還元されるからだ。つまり、「ビューカード」でチャージした「Suica」を利用するだけで、支出の1.5%を節約できることになる。

 さらに、「ビューカード」なら「Suica」にチャージをしなくても、残高が少なくなれば自動的にチャージしてくれる「オートチャージ」機能がついているほか、JR東日本の定期券も搭載できるので「クレジットカード+Suica+定期券」を1枚のカードに集約できるなど、お得なだけではなく利便性も高い。

 しかし、注意が必要なのは、どの「ビューカード」を利用するか、ということだ。なぜなら、「ビューカード」はどれも「モバイルSuica」チャージ分の還元率は1.5%で共通しているが、年会費や「モバイルSuica」チャージ以外の利用分の還元率が異なるのだ。

 そこで今回は、「ビューカード」の年会費や還元率、特徴を比較して、「Suica」の利用者がもっとも得する「ビューカード」はどれなのかを検証してみた。

2年目以降も年会費が実質無料で、還元率も高い
「ビックカメラSuicaカード」がもっとも得!

 「Suica」を搭載した主な「ビューカード」のスペックをまとめると以下のようになる。

■Suica搭載の主なビューカードの違いを徹底比較!
年会費(税込) ショッピング
利用分の還元率
モバイルSuicaチャージ・
Suicaオートチャージ還元率
国際
ブランド
カード
フェイス
初年度 2年目
以降
 ◆「ビュー・スイカ」カード
524円 0.5% 1.5% VISA
Master
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆ビックカメラSuicaカード
無料 524円
(ただし、年1回でも利用すれば、次年度無料)
1.0~10%
(ビックカメラでは10%)
1.5% VISA
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆ルミネカード
無料 1048円 0.5~5.0%
ルミネでは5%オフ
1.5% VISA
Master
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆JALカードSuica
無料 2200円 0.5%
(※)
1.5%
(※)
JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆アトレビューSuicaカード ※「アトレビューSuicaカード」は2018年6月24日で募集を終了
無料 524円 0.5~1.5%
JREポイント加盟店では1.5%
1.5% VISA
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
 ◆ビューゴールドプラスカード
1万1000円 0.5% 1.5% JCB
「ビュー・スイカ」公式サイトはこちら!
(※1マイル=1円換算)


 表を見ればわかるように、どの「ビューカード」も「Suica」チャージ利用額の還元率は1.5%で横並びだが、「Suica」チャージ以外の還元率と年会費が異なっている。

 その中でも、もっともお得なのは「ビックカメラSuicaカード」だ。

 なぜなら、主な「ビューカード」の中で、「ビックカメラSuicaカード」だけが2年目以降も条件次第で年会費が無料になり、しかも「年に1回でも利用すれば次年度年会費が無料」と、その条件も非常に簡単にクリアできる内容だ(もちろん、「Suica」チャージの利用も条件にあてはまる。ただし、キャッシングは「利用」とは見なされないので注意)。

 つまり、「ビックカメラSuicaカード」は、「ビューカード」では貴重な実質「年会費無料」のクレジットカードなのだ。

 さらに、他の「ビューカード」が還元率0.5%なのに対し、「ビックカメラSuicaカード」の還元率は1.0%と、「ビックカメラSuicaカード」は他の「ビューカード」の2倍もお得だ。しかも、「ビックカメラ」で「ビックカメラSuicaカード」のクレジット機能で買い物をすれば還元率は10%にもなる。それだけではない。「ビックカメラ」で「ビックカメラSuicaカード」の「Suica」機能で買い物をすると、10%に「モバイルSuica」へのチャージ分の1.5%も加算されるので合計還元率は11.5%にも達するのだ。

 なぜ、「ビックカメラSuicaカード」が他の「ビューカード」よりも還元率が高いのかというと、その理由は還元されるポイントにある。

 他の「ビューカード」の場合、ポイントはJR東日本の「JRE POINT」が0.5%(「モバイルSuica」チャージの場合は1.5%)貯まるだけだが、「ビックカメラSuicaカード」の場合は「JRE POINT」が0.5%に加えて、「ビックポイント」が0.5%貯まる仕組みになっている。「ビックポイント」はビックカメラで利用してもいいが、「Suica」にチャージして利用することもできるのでポイントの使い道で困ることはないだろう(ただし「ビックポイント」を「Suica」に利用する際は1500ビックポイント⇒Suica1000円分になるので、合計の還元率は0.8%に下がってしまう。それでも他の「ビューカード」よりもお得だが、有効期限2年の間にビックカメラで利用するのがおすすめ)。

 このように、「ビックカメラSuicaカード」は、「ビューカード」の中でも「年会費」と「還元率」がもっともお得なクレジットカードとなっている。この春から「Suica」を利用しようと考えている全国のビジネスマンや大学生にとっては、余裕ある新生活を迎えるためにも「ビックカメラSuicaカード」を活用するのがおすすめだ。


