クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

USJに行くならJCBの上位クレジットカードが必須!
ザ・フライング・ダイナソー内のラウンジを使えば、
3時間半待ちのアトラクションに、すぐ搭乗できる!

2016年11月4日公開(2017年11月6日更新)
ポイ探ニュース(菊地崇仁)
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ザ・フライング・ダイナソー」内にあるJCBラウンジを解説

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)のアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」には、ラウンジが用意されている。
(※関連記事はこちら!⇒JCBがユニバーサル・スタジオ・ジャパン内にプラチナカード保有者向けの特別ラウンジを新設!「ザ・フライング・ダイナソー」に優先搭乗も可能!

 2016年9月2日(金)より、このラウンジが利用可能だったため、2016年9月17日(土)~19日(月)の3連休に、関西旅行を兼ねて、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきた。「ザ・フライング・ダイナソー」内に設置されているJCBラウンジを利用したので、レポートしたい。

大きな案内板があるので、
JCBラウンジの場所がわかりやすい!

JCBラウンジの案内板

 まず、JCBラウンジがある場所を解説しよう。

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの入口から真っすぐ歩き、ニューヨークエリアを通り、サンフランシスコエリアからジェラシックパークエリアに向かう。橋を渡ってすぐのところに、「JCB LOUNGE」と書かれた大きな看板がある。

 東京ディズニーリゾートのラウンジは、知っている人にしかわからないようなインターホンが用意されていたり、スタッフに声をかけなければ案内されなかったりなど、隠れた特典となっている。しかし、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのラウンジは、誰でも見られるようなところにラウンジの案内板があり、少し驚いた。初めての利用でも、迷うことはないだろう。
(※関連記事はこちら!⇒JCBのプラチナカード「ザ・クラス」保有者向けにディズニーシー内に設けられた特別ラウンジを公開!東京ディズニーリゾートの“都市伝説”は本当だった!
(※関連記事はこちら!⇒東京ディズニーランドの“都市伝説”の真相は?「JCB ザ・クラス」保有者だけが利用できる「スター・ツアーズ」内の特別ラウンジをレポート!

 ちなみに、アトラクション搭乗後に、「ザ・フライング・ダイナソー」の通常の入口を確認したが、JCBラウンジの入口の逆方向にあったため、この看板が用意されたのかもしれない。

JCBラウンジの入口の黄色い扉

 案内板に従って歩いていくと、前からたくさん人が歩いてくる。つまり、「ザ・フライング・ダイナソー」の出口付近ということだ。そのまま進むと、「JCB LOUNGE」と書かれている黄色い扉があった。近くにスタッフがいたため、ラウンジの利用を伝えると、黄色い扉を開け、中に案内された。

 後で気がついたが、扉の右側に休憩所があり、そちら側からも入ることができるようだ。やはり、ラウンジの存在を隠していないのだろう。

 黄色い扉の向こうは通路になっており、その通路の左側に扉がある。そこが、JCBラウンジの入り口となっている。

ラウンジ内では、雑誌やガイドブックが読めるほか、
コーヒーやコーラなどのドリンクを無料で飲める!

 入室すると、正面に受付があり、受付の左側にはトイレ、受付の右側には休憩スペースがある。休憩スペースでは、雑誌やガイドブックの閲覧が可能だ。

休憩スペースでは、雑誌やガイドブックの閲覧が可能

 部屋の正面にあるテレビでは、「ザ・フライング・ダイナソー」のアトラクション紹介やUSJのハロウィン貸し切りイベントの情報などが紹介されていた。

正面にあるテレビでは、USJの情報が流れている

 また、ソフトドリンクが用意されており、コーヒーやカフェオレ、カプチーノなどが無料で飲める。さらに、ペットボトル飲料のオレンジジュースやコーラ、お茶、水などを1人1本までもらえるのも嬉しい。

ソフトドリンクを無料で飲める

 東京ディズニーリゾートのJCBラウンジには、子供が遊べるスペースがあったが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジには、そのようなスペースはない。

 また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジは、オープン直後のためか利用者が少ない。通常は、アトラクション利用後にJCBラウンジへ戻ることはできないが、午前中の利用者はいないとのことで、「ザ・フライング・ダイナソー」の搭乗後にも少し利用させてもらうことができた。このあたりは、東京ディズニーリゾートよりも臨機応変な対応だ。

「ザ・フライング・ダイナソー」は、通常3時間30分待ち……
しかし、ラウンジの利用者ならば、すぐに搭乗可能!

「ザ・フライング・ダイナソー」は、通常3時間30分待ち

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーリゾートにあるラウンジの目玉は、ラウンジで休憩した後に、優先的にアトラクションを利用できるサービスだろう。「エクスプレス・パス」や「ファストパス」よりも、早く搭乗できる。

 筆者がユニバーサル・スタジオ・ジャパンに訪れた日は、雨だったにも関わらず、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアプリで「ザ・フライング・ダイナソー」の待ち時間を確認すると、210分と表示された。つまり、3時間30分待ちだ。

 しかし、JCBラウンジの利用者は、すぐに搭乗できる。ラウンジを出て、エレベーターに乗って2階に上がると、アトラクションの搭乗口に着く。人数調整は、事前に済まされているため、待たずに搭乗可能だ。

「ザ・フライング・ダイナソー」のJCBラウンジを
利用できるクレジットカードは?

 JCBラウンジを利用できるクレジットカードは、「JCBザ・クラス」「ANA JCBカード プレミアム」「JAL・JCBカード プラチナ」「セディナプラチナカード(JCB)」「プラチナローズカードJCB」など、JCBのプラチナカード以上のクレジットカードで、「JCBゴールド ザ・プレミア」は対象外だ。
(※関連記事はこちら!⇒クレジットカードは還元率だけで選ぶな!(前編)プラチナやブラックなどのハイクラスカードを目指す近道は「育成型クレジットカード」の活用にあり!

 中でも、「JAL・JCBカード プラチナ」と「ANA JCBカード プレミアム」は、それぞれインビテーションなしで申し込めるため、「ザ・フライング・ダイナソー」のJCBラウンジ特典をすぐに利用したい場合は、これらのクレジットカードに申し込むのがおすすめだ。

JCB ザ・クラス
還元率 0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの公式サイトはこちら
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 5万円
家族カード あり(無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay

JCBラウンジを利用したいなら、
事前にサポートデスクに電話しよう

 「ザ・フライング・ダイナソー」のJCBラウンジを利用するためには、事前に、「JCBラウンジ招待券」を請求する必要がある。例えば、「JCBザ・クラス」を保有している場合は、「ザ・クラス・メンバーズデスク」に電話して請求する。

 「JCBラウンジ招待券」が届いたら、裏面に書かれている電話番号に電話し、直接予約を行う。利用予定日の1カ月前から前日まで予約することが可能だ。

 JCBラウンジを利用できる時間は、平日は10:00~12:00と13:00~17:00まで、土日祝は10:00~12:00と13:00~19:00までとなる。

 「JCBラウンジ招待券」には、「1枚につき4名まで」と記載されており、0歳でも1名とカウントされる。しかし、筆者の経験上、規定の人数より1~2人くらい増えても利用できる可能性があるため、5~6名で利用したい人は予約時に確認してみよう。

「JCBザ・クラス」なら、さまざまなJCBラウンジを利用でき、
コンシェルジュデスクの質も高いので、おすすめ!

 「JCBザ・クラス」は、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーのそれぞれにあるJCBラウンジ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジ、京都駅にあるJCBラウンジなど、さまざまなラウンジを利用できるのが特徴だ。

 「JCBザ・クラス」は、招待制のクレジットカードなので、自ら申し込むことはできない。「JCBゴールドカード」を保有し、2年連続で100万円以上を利用すると、「JCBゴールド ザ・ プレミア」のインビテーションが届く。さらに、「JCBゴールド ザ・ プレミア」を数年使っていると、「JCBザ・クラス」のインビテーションが届くはずだ。

 「JCBザ・クラス」は、コンシェルジュデスクの質が高く、プラチナカード・ブラックカードの中でも、おすすめの1枚だ。
(※関連記事はこちら!⇒最強プラチナカード「JCBザ・クラス」を保有して東京ディズニーリゾートでVIP待遇を受けよう!定番カード「JCB ORIGINAL SERIES」の魅力とは

 以上、今回は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「ザ・フライング・ダイナソー」内にあるJCBラウンジについて解説した。

JCB ザ・クラス
還元率 0.5~2.5%
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの詳細はこちら
クレジットカードおすすめ比較!ザ・クラスの公式サイトはこちら
発行元 JCB
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 5万円
家族カード あり(無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年8月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群! また、2019年7月1日~12月31日の期間に新規入会すると、入会後3カ月間は最大10倍のポイントが貯まる(=還元率5.0%)、お得なキャンペーンを実施中!「JCB CARD W」史上、もっともお得なキャンペーンになっているので、入会するなら今がチャンス!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 SPGアメリカン・エキスプレス・カード じぶん銀行住宅ローン 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年持てる配当株
ふるさと納税
老後のおかね

9月号7月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10年持てる配当株&優待株

●減配しない! 増配しそう! ずーっと持てる安心感
10年配当株
配当利回り1.5%以上から厳選 「10年配当度
人気高配当株30銘柄の10年配当度 激辛診断!
儲けている個人投資家5人に聞く

安定高配当株
値動きも業績も安定の大型株
・食いっぱぐれない中小型株

配当成長株
10年売上増の不景気に強い
最高益達成のニッチ分野の株

生きるだけなら2000万円はいらない! 
それでも不安な人に送る

「老後のおかね」マニュアル
年金制度は破綻はしない。ただしもらえる額は減る
・老後の収入を計算しよう! 
老後の支出を想定するには家計の把握が必須! 
備える額で安心度が変わる

10年続く株主優待37銘柄
ひふみ投信藤野英人さんなど
人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 

今度こそFXで儲ける!レンジ攻略で7割勝つ! 

【別冊付録・1】
2019年6月からの新制度対応! 

ふるさと納税人気7大サイト徹底比較

【別冊付録・2】
iDeCoつみたてNISAで実現
老後資金をゼロから1000万円つくる方法
------------------------------------------
【お知らせ】
定期購読者の皆様へ
台風10号の影響による定期購読誌お届けの遅れについて

------------------------------------------

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報