超成長株投資で資産10倍計画!

コロナショック後の投資戦略とは?
多数の短期派は失敗し、少数の長期投資家が
生き残る! 今から始める長期投資の3つのポイントも山本潤の超成長株投資の真髄 第57回

2020年4月1日公開(2022年3月29日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

 長期の成長株投資における重要な考え方を紹介します。相場は少し落ち着いたとは言え、VIX指数は60前後と高く、今後も乱高下するでしょう。さらなる感染拡大や経済悪化などで再び暴落し、二番底を試す局面も十分考えられます。そうした際、超成長株投資の真髄を理解し、胆力を持って臨んでください。

長期投資のポイント① 変わらないことに重きを置く

 株価は、将来得られるキャッシュフローから構成されます。今期や来期の業績といった近視眼的な要素だけでは構成されません。そのため、株価が暴落してもパニックに陥らず、永続的な経済活動を考えるようにしてください。COVID-19の感染拡大の中にあっても、世の中を見渡せば、今までと変わらない経済活動が繰り広げられています。長期投資では、変化を探し求めるのではなく、永続的なものや変化しないものを投資判断の中心においてください。

長期投資のポイント② 株価下落でも再投資利回りは改善

 株価が下落しても、配当の再投資利回りは長期的に改善します。例えば、ある銘柄の株価が暴落し、含み損が20%になり、配当利回りが1%上昇したとします。その場合、20年経てば暴落しなかった場合のパフォーマンスにキャッチアップでき、それ以降は上回ります。短期の含み損にとらわれず、長期的な視野でパフォーマンスを考えることで、暴落への対処は容易になります。

長期投資のポイント③ 配当利回りとその成長率が良い銘柄を選ぶ

 長期投資では、配当利回りが高く、配当の成長率が高い銘柄に投資することです。例えば、株価が20%下落しても、配当利回りが7%あれば、3年でキャッチアップできます。配当成長率が高い場合も同様で、例えば、配当成長率が10%の銘柄の場合、配当を再投資すると2年で20%の含み損を解消できます。もちろん企業選別は重要です。高配当や高い成長率を維持するには、高い競争力を有し、業績が拡大し、ESG評価も高い企業を選ぶ必要があります。ただ、企業を上手く選べば、2~3年という短期間で暴落による含み損をチャラにできるのです。

DFRポートフォリオの銘柄選びは?

 DFRポートフォリオの組み入れ銘柄は、現在の配当利回りと配当成長率のバランスが良い銘柄を重視していますが、成長の爆発力を利用するため、配当成長率をより重視しています。具体的には、配当利回りは市場平均を確保しつつ、成長率が高い銘柄を選ぶようにしています。目安では、ROEが市場平均より30~40%程度高い銘柄です。

 高い配当成長率の銘柄を選ぶと、長期のリターンのみならず、短期の含み損も解消しやすくなります。ただ、そうすることで中小型株が中心となり、流動性や業績の下振れリスクが高まる短所があります。投資する上で大切なことは、どんな方法も長所と短所があり、良いところどりはできないということを理解することです。

暴落後に勝利するのは長期投資家だ

 DFRポートフォリオの投資戦略は、多数派とは一線を画します。多数派は短期のキャピタルゲイン獲得を目指します。暴落後で言えば、巣ごもり消費の増加で恩恵を得られる銘柄に投資することなどです。私はこうした戦略は失敗すると考えます。巣ごもり消費は長期化しません。人が集まってコミュニケーションしたい、実物を見て触れたいという心の叫びを変えることはできません。

 暴落時、少数派である長期投資家は勇敢になりましょう。そのためには不安をあおるニュースではなく、教科書や古典を読んでほしい。人類の蓄積した知恵やノウハウがつまっているからです。変わらない本質を見極めることが、回り道のようで最短の道です。今でも達成不可能と思える夢に向かってハードワークする経営者や、社会的に意義があるホンモノを提供する企業を応援することが、みなさまの長期の財産つくりに寄与すると考えてほしいのです。

 世界に猛威を振るうCOVID-19ですが、感染症の宿命として必ず終焉します。株式相場もそれを徐々に織り込み、COVID-19との連動は薄まるでしょう。VIXは2ヶ月後には低下しています。株価が今後短期的に下げた時は残った豊富なキャッシュを使い、永続性に影響がなく、応援しがいがある企業に投資していくつもりです。

(DFR投資助言者 山本潤)

この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。


ポール・サイ 米国株&世界の株に投資しよう!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報