クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2020年2月5日 ポイ探ニュース

ANAのA380型機「FLYING HONU」に搭乗してみた!
「成田-ホノルル(ハワイ)」で運航しているA380の
座席数やフライトスケジュール、混雑状況なども解説

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!


FLYING HONU

 ANAは2019年5月24日から、成田-ホノルル線で「FLYING HONU( フライング・ホヌ=空飛ぶウミガメ)」こと、エアバスA380型機の運航を始めた。さらに、同機は2019年7月1日から、週10往復まで拡大した。
【※関連記事はこちら!】
ハワイに行くなら、JCBのクレジットカードは必須!トロリー乗り放題やラウンジでドリンク飲み放題など旅行者に便利なサービスやお得な特典が満載!

 A380の運航は基本的に1日1便だが、日・火・金は1日2便となる。ただし、2019年8月と12月、2020年1月は繁忙期のためか、1日2便の曜日に一部変更があった。2020年2月以降のスケジュールは、2020年1月中旬の時点で、フライト検索の画面でしか確認できない。

 成田とホノルルを結ぶNH184/NH183に加えて、今後はNH182/NH181のフライトもA380に変更予定。今回、筆者の家族は、年末年始のハワイ旅行でA380のNH184便を利用した。

 A380は総2階建てで、1階席がエコノミークラス、2階席がファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーのエリアとなっている。ボーイング787-9のシート数と比較すると、A380がいかに大きいかがわかる。

■A380とボーイング787-9座席数比較
クラス A380の座席数 ボーイング787-9の座席数
ファーストクラス 8席
ビジネスクラス 56席 40席
プレミアムエコノミー 73席 14席
エコノミークラス 383席 192席
合計 520席 246席

 2階席だからといって天井が低いわけではなく、通常の飛行機と感覚は変わらなかった。

A380の入り口

 座席が多いせいか、搭乗から出発するまでにかなり時間を要した気がした。降機後も人混みがすごくて、歩いている時に何人にも抜かれた。後ろを振り返るとまだまだ人が歩いていた。

 とはいえ、1回のフライトでこれだけの人を運べれば、航空会社にとっては効率がいいだろう。ただし、ホノルル便以外でこれだけ搭乗者がいるかどうかは疑問だ。ホノルル便以外でA380は使いこなせないかもしれない。

 これだけ人がいると、ホノルルでの入国審査時は混雑するのでは、と危惧していたが、実際の入国はいつもより空いており、15分ほどの待ち時間で入国手続が完了した。もしかしたら、他社便と到着時間がかぶらないように調整されているのかもしれない。

 ダニエル・K・イノウエ国際空港では、降機後の入国審査までかなりの距離を歩いた。A380に対応できるゲートが近くに設置できないだからだろうか。同じく、A380の搭乗口もセキュリティゲートからとても遠かった。

 下の写真は成田国際空港で撮ったA380の搭乗口だ。赤枠が2階に接続、緑枠が1階に接続していた。2階のボーディング・ブリッジは通常より長く感じた。

A380の搭乗口

 外から見るとA380は非常に大きく感じたが、機内に入るとそれほど広く感じなかった。特に、A380に搭乗したという実感もなかったので、わざわざ選んで搭乗する必要はなさそうだ。

 なお、ダニエル・K・イノウエ国際空港は、A380「FLYING HONU」の「東京-ホノルル線」就航に合わせて「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」をオープンした。こちらは、別の機会にレポートしたい。

 以上、今回は、エアバスA380「FLYING HONU」について解説した。
【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!