投資信託おすすめ比較[2020年]

【第1弾】なぜ世界の株式市場が上昇しても、危険な毎月分配型ファンドがたくさんあるのか?

2013年4月1日公開(2017年10月27日更新)
深野 康彦
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

株価が上昇しても“毎月分配型投信”は安心できない

 昨年11月から株式市場は上昇が続き、投資信託も軒並み基準価額が上昇しています。現在はホクホク顔の投資家がほとんどでしょう。

 ただ、その直前まで毎月分配型投資信託(以下、毎月分配型)の世界では、毎月の分配金を減額する動きが相次ぎました。その多くが投資家から多額の資金を集めているファンドでした。

 毎月分配型は、投資家に分配金を毎月支払う金融商品。大体1万円分買うと数十円から高いものだと300円ほどの分配金が毎月もらえます。そのため、退職金をもらった方が数百万円分をまとめて購入し、毎月数万円の分配金を受け取るというパターンが多いのです。

 毎月分配型の商品性の是非についてはここでは触れませんが、私が今回、投資家のみなさんにぜひお伝えしたいのが「株価は上昇したが、危ない毎月分配型はまだまだたくさんある」ということです。

「分配金が減額」になったらかなりヤバい

 では、何が問題なのでしょうか?

 毎月分配型は投資家のみなさんから資金を集め、それらを運用することにより収入を得て、その収入から分配金を支払うようになっています。

 しかし、これは建前(理想?)であり、実際には毎月の分配金を支払うために、投資家のみなさんから集めた資金を削って支払っていることもあります。いわゆる「タコ足」(タコが自分の足を食べる)というやつです。

 ただ、パッと見では「タコ足」はわからないため、高い分配金を支払っている毎月分配型が人気を集めている状況が続いてきました。

 しかし、タコ足にも限界があります。そうなると分配金を減額せざるを得ず、そういった状況が昨年の秋頃から顕在化し始めたのです。

2つの視点で健全か否かがわかる

 今回私は、毎月分配型が健全か否かを判断するため、2つの尺度を考えました。「分配金健全性」「分配金余力」がそれです。

 「分配金健全性」は、そのファンドの毎月の分配金が毎月の収入できちんと賄われているか、を表します。家計に例えると、毎月の収入が20万円なのに30万円の支出をしていないか、ということです。

 「分配金余力」は、現在の分配金をあとどれぐらいの期間、支払うことができるか、を表します。前出の家計に当てはめると貯金が200万円ある場合、毎月10万円の赤字でも20カ月(2年弱)は現在の生活が続けられる、ということになります。

 毎月分配型のそれぞれの数字も“収入”→当期の収益”支出”→分配金“貯金”→翌期繰越分配対象額、という用語で、投資家の誰もが見ることのできる箇所に発表されているため、カンタンに「分配金健全性」と「分配金余力」がわかるのです。算出には5分もかかりません。

売れている毎月分配型投信は健全なのか?

 このたび、私は全国の毎月分配型投信を保有している、またはこれから購入しようと考えている投資家のみなさんに上記の2つの視点をぜひ知っていただきたいと思い、『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』を書きました。

 「分配金健全性」と「分配金余力」の算出の仕方について詳しく書いているのはもちろんですが、投資家から資金をたくさん集めているファンド21本、グロソブなどについても分析と評価をしています。また、「分配金健全性」と「分配金余力」から見たおススメのファンド8つも掲載しています。

人気のある、売れている毎月分配型投信でも安心はできない。(『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』106-107ページより抜粋) )

 正直、オススメのファンドは派手な宣伝もなく、資金もそれほどたくさん集まっていません。金融商品では保険などでもそうですが、良い商品は概して日の当たらない場所にあるものです。

 繰り返しになりますが、株価が上がり、投資信託の基準価額も上がっている現在だからこそ、問題が先送りされているといえます。ファンドの中身はすぐに良くはなりません。ただ、現在は良いファンドに乗り換えるいいタイミングです。

 毎月分配型投信を保有している方は、「分配金健全性」と「分配金余力」を算出し、もし“ヤバいファンド”とわかったなら、良いファンドへの乗り換えをいますぐにでもすべきでしょう。

それほど人気のない商品でも、健全性が高いものも少なくない(『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』180-181ページより)

本書で「分配金健全性」と「分配金余力」を評価しているのは純資産総額の上位80本(2012年11月時点)。上位21ファンドについては詳細な分析と評価を記載しています。

