FP花輪陽子のシンガポール移住日記

シンガポール在住の外国人はどのような”お金のライフ
プラン”を立てている? リスクへの備え方の違いや
米国人や欧州人が好む金融商品の傾向をFPが解説!

【第47回】 2019年7月3日公開(2019年6月25日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

外国人の「ライフプラン」の考え方は日本人と大違い⁉
相談者は自分で「バランスシート」を作るのも当たり前

 シンガポール在住のファイナンシャル・プランナー、花輪陽子です。

 最近、シンガポールに住んでいるさまざまな国籍の方から、「ライフプラン」の相談を受ける機会が増えました。

 ライフプランとは、直訳すると「人生設計」ですが、ファイナンシャル・プランナーが担うのは、その中でもお金の部分。たとえば、理想的な人生を送るためにはどれくらいお金が必要で、そのお金をどうやって準備すればいいのか、などのアドバイスを行います。

 これまでに米国や欧州、中華系の人などから相談を受け、実際にアドバイスもしてきましたが、そのときに感じたのは「彼らの考え方は、日本人と根本的に違っている」ということでした。

 日本人の場合、ファイナンシャル・プランナーに相談する段階で、自分たちの資産の全体像を正確に把握できていて、将来どうしたいか、といったプランが明確な人はとても少ない印象です。

 たとえば、夫婦がお互いの貯蓄について把握していなかったり、加入している貯蓄型の保険の解約返戻金が、どれくらい戻るかわかっていなかったり……。将来についても、「老後も今の場所に住んでいるかはわからない。田舎に帰るかも」「夫婦で老人ホームに入居したい」など、漠然と考えている人はよくいますが、具体的な資金計画までは立てていない場合が大半です。

 それとは対照的に、私がアドバイスした外国人たちの大部分は、自分で「バランスシート」(資産と負債がどれくらいあるかを示すもの)を作成し、預金や株、債券、投資信託、不動産などの資産価値を時価で把握していました。

 また、「老後はこの国に住みたい」「医療サービスを受けるならこの国がいい」「金融サービスはこの国のものを利用したい」といったように、将来の計画をグローバルな視野で、具体的に考えている人も非常に多かったのです。

 彼らは、一様に「せっかく専門家に相談するのだから、ちゃんとした情報を出さないと正確なアドバイスがもらえず、もったいない」と考えているようです。日本人の相談者とライフプランに関して話すときには、「今後が不安で……どうしたらいいでしょうか?」などと、質問が漠然としていることがよくありました。これに対し、外国人たちは「外債を何本か買って、6~7%くらいの利回りを出すようにしたいが、どんなものを組み合わせればいいか」といった具合に、質問の内容も明確でした。

 もちろん、漠然とした不安があるだけで、何をどうしたらいいかわからない人、金融リテラシーにまったく自信がない人も、どんどんファイナンシャル・プランナーに相談していいのです。ただ、資産の全体像を明らかにすること、なるべく具体的な質問や要望を伝えることを意識したほうが、より的確なアドバイスを受けられるということは、頭の片隅に置いておくといいかもしれません。

国や勤務先に依存せず、リスクを常に視野に入れる
資産は最低でも2~3種類の通貨建てに分散する!

 そのほかに、外国人と日本人で大きく違うと感じたのが、「リスク意識」の高さです。日本では、いま年金不安が高まっていますが、そのわりに、まだまだ社会保障などへの依存心は強く、「国の危機に備えて、自分で資金準備をしておこう」という考えが希薄な人が目立ちます。

 また、「老後は退職金で何とか……」と考えている人もいるかもしれませんが、基本的に退職金の額面は固定されているわけではないので、勤務先の経営状況が悪化するリスクも考えて、自己防衛をしなければなりません。しかし、そこまで考えが及んでいない人も多いのです。

 これに対し、シンガポールで出会った外国人たちは「万一に備えて、いくつもの逃げ道を準備しておきたい」というのが、共通の見解です。その一環として、彼らは資産を複数の通貨で保有しています。日本だと、円建ての資産しか保有していない人が圧倒的多数ですが、シンガポールに住む外国人は、預金や金融商品を自分の母国の通貨とシンガポールドル、それに米ドルなどのメジャー通貨で保有している場合が多いのです。

 リスクヘッジとして複数の国の社会保険制度に加入し、それぞれの国から保障を受け取れるようにプランニングしている人も珍しくありません。このような体制にしておけば、どこかの国の通貨が暴落したり、社会保障の仕組みにほころびが生じたりしても、立ち直れないほどの大ダメージを受けるリスクを軽減できるからです。

 こうしたリスク意識の高さなどからわかるように、彼らは金融リテラシーがそれなりに高い人たちです。もっとも、すべての外国人がそうだというわけではなく、私が出会ったシンガポールに在住する、それなりに収入も資産も多い外国人がそうだった、という話なのですが、彼らのリスク意識の高さは、私たち日本人も見習うべきかもしれません。

