投資信託おすすめ比較[2019]

毎月分配型投信の純資産総額上位の銘柄の実力を、
著名FPが「分配金余力」と「健全性」で格付け!
毎月分配型投信の人気第1位の銘柄の実力は?

2017年6月23日公開(2018年1月10日更新)
深野 康彦
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

「毎月分配型投資信託」の人気商品の本当の実力を徹底検証!

「分配金を定期的に受け取れる」ことで人気の高い毎月分配型投信だが、人気ランキング上位(=純資産総額が多い)の毎月分配型投信は必ずしも健全性が高いとは限らない。では、どのような点に気を付けて毎月分配型投信を選べばいいのだろうか?

6月22日(木)発売の書籍『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』の筆者であるファイナンシャルプランナーの深野康彦さんが、個人投資家からも人気が高い純資産総額が上位の毎月分配型投信を辛口評価する!

人気上位の投資信託が必ずしも健全とは限らない!

 投資信託の購入を考える際、投資信託の人気ランキングを参考にする人が数多くいらっしゃいます。しかし、人気が高い(=純資産総額が多い)からといって、健全なファンドとは限りません。前回の記事でもご説明したように、分配金が配当金収入から賄えないと、投資元本を取り崩して支払っているファンドも少なくないからです。

【※前回の記事はこちら!】
毎月分配型投信の多くで分配金が減額される事態に!資産を切り崩して分配する不健全な投信もある中で、著名FPがおすすめできる毎月分配型投信を公開!

 そこで私の新刊『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』では、毎月分配型投信の純資産総額上位20ファンドの健全性と分配余力について、個別に詳細な分析をしています。その際、毎月分配型投信を判断する基準として2つの指標を用意しました。

 1つは「分配金健全格付け」。毎月投資家に支払われている分配金が、どの程度ファンドのインカム収入で賄われているかを表したものです。

 もう1つは現在の分配金をどのくらいの期間にわたって支払えるかを示す「分配金余力格付け」です。

 また、基準価額や分配金の推移などのデータに加えて、2つの格付け評価を見ることで、そのファンドを本当に買っていいのか、保有し続けていいのかを考えやすくしました。

 ここでは『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』の中から抜粋して、純資産総額が1位と19位の毎月分配型投信の実力を徹底検証しましょう。

純資産総額1位の実力を徹底検証!
「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」

 純資産総額1位の「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」は、米国の取引所に上場しているリート(不動産投資信託)に投資するファンドで、ベンチマークである米国の上場リートインデックス以上の配当利回りを目指しています。為替ヘッジは行ないません。

 分配金は、2015年2月から毎月100円が支払われていましたが、2016年11月から70円に減額。減額により資金流出となりましたが、その流出速度は緩慢です。


フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)の「分配金の推移」と「基準価額と純資産総額の推移」。
拡大画像表示

 2017年2月末基準のマンスリーレポートによると、業種別組み入れ状況はオフィス・物流、小売、住宅の上位3業種で6割近くを占めています。また組入銘柄数は59と、海外リートを投資対象とする他のファンドに比べてやや集中投資が行われているように感じます。

 他より分散が控えめなため、リートの価格変動に運用成績が大きく左右されることが過去の実績からわかっています。2017年1月末の数字では、実績配当利回りは約3.8%に対してベンチマークの配当利回りは約4%。ベンチマークを下回るのは一過性ではなく、配当収益は想定ほどは得られていないようです。

 2017年2月末時点の実績配当利回りは3.76%。この利回りと基準価額4551円から計算した配当収入は14.25円です。計算の結果、毎月の分配金のうち配当収入でまかなえているのは約2割に過ぎず、分配金健全格付けは「2」となりました。

 一方、運用報告書を見ると翌期繰越分配対象額が基準価額を上回っていますが、基準価額を超える分配金は支払えないため、基準価額と「当期の収益以外」から計算した分配金支払可能期間は71.1ヵ月。分配金余力格付けは「7」です。

 キャッシュフローは劣るものの、しっかりした財務基盤(翌期繰越分配対象額という内部留保)が分配金を支えている構造です。配当収入が増えなければ、今後も分配金は翌期繰越対象額頼みという状況が続くでしょう。

 運用レポートは過去1年分、運用報告書過去4期分を「運用実績・チャート」のページから見られて、情報開示姿勢は良好です。スペシャルレポートの作成回数も増加しているようです。

 基準価額を上回る翌期繰越分配対象額がありますが、基準価額が上昇しない限りは宝の持ち腐れになるかもしれません。多額の翌期繰越分配対象額に目を奪われないようにしてください。

 また、米国の金融政策が緩和から引締めへ転換、さらにトランプ政権の政策不透明感から、米国リート市場、円/米ドル相場共に不安定な動きになる可能性もある点にも注意が必要です。