<純資産総額の上位80本>(2012年11月末現在>
【1】グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)
【2】短期豪ドル債オープン(毎月分配型)
【3】ハイグレード・オセアニア・ボンド(毎月分配型)<杏の実>
【4】フィデリティ・USリートB(為替ヘッジなし)
【5】新光US-REITオープン<ゼウス>
【6】ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)
【7】ダイワ米国リート・ファンド(毎月分配型)
【8】野村グローバル・ハイ・イールド債券投信資源国通貨コース(毎月分配型)
【9】三菱UFJ 新興国債券ファンド通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>(毎月分配型)
【10】ラサール・グローバルREIT(毎月分配型)
【11】ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド(毎月分配)
【12】ダイワ・US-REIT・オープン(毎月決算型)Bコース(為替ヘッジなし)
【13】フィデリティ・USハイ・イールド・ファンド
【14】財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)毎月分配型
【15】DIAM高格付インカム・オープン(毎月決算コース)<ハッピークローバー>
【16】ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)
【17】野村米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)豪ドルコース(毎月分配型)
【18】ワールド・リート・オープン(毎月決算型)
【19】野村豪ドル債オープン・プレミアム(毎月分配型)
【20】野村米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)ブラジルレアルコース(毎月分配型)
【21】ダイワ・グローバル債券ファンド(毎月分配型)
【22】エマージング・ボンド・ファンド・レアルコース(毎月分配型)
【23】高金利先進国債券オープン(毎月分配型)<月桂樹>
【24】ダイワ日本国債ファンド(毎月分配型)
【25】SMBC・日興ニューワールド債券ファンド(ブラジルレアル)
【26】アジア・オセアニア好配当成長株オープン(毎月分配型)
【27】LM・ブラジル国債ファンド(毎月分配型)
【28】UBSオーストラリア債券オープン(毎月分配型)
【29】みずほ豪ドル債券ファンド<コアラの森>
【30】三菱UFJグローバル・ボンドオープン(毎月決算型)<花こよみ>
【31】LM・オーストラリア毎月分配型ファンド
【32】DIAM世界リートインデックスファンド(毎月分配型)
【33】ピムコハイ・インカム毎月分配型ファンド
【34】オーストラリア公社債ファンド<オージーボンド>
【35】三井住友・豪ドル債ファンド
【36】三菱UFJ豪ドル債券インカムオープン<夢実月>
【37】野村グローバルREITプレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型)
【38】ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)<世界の街並み>
【39】新興国債券ファンド通貨選択シリーズ<豪ドルコース>(毎月分配型)
【40】ニッセイ日本インカムオープン<Jボンド>
【41】日興アッシュモア新興国財産3分法ファンド毎月分配型(ブラジルレアルコース)
【42】MHAM豪ドル債券ファンド(毎月決算型)
【43】三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型)
【44】新光ブラジル債券ファンド
【45】エマージング・ボンド・ファンド・豪ドルコース(毎月分配型)
【46】野村新興国債券投信Aコース(毎月分配型)
【47】DIAMワールド・リート・インカム・オープン(毎月決算コース)<世界家主倶楽部>
【48】三井住友・グローバル・リート・オープン<世界の大家さん>
【49】PIMCO 米国ハイイールド債券 通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)<ハイイールドプラス(ブラジル・レアルコース)>
【50】エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)為替ヘッジあり
【51】野村新米国ハイ・イールド債券投信(通貨選択型)ブラジルレアルコース(毎月分配型)
【52】日興五大陸債券ファンド(毎月分配型)
【53】DIAM新興国ソブリン通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>
【54】ダイワ・ブラジル・レアル債オープン(毎月分配型)
【55】J-REIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)
【56】BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド<ウィンドミル>
【57】日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(トルコリラコース)
【58】ワールド・ソブリンインカム<十二単衣>
【59】豪ドル毎月分配型ファンド
【60】野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(通貨選択型)ブラジルレアルコース(毎月分配型)
【61】ピムコ・グローバル・ハイイールド・ファンド(毎月分配型)
【62】世界銀行債券ファンド(毎月分配型)<ワールドサポーター>
【63】グローバル好配当株オープン
【64】PIMCO ニューワールド円インカムファンド
【65】資源ファンド(株式と通貨)ブラジルレアル・コース
【66】野村グローバル高配当株プレミアム(通貨選択型)通貨セレクトコース(毎月分配型)
【67】HSBC ブラジル債券オープン(毎月決算型)
【68】アムンディ・りそな米国ハイ・イールド債券ファンド(ブラジルレアルコース)
【69】ニッセイ高金利国債券ファンド<スリーポイント>
【70】米国ハイイールド債券ファンド レアルコース
【71】欧州ハイ・イールド・ボンド・ファンド(豪ドルコース)
【72】UBS世界公共インフラ債券投信(通貨選択型)円コース(毎月分配型)
【73】りそな・世界資産分散ファンド<ブンさん>
【74】世界のサイフ
【75】ゴールドマン・サックス毎月分配債券ファンド<妖精物語>
【76】エマージング・ハイ・イールド・ボンド・ブラジルレアルコース
【77】UBS世界公共インフラ債券投信(通貨選択型)豪ドルコース(毎月分配型)
【78】みずほUSハイイールドオープンBコース為替(ヘッジなし)
【79】GS ハイ・イールド・ボンド・ファンド
【80】PIMCO ニューワールドインカムファンド<豪ドルコース>(毎月分配型)

*おすすめの毎月分配型投資信託8本は本書をご覧ください!


◎Profile
深野康彦(ふかのやすひこ)
有限会社ファイナンシャルリサーチ代表。クレジット会社を経て、1989年4月に独立系FP会社を経て独立。現在のファイナンシャルリサーチ(2006年設立)は2社目の起業。著書に『これから生きていくために必要なお金の話をしよう!』(ダイヤモンド社)など多数。

『あなたの毎月分配型投資信託が危ない!』

毎月分配型投信の良し悪しは「分配金健全性」と「分配金余力」の2つでわかる!シンプルな計算式と算出の仕方を本邦初公開します。また、人気上位20ファンドも詳細に分析。著者おススメの8ファンドも掲載しています。
 

第1章 あなたの持っている毎月分配型投資信託は安全か? 
第2章 「こんな時はどうすればいい?」 7つのケーススタディ
第3章 投資家に人気の上位21ファンドを徹底分析&チェック!
第4章 毎月分配型投資信託の選び方・買い方の7カ条
第5章 知っておきたい毎月分配型投資信託のキホンの「き」
第6章 おススメできる健全な毎月分配型投資信託はこの8本!
巻末資料 純資産総額上位80ファンドの格付けを一挙公開

 

★Amazonでのお求めはコチラをクリック!(Amazonに再入荷しました!)
◆楽天ブックスでのお求めはコチラをクリック!(楽天に再入荷しました!)

  

【ピックアップ記事!】
【2020年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?
つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの証券会社はココだ! 手数料や投資信託の取扱数などで比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?
インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【2020年7月1日時点】
◆【証券会社比較】投資信託取り扱い数 最新ランキング

順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード
(手数料無料)
積立対応
1位 ◆SBI証券⇒詳細情報ページへ
2641本 2641本 2512本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の販売手数料はすべて無料! 投資信託本数の取扱本数はネット証券でトップクラス! 投資信託専用のスマホサイトが新設され、取引や検索、ランキングなどがスマホから閲覧しやすくなった。また、スマホアプリ「かんたん積立 アプリ」を利用すれば、投資信託をスマホで管理可能。また、投資信託の月間平均保有額に応じてTポイントが貯まる「投信マイレージサービス」もメリット。保有額が1000万円以上なら獲得ポイントが2倍になるので、投資信託が本格的に資産形成を考えている人には、かなりお得だ。買付&積立が100円以上1円単位に引き下げられ、初心者でも気軽に始めやすくなった。2019年7月から「Tポイント」で投信の買付が可能に。SBI証券の取引でもTポイントが貯められる。最近では、低コストなiDeCo(個人型確定拠出年金)にも力を入れており、無条件で運営管理手数料を無料にしている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・SBI証券の公式サイトはこちら
3位 ◆松井証券⇒詳細情報ページへ
1254本 1254本 996本 100円
【特徴・メリット】
2016年11月に投資信託の販売をスタートしてから、取り扱い本数が急速に増えており、現在はランキング3位まで上昇。すべての投資信託の販売手数料が無料なのも大きなメリットだ。さらに2020年4月から、信託報酬のうち販売会社(松井証券)が受け取る分の上限を0.3%にして、上回る部分は現金またはポイントで還元する「投信毎月現金還元サービス」を開始。こうした徹底的なコストカットにより割安なサービスを提供している。2019年6月から投信ページリニューアル。人気の投信や好成績の投信がすぐにわかる各種ランキング装備、スマホでの見やすさ、直接発注など機能が向上した。さらに、投資信託の組み合わせに頭を悩ませる人のために「投信工房」「投信提案ロボ」「投信見直しロボ」という3つの高機能ロボアドバイザーを用意。無料のロボアドバイザーとしては、どれも非常に高い機能を備えている。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・松井証券の公式サイトはこちら
4位 ◆auカブコム証券(旧:カブドットコム証券)⇒詳細情報ページへ
1185本 1185本 1128本 100円
【特徴・メリット】
2020年1月14日から投資信託の販売手数料がすべて無料に! 手数料無料のノーロード投信が多いのもメリット。信託報酬控除前のトータルリターンが見られるので、実態に合った取引コストや運用パフォーマンスがわかるのも魅力だ。「プレミアム積立」は100円から可能。ロボットによる投資信託のポートフォリオシミュレーションサービスアプリ「FUND ME™」(Androidアプリ、iPhoneアプリ)リリース。積立の銘柄選びに役立つ「セレクション」は、ジャンルごとの代表的な銘柄が複数紹介されている。ファンド探しはランキングやファンド検索から。月間保有金額100万円で1ポイントがもらえる「毎月ポイント」は、100ポイントで1万円の現金プレゼント。保有額が3000万円以上ならポイントが2倍になる。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・カブドットコム証券の公式サイトはこちら
順位 投資信託本数 ※1 最低積立金額
全体 ノーロード 積立対応
5位 ◆マネックス証券⇒詳細情報ページへ
1172本 1172本 1098本 100円
【特徴・メリット】
投資信託の購入時手数料はすべて無料! もちろん、NISA口座での取引や「投信つみたて」による購入も手数料0円だ。積立設定は、毎月積立に加え、100円から毎日積立も選べる。ファンド探しは、「ファンド検索」に加え、3つの質問に答えるだけ探す方法もある。ファンド選びに迷ったらマネックス証券おすすめ「セレクトファンド」あり。ポートフォリオの分析・リターン予測・アドバイスなどの機能がある「MONEX VISION β」が便利だ。また、自分の状況に合った投信選びを手助けする「投信ポートフォリオ診断」もある。ロボアドバイザーサービスは、1000円から始められる投資一任型の「ON COMPASS」と、5万円から始めて国内ETFのみで運用を行う低コストなアドバイス型「Monex Advisor」がある。なお、投資信託を買うと、申込手数料の1.5%分に加え、毎月「平均残高×0.08%×1/12」分のマネックスポイントをプレゼント! 
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・マネックス証券の公式サイトはこちら
5位 ◆野村證券⇒詳細情報ページへ
1063本 45本 595本 1000円
【特徴・メリット】
国内最大手の証券会社なので、安心感は抜群! お気に入りファンドを10銘柄×5グループに分類して登録し、まとめて値動きなどをチェックできる。また、大手証券会社だけあって、投資情報や銘柄分析レポートが豊富で、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。投資信託業界の潮流や変化、最近の投資戦略、トレンドといった最新情報が満載の投資信託情報誌「Nomura Fund21」も隔月で発行している。インターネット取引用の口座「野村ネット&コール」は、店頭での窓口取引にくらべて売買手数料が大幅にお得。さらに、IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。
【証券会社比較】投資信託 取扱い最新ランキング・野村證券の公式サイトはこちら
 ※手数料などの情報は定期的に見直しを行っていますが、更新の関係で最新の情報と異なる場合があります。最新情報は各証券会社の公式サイトをご確認ください。※1 投資信託本数は、各証券会社の投資信託サーチ機能をもとに計測しており、実際の購入可能本数と異なる場合があります。

