クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]
2019年6月30日 ポイ探ニュース

Visaプラチナカードの特典「Visaプラチナトラベル」
のメリットを解説! お得な割引特典を使えるうえに、
予約困難な人気ホテル・旅館の予約が取りやすくなる!

箱根湯本温泉

 クレジットカードには国際ブランドがある。たとえば「Visa」「Mastercard」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナースクラブ」「銀聯(ぎんれん)」などだ。

国際ブランドのロゴ

 海外での利用も考えてVisaやMastercardを選択したり、東京ディズニーリゾートを貸切状態で楽しめる「JCBマジカル」に応募するためにJCBを選択したりなど、それぞれ理由があって国際ブランドを選んでいる人もいるだろう。
【※関連記事はこちら!】
「JCBマジカル2018」に行ってきた! 当選すれば、混雑必至のクリスマス時期の東京ディズニーランドを貸切状態で楽しめ、買い物で非売品グッズももらえる

 一方、国際ブランドはどれを選んでも同じだと考えて、たとえば、知人や自分がすでに持っているクレジットカードの国際ブランドがVisaなので、新しく申し込むクレジットカードはJCBにしてみたり、逆にVisaで統一したりと、あまり気にせずに国際ブランドを決めている人も多いのではないか。

 たしかに、その考えはある意味で正解だ。たとえば「楽天カード」の場合は、国際ブランドをVisa、Mastercard、JCB、AMEXから選択できるが、「楽天カード」としての利用特典は国際ブランドによって変わらない。通常の「楽天カード」を楽天市場などで利用すると獲得ポイントが3倍、「楽天ゴールドカード」だと5倍になるというように、「楽天カード」としての特典は国際ブランドではなくカードのグレードによって異なってくる
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!

楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら
楽天カード
還元率 1.0~3.0%
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
楽天カード公式サイトはこちら

 しかし、「楽天カード」としてではなく、国際ブランド自体に特典が用意されているケースがある。たとえば、Visaのプラチナカードの場合は「Visaプラチナカード特典」、Mastercardの場合は「Taste of Premium」などがある。
【※関連記事はこちら!】
「SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード」がコスパ最強! Mastercardのステータスによって使える特典が異なる「Taste of Premium」を解説!

 今回は、Visaのプラチナカードで使える特典「Visaプラチナトラベル」を実際に利用してみたので、解説していきたい。

三井住友プラチナカード
還元率 0.5~2.5%
(※セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは還元率2.5%)
「三井住友プラチナカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA、Master
年会費 5万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 「三井住友プラチナカード」の会員だけが利用できるUSJの特別ラウンジを紹介! 人気アトラクションの「ジョーズ」の中に新規オープンしたラウンジとは?
「三井住友プラチナカード」の公式サイトはこちら

「Visaプラチナトラベル」で、国内・海外旅行が5~10%オフ!
「サマープロモーション2019」で、さらに割引率がアップ!

 「Visaプラチナトラベル」は、国内宿泊・国内パッケージツアーが10%オフ、海外パッケージツアー・海外航空券・海外ホテルが5%オフになる特典。利用できるのは「Visaプラチナカード」やVisaの最上級カード「Infiniteカード」の保有者だ。なお、優待上限は1万5000円~3万円に設定されている。

■「Visaプラチナトラベル」の割引率
商品 優待率 優待上限金額
国内宿泊 10%オフ 3万円
国内パッケージツアー(往復航空券利用分のみ対象) 10%オフ 3万円
海外パッケージツアー 5%オフ 3万円
海外航空券、海外ホテル 5%オフ 1万5000円

 また「Visaプラチナトラベル」では、期間限定のキャンペーンとして「サマープロモーション2019」を実施しており、2019年5月20日~8月15日の17時30分までの期間に予約すると、2019年7月1日~8月31日に宿泊、または出発する国内宿泊や国内パッケージツアーが15%オフ、海外パッケージツアーが10%オフになる。

■「サマープロモーション2019」の割引率
商品 優待率 キャンペーン優待上限金額
国内宿泊 15%オフ 3万円
国内パッケージツアー 15%オフ 3万円
海外パッケージツアー 10%オフ 5万円

 特に「サマープロモーション2019」は海外パッケージツアーでの恩恵が大きく、ツアー料金が10%オフになるうえに、優待上限も5万円までアップするのがうれしい。

三井住友プラチナカード
還元率 0.5~2.5%
(※セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは還元率2.5%)
「三井住友プラチナカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA、Master
年会費 5万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 「三井住友プラチナカード」の会員だけが利用できるUSJの特別ラウンジを紹介! 人気アトラクションの「ジョーズ」の中に新規オープンしたラウンジとは?
「三井住友プラチナカード」の公式サイトはこちら

通常なら予約困難な超人気ホテル・旅館も、
「Visaプラチナトラベル」経由なら予約できる場合も!

 2019年5月20日~8月15日の期間限定キャンペーン「サマープロモーション2019」も実施されているので、今回は「Visaプラチナトラベル」を使って旅行を計画することにした。

 宿泊する旅館は「箱根吟遊」。宿泊予約サイト「一休.com」で2019年7月~10月までの空室状況を調べてみると、すべて「空室なし」となっている人気の宿だ。
【※関連記事はこちら!】
「ダイナースクラブ プレミアムカード」の保有で、宿泊料金3%オフなどの豪華特典が無条件で使える!「一休.com」の最上級会員になれる裏ワザを解説!

