クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2016年6月25日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

ANAマイルが還元率1.87%で貯まる方法を発見!
「LINE Payカード」+「ファミマTカード」なら、
年会費8万円のプラチナカードよりも高還元に!

【※2017年4月3日 追記】
2017年4月1日より、「ファミマTカード」で「LINE Payカード」にチャージすることはできなくなりました。

 ANAのマイルを貯めるなら、「LINE Payカード」+「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」がおすすめであることを下記の記事で解説したが、筆者のFacebookに、「さらにANAマイルの還元率をアップする方法がある」との指摘があった。
(関連記事⇒ANAマイルが1.62%分も貯まる最強のカードが決定!「LINE Payカード」+「ソラチカカード」なら、ANAのクレジットカードよりもマイルが貯まる!

 それは、「LINE Payカード」をコンビニエンスストアでチャージする方法だ。「LINE Payカード」は、銀行口座からのチャージなどのほかに、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、セイコーマートという5つのコンビニエンスストアでチャージすることが可能だ。ANAマイラーが気にしなければならないのは、ファミリーマートでのチャージだろう。

 ファミリーマートのwebサイトの「ファミリーマートでTポイントが貯まる商品・サービス一覧」内に「公共料金、保険取次ぎ、Famiポート収納票によるお支払い等」という項目がある。これが「LINE Payカード」へのチャージに当てはまる。

 また、その項目の「ファミマTカード(クレジット)」の欄を確認すると、「○※5」との注釈があり、※5を確認すると「バイク自賠責保険は対象外です」と記載されている。つまり、バイク自賠責保険以外の「公共料金、保険取次ぎ、Famiポート収納票によるお支払い等」は、「ファミマTカード(クレジット機能付き)」決済でのTポイント付与の対象なのだ。

 付与されるTポイントは、200円につき1ポイントなので、還元率は0.5%。TポイントはANAマイルに交換でき、500 Tポイントを250マイルに交換可能なので、ANAマイルとしての還元率は0.25%となる

 また、前述の記事でも紹介したように、「LINE Payカード」で決済すると100円につき2 LINEポイントを獲得できるので、還元率は2%。さらに、「ソラチカカード」を保有して、「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル」というルートで交換すると、実質的に「LINE Payカード」のマイル還元率は1.62%となる

 つまり、「LINE Payカード」のチャージと利用という一連の流れで、「0.25%+1.62%=1.87%」と、合計で1.87%分のANAマイルを獲得できるのだ。

 では、実際に「ファミマTカード(クレジット機能付き)」で「LINE Payカード」にチャージすることで、どのくらいポイント・マイルが貯まるのかを検証しよう。

ファミマTカード
 還元率  0.5%
おすすめクレジットカード!Tポイントが貯まるファミマTカードファミマTカード公式サイトはこちら
 発行元  ポケットカード
 国際ブランド  JCB
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica

(関連記事⇒ソフトバンク利用者はファミリーマートで買い物を!Tカード番号を事前登録するだけで、ポイント3倍。「ファミマTカード」を持てば最大5%還元も可能に!

ファミリーマートで「LINE Payカード」に
チャージする方法を解説!

LINEのアプリで「LINE Payカード」にチャージ

 ファミリーマートで「LINE Payカード」にチャージするためには、スマートフォンのLINEアプリで、チャージ金額を入力する必要がある。その手順は下記の通りだ。

(1)スマートフォンでLINEアプリを起動
(2)「その他」のタブから「Pay」をタップ
(3)「チャージ」をタップし、「コンビニ」を選択
(4)チャージ金額を入力し、「チャージ」をタップ

 これで、ファミリーマートで「LINE Payカード」にチャージするときに必要な「受付番号」と「予約番号(申込番号)」、「払込期限」が表示される。

 続いて、ファミリーマート店内に設置されている「Famiポート」端末を操作する。操作手順は下記の通り。

(1)メニュー内の「代金支払い」をタップ
(2)「各種番号をお持ちの方はこちら」をタップ
(3)「各種番号入力ご案内」のページで「番号入力画面に進む」をタップ
(4)LINE Payに表示されている「受付番号」を入力し、「OK」をタップ
(5)LINE Payに表示されている「予約番号(申込番号)」を入力し、「OK」をタップ

 ここで、「ご注意事項」として「ご利用いただけるお支払い方法は、『現金』または『ファミマTカード』のみとなります。その他のクレジットカード・電子マネー等はご利用いただけません」との表記がある通り、「ファミマTカード(クレジット機能付き)」で支払えることが確認できた。そして、「OK」をタップ。

「LINE Payカード」のチャージ金額は「ファミマTカード(クレジット機能付き)」で支払える

 「ご注文商品一覧」として、「お客様氏名」に自分の名前、サイト名称に「LINE Pay」、チャージ金額が表示されるので、間違っていないか確認したら、「OK」をタップ。すると、「Famiポート申込券」がFamiポート端末の下から出てくるので、申込券を取り出す。

 Famiポート申込券を持ってレジに行き、「ファミマTカード(クレジット機能付き)」で入金処理をしてもらおう。入金時には、「LINE Payカード」は不要だ。入金処理が終わると、LINE Payから「コンビニで●●●円をチャージしました」とLINEメッセージが届く。

「LINEポイント+Tポイント」で2.5%還元、
すべてANAマイルに交換すると1.87%還元に!

レシートを見ると、「ファミマTカード(クレジット機能付き)」から「LINE Payカード」へのチャージで、Tポイントが獲得できたことがわかる

 今回は試しに1000円チャージしたところ、チャージ後のレシートには、「5 Tポイントの獲得」との表記があり、200円につき1 Tポイント付与されていることが確認できた。

ファミマTカード(クレジット機能付き)」で「LINE Payカード」にチャージすると0.5%分のTポイント、「LINE Payカード」で決済すると2%分のLINEポイントを獲得できるので、合計すると2.5%の還元となる。「LINE Payカード」と「ファミマTカード(クレジット機能付き)」を組み合わせると、かなりの高還元率になることがわかるだろう。

 このように、「ファミマTカード(クレジット機能付き)」で「LINE Payカード」にチャージして貯まるTポイントをANAマイルに交換し、さらに「ソラチカカード」を保有して、「LINE Payカード」の利用で貯まったLINEポイントをANAマイルに交換すると、合計で1.87%のANAマイルを獲得できる。これは、年会費8万円(税抜)の「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」をマイ・ペイすリボで利用した際の還元率1.80%を上回るお得さだ。

 以上、今回は、「LINE Payカード」+「ファミマTカード(クレジット機能付き)」+「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」で、1.87%分のANAマイルを貯められることを解説した。

【※2017年4月3日 追記】
2017年4月1日より、「ファミマTカード」で「LINE Payカード」にチャージすることはできなくなりました。
ファミマTカード
 還元率  0.5%
おすすめクレジットカード!Tポイントが貯まるファミマTカードファミマTカード公式サイトはこちら
 発行元  ポケットカード
 国際ブランド  JCB
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica