ふるさと納税おすすめ特産品情報

「楽天ふるさと納税」は“ポイント還元率”がもっとも
高い最強の「ふるさと納税ポータルサイト」!「楽天
ふるさと納税」の特徴やメリット・デメリットを解説!

2019年11月23日公開(2019年11月22日更新)
ザイ・オンライン編集部
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
「ふるさと納税」を申し込めるサイトを比較

楽天ふるさと納税」は、“ポイント還元率”がもっとも高い最強の「ふるさと納税ポータルサイト」!

楽天ふるさと納税」のメリットや、おすすめポイントをわかりやすく解説!「楽天ふるさと納税」で「楽天スーパーポイント」をお得に獲得する方法や、掲載している自治体や返礼品の数とは?「ふるさとチョイス」や「ふるなび」「さとふる」など、他の「ふるさと納税ポータルサイト」と比較しても“ポイント還元率が断然お得”な「楽天ふるさと納税」の魅力を紹介!

ふるさと納税サイト「楽天ふるさと納税」は、どんなサイト?
楽天会員に圧倒的に支持され、情報量もユーザー数も多い!

 「楽天ふるさと納税」は、2015年7月にサービスが始まった「ふるさと納税ポータルサイト」。その名のとおり、運営しているのは「楽天」だ。

 「楽天ふるさと納税」のスタート当初の掲載自治体数は43と少なかったが、その後は着々と掲載自治体数を増やしており、スタートから4年が経った現時点(2019年11月16日、以下同)では、掲載している自治体数は795、返礼品数も9万3200件を超えており、老舗の「ふるなび」や「さとふる」を上回って、最大手の「ふるさとチョイス」に次ぐ規模に成長している。

 ◆楽天ふるさと納税
自治体数 お礼品の交換 寄付でもらえる
ポイントなど
返礼品のレビュー
795自治体 寄付ごとに交換 楽天スーパーポイント
【特徴や使い方】
楽天店舗とほぼ同等の扱い&サービスが魅力!
「楽天スーパーポイント」が寄付に充当できる&貯まる。「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適

 「楽天市場」や「楽天ブックス」などで買い物をするのと同じ感覚で「ふるさと納税」ができるだけでなく、「楽天ふるさと納税」でも「楽天スーパーポイント」が貯まるのは、他のポータルサイトにはない大きなメリットだ。

 ここからは、初心者でも簡単&お得に「ふるさと納税」ができる「楽天ふるさと納税」の特徴やメリットを詳しく見ていこう!

「ふるさと納税」で簡単に「楽天スーパーポイント」が貯まる!
ネットショッピング感覚で寄付できる点も魅力!

●寄付額に応じて「楽天スーパーポイント」が貯められて、「ふるさと納税ポータルサイト」の中でも“ポイント還元率”はダントツ!

楽天ふるさと納税

 「楽天ふるさと納税」の最大の特徴は、寄付をすると、寄付額に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まる点。「楽天市場」や「楽天ブックス」で買い物するときと同じように、「楽天ふるさと納税」でも「楽天スーパーポイント」を貯めることができ、最低でも寄付額の1%分を得することができる

 また、「楽天市場」で会員登録している場合、改めて「楽天ふるさと納税」に個人情報を登録する必要もないので、手軽に始められて便利だ(※楽天の会員にならなくても「楽天ふるさと納税」は利用できるが、「楽天スーパーポイント」は付与されないので、会員登録は必須)。

 「楽天ふるさと納税」のポイント還元率は、「楽天市場」と同じく通常は1%だが、「楽天市場」では「楽天スーパーセール」や「お買い物マラソン」など、ポイント還元率がアップするイベントを頻繁に開催している。また、「毎月5と0のつく日」はポイント5倍、楽天イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日は最大4倍になるキャンペーンや、「楽天カード」や「楽天証券」「楽天銀行」などを利用することでポイントが最大16倍になる「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を活用すると、「楽天ふるさと納税」で寄付した金額の5~20%超のポイント還元を簡単に受けられる
【※関連記事はこちら!】
楽天ポイントがお得に貯まる「3つの習慣」を伝授!楽天市場での買い物で常にポイント還元率を8%超にキープしておくための基本的で簡単な方法を大公開!