 はたして「Visaプラチナトラベル」でも空室がないのだろうか。さっそく「Visaプラチナトラベル」のWebサイトにアクセスしてみる。

 まず、「ウェブサイト経由」の「こちら(専用ホームページに遷移)」をクリックする。次に、ページ右上にある「お申込みはこちら」、または一番下にある「お申込みはこちら ※Visaプラチナカード認証ページへ移動します」をクリック(下の画像の赤枠)。

 ちなみに、上記の画像のページで「国内宿泊(旅館・ホテル)」をクリックすると、「オンライン予約を含め各旅行会社に直接お申込みされた場合は、優待サービスの対象となりませんのでご注意ください」とメッセージが表示される。

 そして、そのまま「はい」をクリックすると、「近畿日本ツーリスト」のWebサイトに遷移するが、この状態で予約しても「Visaプラチナトラベル」の特典は適用されないので注意しよう。特典が適用されるページかどうかの見分け方は「県から探す」部分の背景が青くなっているかどうか。下記のように背景が青い場合は「Visaプラチナトラベル」の特典が適用されず、通常予約となってしまう

 さて、話を戻そう。正しいページにアクセスすると「Visaプラチナカード」または「Visa Infiniteカード」のカード番号を入力する画面が表示される。クレジットカード番号の先頭9桁を入力して「次へ(入力内容確認)」をクリック。

 認証完了メッセージが表示されたら「予約/購入へ進む」ボタンをクリックする。

 「Visaプラチナトラベル」の画面に戻るが、ここで「国内宿泊(旅館・ホテル)」の画面を見ると「メールオーダー予約」と「即時予約」のボタンが表示されていることがわかる。

 「即時予約」をクリックすると、申し込みの流れのページが表示されるので、続いて「同意の上、次へ進む>」をクリック。

 先ほど紹介した、特典が適用されない「近畿日本ツーリスト」と同じような画面が表示されるが、今度は「県から探す」部分の背景が、青色ではなく緑色になっている。この状態でなければ「Visaプラチナトラベル」の優待を受けられない。よくわからない場合は、保有しているクレジットカードのコンシェルジュデスク経由で申し込むといいだろう。

 今回、筆者が予約するのは「箱根吟遊」なので、「神奈川県」から「箱根吟遊」を見つけてクリックする。すると、大人1人あたりの宿泊料金を確認できる。

 続いて「詳細へ>」をクリックすると、客室情報や予約カレンダーが表示される。

 「一休.com」の場合は、7月と8月のすべての日にちが「空室なし」となっていたが、「Visaプラチナトラベル」の場合は、土曜日の空室はないものの、それ以外なら空室になっている日がある。

 次に、日付を選んで「予約へ進む>」をクリックすると、人数入力の画面が表示される。これを入力して「決定して、次のページへ進む」へ。

 料金などの確認画面が表示されるので、「同意する」にチェックを入れて「【予約代表者情報の入力】へ進む」をクリックする。

 名前、電話番号、到着日時、利用交通機関などの情報を入力し、再度「同意する」にチェックを入れて「【入力内容の確認】へ進む」をクリックする。

 最後に、入力内容を確認したら、チェックボックスにチェックを入れて「取引条件書面を確認の上、予約する」ボタンをクリックすると予約が完了する。

三井住友プラチナカード
還元率 0.5~2.5%
(※セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは還元率2.5%)
「三井住友プラチナカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA、Master
年会費 5万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 「三井住友プラチナカード」の会員だけが利用できるUSJの特別ラウンジを紹介! 人気アトラクションの「ジョーズ」の中に新規オープンしたラウンジとは?
「三井住友プラチナカード」の公式サイトはこちら

「Visaプラチナトラベル」で予約したら、
「箱根吟遊」の宿泊料金が1万4400円も安くなった!

 「Visaプラチナトラベル」で予約すると宿泊料金が10%オフになるが、予約時に表示されている料金は、割引前の通常料金となる。

 後日、電話でクレジットカード番号と有効期限を確認する電話があり、その翌日にマイページに割引後の料金が表示されるようになる。今回は「サマープロモーション2019」が適用されて15%オフになった。

 今回、「Visaプラチナトラベル」を利用したことで、通常9万6000円(税込)が15%オフの8万1600円(税込)になった。1万4400円も安くなり、非常にお得に予約できた

 海外での利用を考えると、VisaまたはMastercardの利便性が高い。特に最近では、特典やApple Payの対応などでMastercardを選ぶのがおすすめだったが、Visaも特典が充実してきており、どちらを選ぶかが悩ましくなったといえる。
【※関連記事はこちら!】
Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ!

 以上、今回は、Visaプラチナカード特典の「Visaプラチナトラベル」について解説した。

三井住友プラチナカード
還元率 0.5~2.5%
(※セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでは還元率2.5%)
「三井住友プラチナカード」のカードフェイス
発行元 三井住友カード
国際ブランド VISA、Master
年会費 5万円
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
iD
関連記事 「三井住友プラチナカード」の会員だけが利用できるUSJの特別ラウンジを紹介! 人気アトラクションの「ジョーズ」の中に新規オープンしたラウンジとは?
「三井住友プラチナカード」の公式サイトはこちら
楽天ゴールドカード
還元率 1.0~5.0%
「楽天ゴールドカード」のカードフェイス
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費(税抜) 2000円
家族カード(税抜) あり(年会費500円)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
「楽天ゴールドカード」の公式サイトはこちら
楽天カード
還元率 1.0~3.0%
楽天カードの詳細はこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB、AMEX
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
関連記事 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!【メインカード部門】
楽天カード公式サイトはこちら