ダイヤモンドZAi 2020年8月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SBI証券の公式サイトはこちら! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード SBI証券の公式サイトはこちら! ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! LINE証券で口座開設+クイズに正解すれば無料で3株ゲット! 資金ゼロで株主になれる! 初株チャンスキャンペーン実施中! LINE証券の詳細はこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
急落で勝てるワザ
儲かる株の見つけ方

8月号6月19日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!


[人気株&米国株の激辛診断]

2020年夏版
人気の株500+Jリート14の激辛診断
ザイ独自の業績予想にも注目!!

儲かる株の見つけ方
・[1]旬の3大テーマから見つける!
今期会社予想が増収増益の株
コロナ対策が追い風の株
逆境の中でも高値で年初来高値の株
・[2]5大ランキング[3]セクター別
●2020年夏のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
大型株371銘柄/新興株銘柄/Jリート10銘柄

●初心者から上級者まで急落で勝てるワザ38
・【Prologue】もはやバブル!?
第2のショックに備えろ!

・【Part1】
普段から守るべき基本ワザ16
・【Part2】トレンドを察知するチャートワザ・10
・【Part3】損失を小さくするヘッジワザ12

●新型コロナで割安度が一変!
上場全3772銘柄の最新理論株価

●アフターコロナで勝てるのは?
2020年夏版・人気米国株100激辛診断
・NASDAQ高成長株35

ネットフリックスやマイクロソフトが買い!
・NYSE国際優良株65
コカ・コーラやP&Gが買い!

成功サラリーマンに聞く「投信積立」Q&A
・ー最初の3ステップ!設定マニュアル付き

●自腹でガチンコ投資!
AKB48株ガチバトルサード・シーズン
「オイシイ株はまだ残ってますか?」編
●株入門マンガ恋する株式相場!
VOL.46 「コロナの勝ち組企業を探せ」
●マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「子どもが激怒!?甘いシニア婚の甘くない現実」
●月イチで健全度&利回りの変化をチェック!
人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ

【別冊付録】
もしもでも役立つふるさと納税
・コロナで闘う人たちにエール
・防災グッズ
・少額返礼品

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読サービスセンターの営業時間について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報