投資信託おすすめ比較[2024年]

モーニングスター、リッパーなどの"投信アワード"を
2018年に受賞した「日本株で運用する投資信託」で、
長期投資に本当におすすめの投資信託2本を大公開!

2018年5月6日公開(2022年3月29日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

2018年の"投信アワード"を受賞した「日本株を投資対象とする投資信託」の中で、長期投資にベストな投資信託とは?

ダイヤモンド・ザイの特集「投信アワードから厳選した、本当にスゴい投信12」では、投資信託の評価会社や証券会社が年に一度"優秀投信"を選ぶ各アワードの"受賞投信"を、主要な6タイプに分類。その中から、長期投資向けの投信12本を厳選して掲載している。

今回は、各投信アワードを投資の参考にする際の注意点と、長期投資にベストな「日本株全般型」タイプの投信2本を抜粋して紹介しよう!(監修:ファイナンシャルリサーチ・深野康彦さん、ニッセイ基礎研究所・前山裕亮さん)

情報会社や証券会社が、優秀な投資信託を毎年発表!

 投資信託の評価会社や証券会社は、1年に1度、優秀な投資信託を発表する。毎年1月末に発表するのはモーニングスターの「ファンド オブ ザ イヤー」。今回は1月31日に発表された。そこから1カ月半後の3月15日には楽天証券の「ファンドアワード」が、同19日にはトムソン・ロイター リッパー(以下リッパー)の「ファンド・アワード・ジャパン」が発表された。

 これらのアワードの受賞投信は、運用レポートなどでこれを大々的にアピールする。でも、「賞を取ったのだから、いい投信に違いない」と、飛びつくのは少し待ってほしい。

アワードを受賞した投信が「好成績」とは必ずしも言えない

アワードを受賞した日本株全般型の投信市場平均(TOPIX・税込み)および各投信の成績は2018年3月末時点。リッパーの括弧内は受賞カテゴリー。

 各アワードでの評価期間や評価基準は異なる。1年間の成績に加えて運用方針などの数値以外の情報も評価するモーニングスターに対して、リッパーや楽天証券は3年またはそれ以上の成績のみで評価。受賞投信の数も部門数も異なっている。

 こうした違いを頭に入れておき、各アワードの受賞投信については、「5000本以上もある膨大な数の投信の中から自分に適した投信を選びだすのは大変。各アワードの受賞投信はその際の手がかりになる」(ファイナンシャルリサーチ代表・深野康彦さん)程度のものとして捉えたい。

 右の表は、「日本株全般型」タイプの投信で、各アワードの受賞投信を抜き出したもの。各アワードは選考基準や分類が異なるため、アワードによって受賞投信も大きく異なっていることがわかる。

 ダイヤモンド・ザイでは、日本株全般型を含め、日本中小株型、先進国株型、新興国株型、債券型、リート型の6つのタイプの主な受賞投信を抜き出しているが、それぞれの受賞投信と各タイプの市場平均の成績を比較してみたところ、2018年3月末時点では市場平均を下回る成績になっている投信もある。また、投資対象が同じタイプでも、評価する会社によって選ばれる投信の成績には大きな差がある。

 受賞投信=好成績投信とは必ずしも言えないのだ。

長期投資向けに5つの条件で、受賞投信から厳選!

 受賞投信への盲信は慎むべきだが、先述したように、自分の投資したい期間や投資対象に応じたセレクトのための手がかりとして利用するのはOKだ。そこで、今回は受賞投信の中から長期投資向きの投信をチョイスするために5つの条件を設定した。

(1)市場平均よりも好成績(5年)!
(2)運用実績が5年以上!
(3)純資産が10億円以上!
(4)償還が5年後以降または無期限!
(5)特定のテーマやセクターに偏らない!

 十分な運用実績があり好成績なのは当然として、分散投資が行なえる規模(純資産)を持つこと、償還期限が差し迫っていないこと、流行り廃りに左右されにくい点も条件に加えた。

 ダイヤモンド・ザイでは、この条件に見合う投信を、日本株全般型、日本中小株型、先進国株型、新興国株型、債券型、リート型のタイプ別に掲載しているが、今回は「日本株全般型」を抜粋して紹介しよう。

日本株はリスク要因が顕在化するも、株価上昇が継続

 日本株の今後について、ニッセイ基礎研究所の前山さんは、世界経済の拡大が続き、過度な円高が進行しなければ企業業績は拡大し、株価も再び上昇すると考えている。ただし、2018年度は前年度よりも利益の伸びが緩やかになると予想する。