 ここまで検証してきた「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)」の総合評価は「△」です。2016年11月の分配金減額以降も資金流出が急増していないのは、乗り換える先がないか、相対的に分配金は高めなことが要因でしょう。分配金余力格付けは高めですが、分配金健全格付けは「2」と低く、また米国が金融引締めに転換していることなどを考慮すれば、新規の購入・買い増しは慎重に判断することをおすすめします。

純資産総額19位でもおすすめ!
「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<円奏会>」

 純資産総額がトップ10には入っていなくても、おすすめのファンドはいくつかあります。純資産総額19位の「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<円奏会>」はその中の1つで、国内の債券、株式、リートに分散投資している商品です。資産配分比率は、日本債券70%、日本株式15%、Jリート15%を基本としますが、基準価額の変動リスクが大きくなった場合は、変動リスクの抑制を目的として、株式とリートの資産配分比率を引き下げます。

 毎月の分配金は、2014年7月から30円が支払われ続けています。これまで分配金が減額されたことはありません。

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<円奏会>の「分配金の推移」。
拡大画像表示

 債券、株式、Jリートの資産クラスごとに、アクティブ運用のマザーファンドを組み入れて運用されています。前述のとおり、基準価額の変動リスクが高まった場合は、株式とリートの資産配分をそれぞれ最大2.5%引き下げて、短期金融資産を25%まで引き上げることで、安定性に配慮した運用を行っています。

 リスクコントロールがうまく行っているためか、年間収益率はファンドを設定した2012年(2ヵ月のみ)~2016年のすべてでプラスに推移しています。2017年は2月末時点では▲0.26%ですが、挽回が期待できそうです。また、2013年のについては、+12.3%と2桁のプラスになっています。

 2017年2月末の基準価額は1万1731円で、ファンドの2017年2月末現在の資産配分割合から求めたからポートフォリオの利回りは1.73%。基準価額あたりのファンドの配当収入は、16.91円になります。

 毎月分配金は30円なので、分配金健全性は56.36%、分配金健全格付けは「5」となります。健全性が今一つ高くならないのは、債券への基本資産配分が7割と高く、日銀が大胆な金融緩和を継続しているため、債券からの利子収入が少ないことが要因だと考えられます。

 一方、直近の運用報告書では翌期繰越分配対象額は2093円、当期の収益以外は15円で、仮に今後も毎月15円ずつ取り崩しが行われたとすれば、分配金支払可能期間は139.53ヵ月と100ヵ月を超えます。分配金余力格付けは「10」と高い評価になりました。

 格付けを計算するためのデータは、不足なく開示されています。運用報告書は過去4期分をサイトで確認できるので、マンスリーレポートも同様に過去分を閲覧できるようにして欲しいと思います。

 日本銀行がマイナス金利を深堀りする可能性は後退したものの、米国の長期金利の上昇に引きずられる形で、日本の長期金利が上昇する可能性はあります。資産配分の7割が債券になることから、日本と米国、両方の長期金利の動向は注意深く見ておきましょう。

 「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)<円奏会>」の総合評価は「◎」です。ここまで見てきたように、相対的に健全性が高いファンドと言えます。分配金の減額リスクは低く、新規の購入や買い増しも問題ないと思われます。すでに購入している人も、継続保有して不安は少ないでしょう。ただし、予測に反して日本の長期金利が急騰した場合には、一時的に新規購入を見送るべきです。

 今回は個人投資家に人気の高い純資産総額1位と19位の毎月分配型投信の実力を詳細に分析しました。『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』では、ここでは紹介しきれなかった純資産総額トップ80すべての毎月分配型投信の実力も分析しています。

 これから毎月分配型投信を購入しようと考えている方は、「人気が高いから……」と安易に選ばずに、「分配金健全性」や「分配金余力」などの指標を参考に購入することをおすすめします。

【ピックアップ!】
【2019年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
【2018年最新版】「ロボアドバイザー」の機能や利用料、特徴を比較! 証券会社のサービスから独立系業者まで紹介
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!