 そもそも「ふるさと納税」では、寄付金控除の下限が2000円と決められており、最低2000円は寄付者の自己負担となる仕組みだ。しかし、「楽天ふるさと納税」でポイント還元率が10%になるタイミングで2万円を寄付すると、2000円分の「楽天スーパーポイント」が還元される。つまり、「楽天ふるさと納税」なら、本来は自己負担しなければならない2000円すら返ってくる可能性が高いのだ。

 「ふるさと納税」するタイミングを考えるのが面倒と感じる人、「ふるさと納税」以外で楽天グループを使わないという人でも、最低2%分の還元は簡単に受けられる。というのも、「楽天ふるさと納税」に情報を掲載している自治体は、すべてクレジットカードで寄付ができるので、「楽天スーパーポイント」とクレジットカードのポイントをダブルで貯めることが可能だからだ。クレジットカードの種類は何でもOK(※対応する国際ブランドの種類は自治体ごとに異なる)だが、「楽天スーパーポイント」をよりお得に貯めたいなら、やはり「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」を利用するのがベストだ。
【※関連記事はこちら!】
⇒「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード&年会費無料カード部門)
定番中の定番「楽天カード」の実力を改めて検証!「楽天Edy」や「Rポイントカード」との併用、キャンペーンの活用でますますお得に使える!
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カードへの新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーン中!
楽天カード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!
楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード部門)
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら
楽天ゴールドカードへの新規入会&利用で
ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!
楽天ゴールドカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!

 「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」を使って「楽天ふるさと納税」で寄付をすると、「SPU」によってポイント還元率が3~5%になる。「楽天ふるさと納税」で「ふるさと納税」をするなら「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」を使うのがおすすめだ。

 ◆楽天ふるさと納税
自治体数 お礼品の交換 寄付でもらえる
ポイントなど
返礼品のレビュー
795自治体 寄付ごとに交換 楽天スーパーポイント
【特徴や使い方】
楽天店舗とほぼ同等の扱い&サービスが魅力!
「楽天スーパーポイント」が寄付に充当できる&貯まる。「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適

●「楽天スーパーポイント」で寄付することもできて節税効果が高い!

 「楽天ふるさと納税」では、「楽天スーパーポイント」が貯まるだけではなく、「楽天スーパーポイント」で寄付することができるのも大きなメリットだろう。「通常ポイント」はもちろん、キャンペーンで付与される「期間限定ポイント」も充当可能で、寄付額の全額でも一部でもポイントを使える。「楽天スーパーポイント」で寄付する際には、自動的に「期間限定ポイント」から消化されるため、特にポイントを指定する必要もない。

 「ふるさと納税」をすれば、所得税や住民税が控除されるので、「楽天スーパーポイント」で「ふるさと納税」をするということは、実質的には「楽天スーパーポイント」で納税しているのと同じことになる。つまり、「楽天ふるさと納税」を利用すれば、「ふるさと納税」をして返礼品をもらうことで節税できるだけでなく、「楽天スーパーポイント」使う&貯めることでも節税ができるのだ。

 ただし、「楽天スーパーポイント」は1回の支払い上限が3万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)、1カ月の利用上限が10万ポイント(ダイヤモンド会員は50万ポイント)となっているので注意しよう。

●炊飯器や掃除機など、電化製品の返礼品も選べる!

 「ふるさとチョイス」や「さとふる」など、大手の「ふるさと納税ポータルサイト」では「電化製品」の返礼品を掲載していないサイトもある。しかし、「楽天ふるさと納税」では炊飯器や掃除機、シーリングライトなどの「電化製品」の返礼品も掲載されていて選ぶことができる。

 現時点で、「電化製品」の返礼品を掲載している大手の「ふるさと納税ポータルサイト」は「ふるなび」と「楽天ふるさと納税」となっている。「電化製品」の返礼品は、肉やフルーツなどの食品の返礼品と比べて「賞味期限」や「保存スペース」を考えなくて済むので、年末にまとめて申し込む場合などには助かるはず。「電化製品」に興味があるなら「楽天ふるさと納税」や「ふるなび」を選んで寄付をしたほうがいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
「ふるさと納税で人気の「家電」ランキングを発表!「ふるなび」に掲載中の「電化製品」の返礼品の中から、みんなが選んだコスパ最強の「電化製品」はコレだ!

●「楽天市場」で買い物するのと同じステップで寄付ができ、返礼品のレビューやランキングも充実!

 「楽天ふるさと納税」は「楽天市場」の仕組みをベースに作られており、「楽天市場」で買い物するのと同じように「ふるさと納税」ができる。返礼品の紹介ページも「楽天市場」で使い慣れたページ構成で、在庫数が表示されていたり、評価が星の数で表され、レビューも見やすく表示されていたりと、ユーザーの利便性が考え抜かれた作りだ。「ふるさと納税」の初心者でも、「楽天ふるさと納税」ならネットショッピングをするのとほとんど変わらない感覚で、スムーズに手続きができるだろう。

 ちなみに、「楽天ふるさと納税」の評価やレビューの数は、ほかの「ふるさと納税ポータルサイト」よりも全体的に多く、人気の返礼品だと1000件以上もの評価・レビューが寄せられていて、返礼品や寄付先を選ぶ参考にもしやすい。