 「2017年度は、TOPIXベースで純利益段階で20%の増益予想。2018年度の増益率は1ケタ台前半程度と考えられます。為替や保護貿易、米金利引き上げなど、前年度よりリスク要因は多いでしょう」(前山さん)

 もし、個別株で投資している場合、それらのリスクでやられる可能性は大きい。その点、複数の銘柄で構成され、しかも銘柄を入れ替えられる日本株全般型の投信なら安心度は高い。特に今回、長期投資向きとして紹介する以下の「三井住友・配当フォーカスオープン(三井住友アセット)」と、「グローイング・カバーズ[新成長株ファンド](明治安田)」は、配当や課題を克服した企業の再成長という個性的だが、流行り廃りがない普遍的な着眼点で銘柄を選んでおり、安心度が高い。

 「三井住友・配当フォーカスオープン」は、"長期にわたって安定配当を実施したり増配している株"の中から銘柄を選択。連続増配株は、将来の利益獲得に自信があり、財務も健全な企業が多く、株価が上昇しやすいからだ。中期的な株価の上昇と、配当収入の増加という2つの面で成長を目指している。運用成績は良好で、3年・5年の成績は市場平均を大きく上回る。サービス業や情報・通信、卸売など幅広い業種の株にまんべんなく投資しているので分散効果も高く基準価額は安定的に推移している。

 ファイナンシャルリサーチの深野さんも「市場平均より高い配当利回りの株で構築されており、基準価額は安定して上昇トレンドを描く。安心して長期保有できる銘柄だ」と評価している。

 一方の「グローイング・カバーズ[新成長株ファンド]」は、本来は高い成長性を有しているが、財務面などでの問題があって本来の実力を発揮できていない株に着目。その中から、課題を克服して新たな成長段階に入ろうとしている株に投資している。大型株にも投資するタイプになっているが、現状は中小型株が上位に組み入れられている。中小型株発掘のスペシャリストとして人気が高いエンジェルジャパンが投資を助言。好成績を受けて純資産は2017年の1年間で3.4倍に急増した。

 ただし、ファイナンシャルリサーチの深野さんが「選択と集中で好成績が続いているが、投資対象が中小型株中心だから、基準価額の変動幅は大きくなりやすい。積み立てで時間分散を」と言うように、変動の大きさには注意したほうがよさそうだ。

【ピックアップ記事!】
【2023年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ! 手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
※証券や銀行の口座開設、クレジットカードの入会などを申し込む際には必ず各社のサイトをご確認ください。なお、当サイトはアフィリエイト広告を採用しており、掲載各社のサービスに申し込むとアフィリエイトプログラムによる収益を得る場合があります。
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【2024年4月3日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2579本 2579本 2395本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料で、投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップクラス! スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」を利用すれば、投資信託をスマホで管理可能だ。また、投資信託の月間平均保有額に応じてTポイントやPontaポイント、dポイント、PayPayポイント、JALマイルなどが貯まる「投信マイレージサービス」もお得。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になる(通常銘柄の場合)ので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。投信の買付には、TポイントやPontaポイントが利用できる投信積立は三井住友カードによるクレジットカード決済「クレカ積立」がお得で、最大で決済額の0.5%ものポイントが貯まる。最近では、低コストなiDeCo(個人型確定拠出年金)にも力を入れており、無条件で運営管理手数料を無料にしている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2557 2557本 2407 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 投資信託の保有残高が一定の金額を超えるごとに「楽天ポイント」が貯まるサービスもお得。また「投信残高ポイントプログラム」の対象となる6ファンド(「楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド」など」)については、保有しているだけで一定のポイントが還元されるのでお得。さらに投信積立の際に楽天カードを使うと0.2〜1%分、楽天キャッシュを使うと0.5%分の楽天ポイントが付与される。ポイントは投資信託の買付や投信積立の代金にも利用できる。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる「楽ラップ」や、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」を利用可能。さらに、専用バランスファンドで手軽に積立投資ができるロボ・アドバイザー「らくらく投資」も登場。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆松井証券⇒詳細情報ページへ
1874本 1874本 1853本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の取り扱い本数を着実に増やしており、現在はランキング3位まで上昇。他社に先駆けて投資信託の販売手数料無料を打ち出したのも高評価だ。さらに投資信託の残高の最大1%分のポイントが貯まるサービスもお得。他社の類似サービスと比較しても、ポイント還元率は高水準に設定されている。投資信託ページは、人気の投信や好成績の投信がすぐにわかる各種ランキング装備、スマホでの見やすさ、直接発注など機能が充実。さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために「投信工房」「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」という3つの高機能ロボアドバイザーを用意。無料のロボアドバイザーとしては、どれも非常に高い機能を備えている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・松井証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細情報ページへ
1798本 1798本 1711本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。また「プレミアム積立」は100円から可能。au PAYカード決済による積立なら1%ポイント還元、投資について気軽に話し合えるSNS「ファンドスクエア」も魅力。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。投資信託の月間保有金額に応じて0.005〜最大0.24%分​のPontaポイントがもらえる「資産形成プログラム」も上手に活用したい。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
【株アプリに慣れていない「株初心者」には特におすすめ!】
auカブコム証券が初心者でも使いやすい操作性と機能性を両立した新アプリをリリース!
5位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1761本 1761本 1695本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の購入時手数料はすべて無料! もちろん、NISA口座での取引や「投信つみたて」による購入も手数料0円だ。クレカ積立のポイント還元率は業界トップクラスで、マネックスカードで投資信託を積立購入すると1.1%分のポイントが貰える。さらに、投資信託の保有金額の最大0.08%分のポイントがもらえるのもお得。ファンド探しに迷ったら、自分のライフプランに合ったファンド選びを手助けする「投信ポートフォリオ診断」を参考にするといいだろう。ポートフォリオの分析やリターン予測、アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION」も便利だ。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「ON COMPASS」と、最低投資金額が5万円で国内ETFで運用を行うアドバイス型の「Monex Advisor」が利用可能。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託本数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合があります。