米国人は株や投資信託を買っている人が多い
欧州の主要国では確定拠出年金や保険での運用が主流

 ここからは、シンガポール在住の外国人たちが、どのような資産を保有しているのか紹介しましょう。

 シンガポールに住んでいるという共通点はあっても、保有する資産の内訳は、国籍によって異なる傾向が見られます。私が出会った人のうち、米国人は株や投資信託に投資している人が多く、英国やフランス、ドイツなどの欧州の人は、保険や確定拠出年金などで老後に備えている人が多い印象でした。

 欧州の主要国の確定拠出年金は、日本の確定拠出年金と同様に、投資信託などを選択して自分で運用する仕組みです。前述のように、株や投資信託を買っている割合は、欧州の人より米国の人のほうが高いのですが、欧州の人は確定拠出年金を通じて投資信託を買っているようです。要するに、米国人も欧州人も、何らかの形でリスク資産を保有している割合が高く、この点が日本人と大きく異なると言えます。

 また、欧州でもシンガポールでも、香港でも、保険は貯蓄型のものが人気で、老後資金を作るためのツールとして、よく売れています。対照的に、日本では「保険はあくまで必要な保障を得るためのもので、保険料の安い“掛け捨て”型がベスト」という考え方が主流です。

 私が日本の掛け捨て型保険の話をすると、多くの外国人は「掛け捨てなんて、もったいない!」と、拒否反応を示します。ちなみに、彼らは賃貸の住宅に住むことも「もったいない」といいます。どうせお金を払うなら、住宅を購入して自分の資産にしたうえで、ローンを返済したほうがいい、という発想なのでしょう。

 私自身、日本にいたときは、掛け捨て型の保険がベストだと考えていました。しかし、今は必ずしもそうではないと感じています。貯蓄型で、しかも元本保証であれば、保障は確保した上で、払い込んだ保険料も回収できます。必要な保障を得られて、元本を上回る保険金が戻ってくるわけですから、損することはないのです。

 ただし、保険料は掛け捨て型よりも格段に高くなりますし、所定のタイミングよりも早く解約すると、通常は元本割れしてしまいます。その元本割れするか、しないかの損益分岐点に至るまでの期間が非常に長い点はネック。資金が長期間にわたって固定されてしまうわりに、利回りはあまりよくないので、資産運用をするなら保険以外の金融商品を検討したほうが、よっぽど資金効率が良いと見なされています。

 しかし、価値観は人それぞれです。たとえ資金効率はよくても、保険料を捨てることに抵抗感を覚えるなら、貯蓄型の保険を検討するのも悪いことではありません。以前の私なら、掛け捨てを渋る相手を説得しようと試みたかもしれませんが、資金的に余裕がある人であれば、あえて掛け捨てを選ばない選択もアリだ、と海外でライフプランの相談を受けることが増えるにつれて、考えるようになりました。

 さて、今回は外国人のライフプランの立て方について紹介しました。私が出会ったのは、海外経験が長く、資産形成の面でもエリートの人が多いのかもしれませんが、彼らに共通しているのは、地に足がついた人生設計をしていることです。日本で資産運用をする場合、シンガポールなどの海外とは環境が大きく異なりますが、たとえばリスク管理の考え方など、マネできるところは取り入れてみるといいかもしれません。

FP・花輪陽子さんの新刊が発売中!
『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社プラスα新書)
『図解でわかる!投資信託』

経済成長率3.5%で、定年退職は67歳。人口減少に影響されない社会保障制度が完備され、優秀な外国人労働者を優遇し、なおかつ教育環境も高水準な国・シンガポール。日本もお手本にしたい、少子高齢化でも老後不安がゼロのシンガポールが実行している合理的で賢い政策を、現地在住のファイナンシャルプランナーならではの視点で紹介! 

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2020年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

【2020年4月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード「オリコモール」活用で「Amazon」では還元率2%になるほか、各サイトで貯まるポイントも含めれば「楽天市場」では還元率2.5%「Yahoo!ショッピング」では還元率3.0%、サイトによっては還元率15%以上に達するなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら
 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10%

永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
関連記事
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!
◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

どうなる!?日本株
日経平均の新予測
株500激辛診断

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

どうなる!? 日本株

プロ68人に緊急アンケート!どうなる!?日本株
日経平均の新予測
楽観派VS悲観派の主張を比べてみよう
「SARS」vs「新型コロナ」相場の違いはどこ?
セクター別の打撃度チェック
DAIBOUCHOUさんWWW9945さんなど
億り人はこう動いた
新型コロナをモノともしない
「追い風」「克服」「ノーダメージ」の株を探せ!

人気の買っていい10万円株は99銘柄!
株500+Jリート14激辛診断
儲かる株の見つけ方
コロナショックの下落幅が小さい株
・来期も配当を増やす連続増配株
・いよいよスタート! 5G関連の株

2020年春のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート/人気株

●みんな持ってる人気20銘柄の通信簿
・最新決算&アナリスト予想でわかった
来期も絶好調な株28銘柄

今が買いチャンス? 米国株100銘柄
・米国株の5つの心配をプロが解答
・増配し続けているスゴイ株「10年増配株」
・知る人ぞ知るスゴイ成長株「オススメ10倍株」
コロナショックで上がる株

●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ

別冊付録
●来期業績を先回り!

上場全3761銘柄の最新理論株価

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報