 加えて、返礼品や寄付先を選ぶ際に頼りになるのが「ランキング」だが、「楽天ふるさと納税」では「精肉・肉加工品」「魚介類・水産加工品」「フルーツ・果物」など、ジャンルごとに人気の返礼品のランキングを毎日更新している。各種ランキングと評価・レビューを活用すれば、満足度の高い返礼品を探し当てられる可能性が高いので、チェックしてみるといいだろう。
【※「楽天ふるさと納税」のランキングはこちら!】
【楽天ふるさと納税】「すべてのお礼の品」総合ランキング
【楽天ふるさと納税】「レビュー高評価のお礼の品」ランキング
【楽天ふるさと納税】「2019年の年間ランキング」トップ50

 ◆楽天ふるさと納税
自治体数 お礼品の交換 寄付でもらえる
ポイントなど
返礼品のレビュー
795自治体 寄付ごとに交換 楽天スーパーポイント
【特徴や使い方】
楽天店舗とほぼ同等の扱い&サービスが魅力!
「楽天スーパーポイント」が寄付に充当できる&貯まる。「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適

「楽天ふるさと納税」のデメリット・弱点は?

 ここからは、「楽天ふるさと納税」のデメリット・弱点も見ていこう。

●「楽天」の会員以外には恩恵がない

 前述のように、「楽天ふるさと納税」は「楽天スーパーポイント」を貯められる点が最大のメリット。逆に言うと、「楽天スーパーポイント」を貯める気がないなら「楽天ふるさと納税」を使うメリットはほとんどない。「楽天」よりも「Amazon」を使うことが多い人なら、寄付額の1~4%分の「Amazonギフト券」がもらえる「ふるなび」のほうがお得に感じるだろうし、ポイントを貯めるよりもたくさんの自治体や返礼品から選びたい場合は「ふるさとチョイス」のほうがおすすめだ。
【※「ふるなび」の記事はこちら!】
⇒「ふるなび」の特徴やメリット・デメリットを解説!寄付額の1~4%のAmazonギフト券がもらえるほか、「電化製品」の返礼品の充実度は圧倒的でお得感あり
【※「ふるさとチョイス」の記事はこちら!】
⇒「ふるさとチョイス」は、利用率や返礼品の掲載数がNo.1の“ふるさと納税”最強サイト!「ふるさとチョイス」のおすすめポイントやメリット・デメリットを解説

ふるさとチョイス
掲載方針 自治体数 お礼品の交換 寄付でもらえる
ポイントなど
返礼品のレビュー
全網羅 約1400自治体
※寄付の受付を行なっている数
寄付ごとに交換
/ポイントと交換
【ふるさとチョイスの特徴や使い方】
情報量が圧倒的!まずはここで検索を
サイト経由で申し込みできるかに限らず、全自治体の情報を掲載する方針。他社を圧倒する情報量を誇る。欲しいものが決まっているならここで比較検討がおすすめだ。しかも、ふるさとチョイス限定のお得な返礼品を用意している自治体もあるので、できるだけチェックしておこう。ただし漠然と「牛肉」などと検索すると、結果があふれすぎて選べないので、ある程度、希望ははっきりさせるのがおすすめ
【関連記事】
「ふるさとチョイス」は、利用率や返礼品の掲載数がNo.1の“ふるさと納税”最強サイト!「ふるさとチョイス」のおすすめポイントやメリット・デメリットを解説
◆もらえる「Amazonギフト券」が最大4%に増量するキャンペーンを実施中!
ふるなび
掲載方針 自治体数 お礼品の交換 寄付でもらえる
ポイントなど
返礼品のレビュー
契約自治体のみ 214自治体 寄付ごとに交換
/ポイントと交換
Amazonギフト券
【ふるなびの特徴や使い方】
寄付金額の最大4%分のAmazonギフト券がもらえるサービスが魅力的
クレジットカードで決済すれば、寄付金額の1%分の「Amazonギフト券」がもらえるのが魅力! さらに今なら、もらえる「Amazonギフト券」が最大4%に増量するお得なキャンペーンを実施中! また、他のサイトでは掲載していない「電化製品」や「金券」の返礼品も掲載しているので、寄付額が多い人にはおすすめの“ふるさと納税サイト”と言える。
【関連記事】
「ふるなび」の特徴やメリット・デメリットを解説!寄付額の1~4%のAmazonギフト券がもらえるほか、「電化製品」の返礼品の充実度は圧倒的でお得感あり
「ふるさと納税」の返礼品の人気ランキングを発表!2019年11月に「ふるなび」に掲載している返礼品の中から、「総合人気ランキング」のベスト10を公開!