【2019年11月1日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2654本 1330本 2536本 100円
【特徴・メリット】
投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップクラス! スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」を利用すれば、投資信託をスマホで管理可能。インターネットコースで積立をすると、すべての投資信託の買付手数料が0円に! また、投資信託の月間平均保有額に応じてSBIポイントが貯まる「投信マイレージサービス」もメリット。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。2019年7月から「Tポイント」で投信の買付が可能に。また、SBI証券の取引でもTポイントが貯められる。最近では、低コストなiDeCo(個人型確定拠出年金)にも力を入れており、無条件で運営管理手数料を無料にしている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
2位 ◆楽天証券⇒詳細情報ページへ
2642 1353本 2500 100円
【特徴・メリット】
投資信託の保有残高10万円ごとに「楽天スーパーポイント」が4ポイント貯まる。積立なら、保有残高が増えるほど多くのポイントがもらえる。ポイントは投資信託の買付や投信積立の代金にも利用できる。また、投信積立の際に「楽天カード」のクレジット払いにすると毎月の購入で1%の楽天スーパーポイントが付与される。投資信託の最新事情がわかる「楽天証券レポート&コラム」や、最大5銘柄の基準価額の推移を比較できる「投信スーパーサーチ」など、投資信託選びのサポートもバッチリ。2016年7月からは、ロボ・アドバイザーが銘柄選択や売買タイミングまで判断してくれる新サービス「楽ラップ」を開始。また、スマホ専用のロボ・アドバイザー「ロボのぶくん」もある。個人型確定拠出年金は運営管理手数料が0円。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング!SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1181本 796本 1101本 100円
【特徴・メリット】
積立購入では「ゼロ投信つみたて」プログラムにより、買付手数料が全額キャッシュバックされ、実質ノーロードに! ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。また、自分の状況に合った投信選びを手助けする「投信ポートフォリオ診断」もある。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「MSV LIFE」と、5万円から始めて国内ETFのみで運用を行う低コストなアドバイス型「Monex Advisor」がある。なお、投資信託を買うと、申込手数料の1.5%分に加え、毎月「平均残高×0.08%×1/12」分のマネックスポイントをプレゼント!
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
4位 ◆カブドットコム証券⇒詳細情報ページへ
1142本 704本 1092本 100円
【特徴・メリット】
手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。「プレミアム積立」は100円から可能。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
5位 ◆松井証券⇒詳細情報ページへ
1136本 817本
1110本
922本 100円
【特徴・メリット】
取り扱う投資信託の多くが販売手数料が無料、あるいは実質無料のノーロード投信なのが特徴だ。2019年6月から投信ページリニューアル。人気の投信や好成績の投信がすぐにわかる各種ランキング装備、スマホでの見やすさ、直接発注など機能が向上した。さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために「投信工房」「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」という3つの高機能ロボアドバイザーを用意。無料のロボアドバイザーとしては、どれも非常に高い機能を備えている。投資信託の残高や購入時手数料に応じ、「松井証券ポイント」が貯まるのもメリット。また、クレジットカード「MATSUI SECURITIES CARD」の利用でもポイントがゲットできる。ポイントは投信積立に利用したり、Amazonギフト券などの商品と交換が可能だ。新規口座開設+期間中に合計5000円以上投資信託を積み立てると、最大10万名に現金1000円が当たるキャンペーンを実施中! 2020年の3月31日(火)まで。
※「ポイントサービス」を使って実質ほぼノーロードで購入できる本数。ノーロードではない投資信託のうち一部を除いたものは、購入時手数料(消費税を除く)が全額ポイント還元され、支払いは購入時手数料の消費税分のみとなる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・松井証券の公式サイトはこちら
6位 ◆SMBC日興証券⇒詳細情報ページへ
1037本 531本 685本 1000円
【特徴・メリット】
上記の投資信託本数はネット取引「ダイレクトコース」の取扱商品。2018年10月には、61本の投資信託の購入手数料を引き下げ、うち40本を無料にしたことで、ノーロード投信が500本以上に増加した。「投信つみたてプラン」では、買付最低金額が1000円から。初回引落特典としてNTTドコモのdポイント500pt、また、引き落とし毎に3ptがもらえる。投資信託選びやポートフォリオの管理ができる「fund eye」が新登場。三井住友銀行と連携する「バンク&トレード」利用で毎月10万円まで申込手数料が無料に。投資信託選びは通常の「ファンド検索」と、質問に答えてファンドを探す「投資信託ナビゲーション」がサポート。分配金額を含めた損益を把握するには「投資信託等に係るトータルリターン通知制度」が便利だ。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SMBC日興証券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託本数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合があります。

山本潤の10年で10倍を目指す超成長株投資の真髄
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

ずーっともらえる
株主優待
今から買って大丈夫?

12月号10月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

改悪・廃止を回避せよ!ずーっともらえる優待

ずーっともらえる株主優待
【スペシャル座談会】
投資歴20年超のツワモノ達が語りつくす
「株主優待のオモテとウラ」
【安心度をスコア化してランキング!】
・10年続く優待株ベスト50銘柄
【桐谷さん&優待の達人15人が推薦!】
ずっと持ちたい優待カタログ90銘柄

●ベストな買い時は?もう売るべき?
今から買って大丈夫?
タイプ1-価格が上がりすぎ!
オリエンタルランド、Jリート、金
タイプ2-価格が下がりすぎ!
ゆうちょ銀、東証マザーズ、串カツ田中
タイプ3-配当の利回り高すぎ!
JT、日産自動車、銀行株
タイプ4-赤丸急上昇の話題沸騰株!
Zホールディングス、ZOZO、楽天

残り2カ月!NISA売買戦略
・高配当株、安定成長株、10倍期待株

スペシャル対談
デヴィ夫人×本田健さん
逆境にめげずにチャンスを活かす!
「豊かな人生をつくるお金の使い方のヒント」

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[番外編]

【別冊付録】
●FXで勝つための自動売買入門


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報