Photo:Stringer/gettyimages

中国の武漢市から感染が拡大している新型肺炎。世界経済は消費地として、そして生産拠点としても中国に依存してきた。あらゆる製品のサプライチェーンには、中国が深く複雑に組み込まれている。その中国の経済が新型肺炎で停滞した今、日本や世界の経済にどのような影響が出るのか。緊急特集「新型肺炎クライシス」では、肺炎の影響が続くとされる3月ごろまで、ダイヤモンド編集部が総力をあげて取材し、最前線をレポートする。

2月13日(木)配信
ウイルスより怖い!中国国内の厳しすぎる移動制限、外出「5日に1回」も

新型肺炎クライシス_中国国内の外出制限
Photo:Bloomberg/gettyimages

 新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)の感染拡大を受け、外務省は12日、中国への渡航延期や現地在留邦人の一時帰国を求めるスポット情報を出した。ここで感染リスクと合わせ、外務省が注意を促しているのが「人の移動に対する厳しい規制」だ。感染拡大抑止を狙って全国各地で繰り広げられる移動制限。その激しさは、生活を営む上でもはやウイルス以上の脅威となっている。

>>記事はこちら

2月12日(水)配信
新型肺炎による中国企業の契約不履行が「免責」に、日本企業にも影響

新型肺炎クライシス_不可抗力宣言
Photo:Qilai Shen/gettyimages

 中国で2月に入り、企業が取引契約に違反した際の免責を求める「不可抗力宣言」の動きが広がっている。新型肺炎で休業したメーカーが取引先に対し、「不測の事態で製品を供給できない」と免責を主張するのが主なパターン。政府系団体は不可抗力事態を裏付けする証明書を積極的に発行しており、国際貿易における「徳政令」の様相だ。外資企業が当事者となるケースもあり、日本企業も警戒が必要だ。

>>記事はこちら

2月10日(月)配信
中国ビジネスは春節休暇後も「仮死状態」、日本企業の事務外注に影響も

日本企業の事務外注に影響も
Photo:Kevin Frayer/gettyimages

 新型肺炎がアウトブレーク中の中国。多くの地域でやっと旧正月休暇が明けたが、企業活動は著しく停滞したままの「仮死状態」である。感染防止措置がビジネスの足かせとなっているのだ。現地のビジネス最前線から声を集めた。

>>記事はこちら

2月8日(土)配信
新型肺炎で「LNG歴史的超安値」に日本の電力・ガス会社がおびえる理由

日本電力・ガス会社がおびえる理由
Photo:Cameron Davidson/gettyimages

 中国の新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)の影響が、液化天然ガス(LNG)市場に及びつつある。新型肺炎がアウトブレークする中、LNGのスポット価格は歴史的な超安値を記録している。背景には、中国のエネルギー業界がLNG調達を急速に絞っていることがある。この影響は、日本の電力・ガス業界を含む世界のエネルギー市場を揺るがしかねない。

>>記事はこちら

2月7日(金)配信
新型肺炎は経済にどこまで影響するか、アナリスト4人の見立て

Photo:Kevin Frayer/gettyimages

 中国の湖北省武漢から始まった、新型コロナウイルスによる肺炎のアウトブレイク。事態は沈静化するどころか、経済への打撃が日に日に顕著になっている。マクロ経済、商品市場、株価、金利・為替について、それぞれの専門家が説明する。

>>記事はこちら

2月6日(木)配信
中国発・新型肺炎に世界経済震撼、ソニーやユニクロに早くも影響

Photo:Kevin Rrayer/gettyimges

 中国の湖北省武漢市から始まった、新型コロナウイルスによる肺炎のアウトブレーク。事態は沈静化するどころか、経済への打撃が日に日に顕著になっている。

>>記事はこちら

2月4日(火)配信
【スクープ】ソニーが新型肺炎受け緊急体制、非常時計画発動で部品企業を調査

Photo:NurPhoto:gettyimages

 中国の新型肺炎の問題を受け、ソニーは2月4日までに事業継続計画(BCP)を発動させたことが、ダイヤモンド編集部の取材で分かった。ソニーが取引している部品などのサプライヤー(供給企業)は多くが中国に生産拠点を持っており、これらの企業の事業状況を確認するなど、緊急対応を急いでいる。

>>記事はこちら

1月31日(金)配信
新型肺炎で中国の経済活動は3月まで停滞の可能性

Photo:SOPA Images/gettyimages

 中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎(新型肺炎)が、2020年の世界経済において大きな下振れリスクとなる可能性が高まってきた。世界保健機関(WHO)は30日、緊急事態を宣言。日本や米国など主要国は中国への渡航制限に乗り出している。中国の政府系シンクタンクは、楽観シナリオでも3月末まで事態が収束しないという見解を示している。

>>記事はこちら

1月30日(木)配信
新型肺炎、中国経済への影響度がSARS流行時とは決定的に異なる理由

Photo:Kevin Frayer/gettyimages

 旧正月休暇が明けて再開した香港株式市場は1月29日、中国本土の主要銘柄が全面安となった。中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が、経済展望に大きな影を落としている。中国の消費力に頼った経済成長は、これから逆回転する恐れがある。

>>記事はこちら

Key Visual designed by Noriyo Shinoda