●寄付者本人の「楽天会員ID」で「ふるさと納税」をする必要がある

 「楽天ふるさと納税」は、「楽天市場」で利用している「楽天会員ID」と紐付けられている。そのため、楽天会員IDを持っていない妻のために、夫が自分の「楽天会員ID」で「ふるさと納税」をすることはできない。必ず、寄付する本人の「楽天会員ID」を使わなければならず、IDを持っていないなら「楽天会員」に登録する必要があるので注意しよう。

「楽天ふるさと納税」はとにかくポイントがガンガン貯まる!
お得度は「ふるさと納税ポータルサイト」の中でもダントツ!

 さて、ここまで「楽天ふるさと納税」の特徴、メリット・デメリットを紹介してきた。

 繰り返しになるが、「楽天ふるさと納税」は「楽天スーパーポイント」が簡単に貯まり、しかも貯まった「楽天スーパーポイント」で寄付することもできるため、楽天会員には非常に使い勝手がいい「ふるさと納税ポータルサイト」だ。

 「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」を活用するほか、年4回の「楽天スーパーセール」や、ほぼ毎月開催されている「お買い物マラソン」、「毎月5と0のつく日」、楽天イーグルスやヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝利した翌日など、ポイントアップするタイミングを見計らって「ふるさと納税」をすればポイント還元率は5~20%超にすることができ、「ふるさと納税ポータルサイト」の中でもお得度はもっとも高くなるはず。事前に「ふるさと納税」の寄付先を検討しておいて、ポイントアップキャンペーンを逃さないようにするのがおすすめだ。

 ネットショッピング感覚で気軽に利用できて、ポイント還元率が圧倒的に高くて得する「楽天ふるさと納税」で「ふるさと納税」を始めよう!

 ◆楽天ふるさと納税
自治体数 お礼品の交換 寄付でもらえる
ポイントなど
返礼品のレビュー
795自治体 寄付ごとに交換 楽天スーパーポイント
【特徴や使い方】
楽天店舗とほぼ同等の扱い&サービスが魅力!
「楽天スーパーポイント」が寄付に充当できる&貯まる。「楽天市場」店舗と同等の扱いなので、スーパーセール時など、買い回り先の1店としてカウントされるのも魅力。「楽天市場」の仕組みをベースにしたサイトなので、在庫数や発送状況の確認、発送先指定などサービスが通販レベルで快適
楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場や楽天ブックス利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場・楽天ブックス利用時に獲得できる+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード&年会費無料カード部門)
定番中の定番「楽天カード」の実力を改めて検証!「楽天Edy」や「Rポイントカード」との併用、キャンペーンの活用でますますお得に使える!
楽天カード公式サイトはこちら
楽天カードへの新規入会&利用でポイントがもらえるキャンペーン中!
楽天カード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!
楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(メインカード部門)
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら
楽天ゴールドカードへの新規入会&利用で
ポイントがもらえるキャンペーンを実施中!
楽天ゴールドカード入会で楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーン実施中!
ふるさと納税 お得なランキング【お米編】
ふるさと納税 お得なランキング【鶏肉編】
ふるさと納税 お得なランキング【うなぎ編】
ふるさと納税 お得なランキング【家電編】
ふるさと納税 お得なランキング【ビール編】
ふるさと納税 お得なランキング【みかん編】
ふるさと納税 お得なランキング【牛肉編】
ふるさと納税 お得なランキング【カニ編】
ふるさと納税 お得なランキング【商品券(金券)】
ふるさと納税 お得なランキング【豚編】
ふるさと納税 お得なランキング【ステーキ編】
ふるさと納税おすすめ情報トップページへ
還元率で選ぶ!高還元クレジットカードおすすめランキング!
マイルで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!
年会費無料で選ぶ!高還元率クレジットカードおすすめランキング!
人気ランキングで選ぶ!クレジットカードおすすめランキング!

【2019年12月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 近江八幡市のふるさと納税はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

連続増配株&高配当株
年金世代1万人大調査
IPO株 トレード術

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

増配株&高配当株であんしん老後

何歳からでも始められる
増配株&高配当株であんしん老後
[Prologue]目指せ! じぶん年金づくり
[投資先1]日本の高配当株43銘柄
●高利回り株●連続増配株●10年配当株
[投資先2]Jリート5銘柄
[投資先3]米国の高配当株20銘柄
[投資先4]毎月分配型投信13銘柄

仕組み化するだけ!IPO申込み&売買ワザ
儲け方[1]上場前の株の当選を目指す
儲け方[2]上場後の株の再上昇を取る
10倍期待の株は64銘柄!
2018年~2019年上場の全151銘柄の買売を分析

年金生活のリアル
金持ち老後と貧乏老後の差を徹底解剖!

年末までラストスパート
駆け込み!ふるさと納税72
上限額や災害支援のことなどふるさと納税のキホン
カニ・おせち・温泉など冬の3大返礼品!
おいしいものだけ!返礼品別カタログ

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ

【別冊付録】
毎月配当カレンダー2020年1月⇒12月

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報