 ただし、他の「ビューカード」でも、「ルミネカード」なら駅ビル「ルミネ」での買い物が常時5%オフになったり、「アトレビューSuicaカード」なら駅ビル「アトレ」「アトレヴィ」での買い物の還元率が常時3.5%になったりするので、「ルミネ」や「アトレ」を利用することが多い人はそれらを検討するのもいいだろう。
【※「アトレビューSuicaカード」は2018年6月24日で募集を終了し、2018年7月2日に申込開始の「JRE CARD」に切り替わります!】
「JRE CARD」は、アトレやペリエなどの駅ビルで還元率3.5%の「JRE POINTが一番貯まるカード」!電子マネー「Suica」のチャージでも1.5%還元で得!

JRE CARD(ジェイアールイー カード)
還元率 0.5~3.5%
「Suica」のチャージでも1.5%還元で得なクレジットカード「JRE CARD(ジェイアールイー カード)」のカード
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
(「Suica付き」の場合はVISA、Master、JCBから選べるが、「Suica・定期券なし」と「Suica定期券付き」の場合はVISAのみ)
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降524円
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JRE CARD」は、アトレやペリエなどの駅ビルで還元率3.5%の「JRE POINTが一番貯まるカード」!電子マネー「Suica」のチャージでも1.5%還元で得!
「JRE CARD(ジェイアールイー カード)」の公式サイトはこちら

「ビックカメラSuicaカード」で得する使い方は
クレジット機能より「Suica」機能を使い倒すことにあり!

 「ビューカード」の中でもっともお得な「ビックカメラSuicaカード」だが、その実力を最大限引き出すコツは、「Suica」が使える店舗やサービスでは「クレジット」機能よりも「Suica」機能を使うこと

 というのも、「ビックカメラSuicaカード」の「クレジット」機能の還元率は1.0%だが、「モバイルSuica」へのチャージや「Suica」へのオートチャージ分の還元率は1.5%になることに加え、駅構内の店舗や自動販売機、駅の外でも「イトーヨーカドー」や「スリーエフ」「紀伊國屋書店」などで「Suica」を利用すると利用額の1.0%分が還元されるからだ(一部店舗を除く)。

 つまり、「ビックカメラSuicaカード」でチャージした「Suica」を利用すると最大で還元率は2.5%にもなる可能性があるのだ。

 いちいち「Suica」利用でポイントが貯まる店かどうかを確認するのは面倒だが、もし「Suica」利用時にポイントが貯まらない店舗でも、「モバイルSuica」へのチャージや「Suica」へのオートチャージで最低でも1.5%分のポイントが貯まる「ビックカメラSuicaカード」を利用していれば、一般的なクレジットカードを利用するより明らかに得になる。

 年1回でも利用すれば次年度の年会費が無料になり、還元率も1.0~1.5%の「ビックカメラSuicaカード」は、メインカードとして利用しても十分得するクレジットカードで、そのうえ「Suica」やJR東日本の定期券も1枚に集約できる優れもの。「ビックカメラSuicaカード」は、新生活の心強い味方になってくれるだろう。

<Sponsored Content>―――――――――――――――――――――――

【いま「JRE CARD」に入会すると、最大5000円相当のポイントがもらえる!】
新規入会して「Web明細」を設定すると1000円相当、2021年8月31日までに「モバイルSuica」へ合計3000円以上をオートチャージすると500円相当、同期間中に「モバイルSuica」で合計5000円以上を利用すると500円相当、同期間中に「えきねっとチケットレスサービス」または「新幹線eチケット」で合計5000円以上を利用すると500円相当、1万円~5万円だと500円相当、5万1円~10万円だと1500円相当、10万1円以上だと2500円相当と、最大5000円相当のJRE POINTがもらえる!(要エントリー)
■入会申し込み期間:2021年5月1日~2021年7月31日
■エントリー期間:2021年5月1日~2021年9月30日


JRE CARD(ジェイアールイー カード)
還元率 0.5~3.5%
「Suica」のチャージでも1.5%還元で得なクレジットカード「JRE CARD(ジェイアールイー カード)」のカード
発行元 ビューカード
国際ブランド VISA、Master、JCB
(「Suica付き」の場合はVISA、Master、JCBから選べるが、「Suica・定期券なし」と「Suica定期券付き」の場合はVISAのみ)
年会費(税込) 初年度無料、2年目以降524円
家族カード なし
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JRE CARD」は、アトレやペリエなどの駅ビルで還元率3.5%の「JRE POINTが一番貯まるカード」!電子マネー「Suica」のチャージでも1.5%還元で得!
「JRE CARD(ジェイアールイー カード)」の公式サイトはこちら