新NISAおすすめ比較「手数料」「取扱銘柄数」を比較して、おすすめ証券会社を解説!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
マネックス証券の公式サイトはこちら 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!
SBI証券の公式サイトはこちら! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

NISAの株の学
株500激辛診
米国株150診断

5月号3月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[新NISAで1億円/信格付283本]
◎巻頭インタビュー
87歳のデイトレーダーシゲルさん登場
「デイトレより稼げてオモロイもんはない!」

◎第1特集
株・投信 の基礎と誰でもできる10の儲け方
NISAの株&投信の学校

●株の学校
[基礎編]
株の3つの儲け方&NISAのメリット
買いたい人が多いと株価は上がる
・会社の規模で値動きが違う
・株を保有する期間で戦路は変わる
・年4回の決算で株価が動く

[儲け方編]
長く稼ぎ続ける会社を買う
ずっと人気が続く株を買う
・為替で儲かる株を買う
・配当が増える株を買う
・自社の株を買う会社を狙う
・モノがもらえる会社を買う
・情報を隠さない株を買う 
・買いやすくなった株を買う 

●投信の学校
[基礎編]
積立OK! 投信で世界に分散しよう

[儲け方編]
長期で成長してきた指数を買う
・定期的に分配金収入を得る

プロ厳選!儲け方別買いの株+投信付き


◎第2特集
買っていい10万円株は97銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
期待の出遅れ株/来期も増配予想の高配当株/半導体・AI関連株
●儲かる株の見つけ方[2]5大ランキング
来期に営業利益が大きく伸びる株/“稼ぐ力”が強い高ROEの株/
配当利回りが高い株/少額で買える株/理論株価と比べて割安な株
●儲かる株の見つけ方[3]セクター別の指標平均
石油・石炭が配当利回り1位に!
●2024年新春のイチオシ株
10万円株7/高配当株7/株主優待株7
●気になる人気株売り×買い分析
大型株393/新興株86/Jリート10


◎第3特集
人気の米国株150診断
儲かる株の見つけ方[1]旬の3大テーマ
●プロが大予測!大統領選後米国株はどうなる?
●GAFAM+αのBig8中3社が脱落!AIブームに乗る激アツ22社!
●出遅れ超有名株&買いの高配当株
●人気の125銘柄「買い」「売り」診断


◎【別冊付録】

上場全3905社の最新理論株価
増益割安株は1254銘柄


◆芸人がゴミ清掃員に!?富豪と一般人の差ってゴミに出ます!
◆日本株の大幅上昇でIPO株も環境が好転
◆“もしトラ”で世界は地獄に!?
◆高額な負担に見合う?地震保険の誤解本当に必要か再検証
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報