超成長株投資で資産10倍計画!
2018年11月29日公開(2018年11月29日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
山本 潤

日産自動車(7201)の株価は直近15年は上昇せず。
就任後5年は救世主、その後は有利子負債が3倍に!
ゴーン退任で減配リスクも浮上!山本潤の超成長株投資の真髄 第4回

外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探しの第4弾。今回は、今最も世間を騒がせている日産自動車(7201)を分析します。

 

ゴーン経営で実は有利子負債は15年前の3倍に!

★★★☆☆(5段階中 3  5が最高評価)

 1999年に経営危機に陥った日産自動車(7201)にルノーから送り込まれたカルロス・ゴーン氏。その後の5年間は、まさに日産の救世主となってコストカットなどに努め、時価総額は2004年3月期には5兆円を超えていました。しかし、現在の時価総額は4兆円台に低迷しています。一方で、当時の有利子負債は2兆円台でしたが、現在の日産の有利子負債は7兆円台です。

 この15年間で、日産は有利子負債を3倍以上にしてしまったのです。そして、同期間の時価総額は上がるどころか、むしろ下がってしまったのです。つまり最初の5年は別にして、その後15年間のカルロス・ゴーン氏の経営は、株主から見ても、評価できるような内容ではありませんでした。

 たしかに、ゴーン氏は、20年前、日産の再生に立ち会いました。コストカッターとして、日本企業の系列のしがらみに囚われないで、購買先を次々と見直しました。部材単価を値切ることで、業績を向上させる手法をとりました。その大胆なコストカットの手腕は市場から高く評価されました。

 当時の市場がゴーン氏を持ち上げたのは、ゴーン氏が単なるコストカッターではないと感じさせたからです。そのときのゴーン氏は、「日産車のファンだ」と公言していました。往年の名車フェアレディZを復活させたことがありました。

 また、一旦、廃部を決めた野球部でしたが、就任後に都市対抗野球を見学に訪れたゴーン氏が社員の一体感に感激し、野球部廃部を取りやめるという決断をしたこともありました。(リーマンショックのときに結局廃部となります)

 当時の日産の社員は、「ゴーン氏が日産を愛している」と感じていたのです。だからこそ、ゴーン氏は組織の中で求心力を保つことができました。

社員の心がゴーン氏から離れたのか?

 時は流れ、会社が減益となっても、ゴーン氏は高額報酬を貰い続けました。会社の計画を達成できないときは部下のせいだ、ともとれる発言を度々してしまいます。

 社員たちの心は次第にゴーン氏から離れていきます。日産の組織は血流が止まったような悪い状態になってしまったのです。

 今回のゴーン氏の逮捕は、報酬の虚偽報告、会社資産の流用、私的な支出を会社経費とした、などとされています。社内の告発とはいえ、最後まで誰からも親身の進言がなかったことからゴーン氏は裸の王様であったのでしょう。絶対権力者だったゆえに、引き際を失った形になりました。今回の逮捕劇はあまりにも衝撃的な末路でした。

今後の日産は減配リスクあり

 ルノーや三菱自動車の経営も掌握していたゴーン氏が退くことで、この3社のアライアンスの方向性が揺れ戻る可能性があります。

 日産は独自色を出そうとするでしょう。日産技術陣は、技術ではルノーに負けていないと自負しているからです。ルノーからやや距離を置くことになれば、大株主のルノーの株式の将来の放出などのリスクが生じる可能性もあります。また、大株主の意向で配当を年々増やしていった経緯を考えると、今後、日産株には減配のリスクがあるのではないかと考えざるを得ません。配当を増やしていったのは、ゴーン氏自らが300万株を超える日産の株主であることや何十億円にものぼるとされる株価連動報酬のためだったのでしょうか。そう考えるのは勘ぐりすぎでしょうか。

 今後、日産は配当を維持できるほどの余裕があるのでしょうか。近年、自動車業界は、次世代技術の電気自動車、水素自動車などへの対応を求められる上、自動運転やカーシェアリング事業への足場を作る必要があります。借金を増やして配当を出している余裕がないのが実情です。社員に報いるためにまずは労働分配率をあげるのが先決です。今後の日産がフランス政府を向いた経営ならば配当を維持するでしょう。あるいは、日産がフランスではなくて日本政府を向いた対応をするならば、今後は配当よりも労働分配率向上の方向性でしょう。

 もちろん、労働分配率をあげて配当も維持するというのが次期経営者からの模範回答となるでしょうが、環境が許せば、の話です。

 自動車産業を取り巻く環境を考えると、来期以降、日産株の減配のリスクは相応にあると考えざるを得ません。

 

この連載は、10年で10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、会員専用ページでは今回の日産自動車(7201)のさらに詳しい分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。

日産自動車(7201)/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)

ザイ投資戦略メルマガ:成長株投資をはじめよう! メルマガ+オンライン株式サロン新登場

短期的な銘柄推奨メルマガとは違う、
資産を長期的に増やすためのノウハウと
具体的なポートフォリオを提示する株式サロン登場!

「超成長株投資の真髄」は、メールマガジンとオンライン株式サロンがセットになったいままでにない画期的なサービス!「10年で10倍の資産増を目指そう!」が合言葉。

日本株でも1年で株価が2倍になるような成長株はたくさんある。「超成長株投資の真髄」では、運用会社で日本株のファンドマネジャーを20年務めた山本潤氏が日本株の成長株発掘の方法について、実際の銘柄なども例に挙げながら具体的にレクチャー!
売り時、買い時もしっかり伝えてくれます。登録後10日間は無料なので、実際のメールマガジンの内容を無料で読むことも可能!

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します

山本潤の10年で10倍を目指す 超成長株投資の真髄 入会・購読はこちら

Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 じぶん銀行住宅ローンの金利が業界トップクラスの低金利!じぶん銀行住宅ローン https://diamond.jp/articles/-/120666?utm_source=z&utm_medium=rb&utm_campaign=id120666&utm_content=recCredit ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 株主優待名人・桐谷さんがおすすめする「株主優待」を大公開!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 新築マンションランキング