クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2020年3月29日 ポイ探ニュース

キャッシュレス決済の“20%還元キャンペーン”には
落とし穴があった! クレジットカードやスマホ決済
などのキャンペーンでは「還元上限額」にも要注意!

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!


 「PayPay」が実施した“20%還元キャンペーン”をキッカケに、最近、同様のキャンペーンが続出している。たとえば「au PAY」は「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」として、最大20%を還元するキャンペーンを実施しており、1日当たりの上限が6000円と縮小されたものの、期間中は最大7万円分(35万円の決済に相当)も得することもあって、大きなニュースになった。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス決済」おすすめ比較!「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」など、主要な「スマホ決済」の還元率や利用可能なコンビニ、最新のキャンペーン情報を紹介!

 さらに政府は、2020年9月から、マイナンバーとキャッシュレス決済を連動させる「マイナポイント事業」を始めることを発表した。この制度でも、キャッシュレス決済を活用することで25%分が還元されるなど、20%以上の還元が当たり前になってきている。
【※関連記事はこちら!】
「マイナポイント」に申し込む方法と注意点を解説!マイナンバーカードとキャッシュレス決済を登録し、最大5000円分(還元率25%)のポイントを獲得しよう

 このほかにも、クレジットカードや電子マネーでも同様のキャンペーンを実施するなど、“20%還元キャンペーン”はさらに激化している。

 ただし、このような太っ腹な還元キャンペーンでは「還元上限」に注意しなければならない

 たとえば、イオン銀行は2020年3月1日から「イオンカード」の利用で最大20%分が還元されるキャンペーンを始めた。クレジットカードの利用で20%還元は非常にお得に思えるが、還元上限は「5000円」だ。つまり、20%還元と言っても、5000円を超えた分はキャッシュバックされないので、2万5000円までの買い物が対象になる。
【※関連記事はこちら!】
「イオンカード」が利用額の20%をキャッシュバックするキャンペーンを実施!「イオンカードセレクト」は、イオン銀行の口座も同時に開設できておすすめ!

 一方、ソニー銀行では、2020年2月25日から「ソニーカード」の入会者を対象として、期間中に3万5000円(税込)以上を利用すると、5000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施している。

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月4回~無制限で無料(※1)
以降は100円
 
 同行あて:無料
他行あて:月1~11回まで無料(※2)、以降は200円
【ソニー銀行のメリット】
優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! また、ソニー銀行のキャッシュカード「Sony Bank WALLET」は、Visaデビット機能を搭載。Visaデビットの海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 外貨預金が全12通貨もそろっているのもメリット!
※1 優遇プログラム「Club S」のステージによって、無料出金回数は異なる。※2優遇プログラム「Club S」のステージおよび「Sony Bank WALLET」の有無によって、無料振込回数は異なる。
【関連記事】
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い?手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
【2020年版】ネット銀行人気ランキング!この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かったザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!
ソニー銀行の公式サイトはこちら

 「イオンカード」の場合は、流行りの“20%還元”を前面に打ち出しているのに比べて、「ソニーカード」の場合は“5000円のキャッシュバック”となっている。お得度に違いがあるように思えるが、どちらも「最大5000円のキャッシュバック」であることに違いはない。ただし「ソニーカード」は3万5000円以上を利用しないと1円もキャッシュバックされないが、「イオンカード」は1万円の利用でも20%分(=2000円)が還元されるという違いはある。

 また「楽天カード」の場合は、新規入会で2000ポイント、カード初回利用と口座振替設定を行うと3000ポイントと、合計で5000ポイント(=5000円相当)を獲得できる。カード利用条件は1円以上からなので、2万5000円未満の利用だった場合は「楽天カード」の新規入会特典が一番お得と言える。

 「イオンカード」「ソニーカード」「楽天カード」のキャンペーンを比較すると下記のとおりだ。

■「イオンカード」「ソニーカード」「楽天カード」のキャンペーンを比較
利用金額 イオンカード ソニーカード 楽天カード
1円 5000円分の還元
5000円 1000円分の還元
1万円 2000円分の還元
1万5000円 3000円分の還元
2万円 4000円分の還元
2万5000円 5000円分の還元
3万円
3万5000円 5000円分の還元
4万円
※キャンペーン内容は2020年2月27日時点のもの。

 政府の「マイナポイント事業」は還元率が25%と紹介したが、こちらも還元上限は5000円分までとなっている。つまり、2万円以上を利用しても、5000円までしか還元されない。

 このように「20%還元」といっても、還元上限などの条件がある場合は、思ったよりも得しない場合もある。「○%還元」というインパクトに惑わされず「いくらの利用で、何円分のポイントが戻ってくるか」をしっかり考えてキャンペーンに参加するようにしよう。

 以上、今回は、クレジットカードなどのキャッシュレス決済で実施されている“20%還元キャンペーン”について解説した。
【※主要なスマホ決済の最新情報はこちら!】
「キャッシュレス決済」おすすめ比較!「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」など、主要な「スマホ決済」の還元率や利用可能なコンビニ、最新のキャンペーン情報を紹介!

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2020年の最優秀カード”を詳しく解説!

 ソニー銀行
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月4回~無制限で無料(※1)
以降は100円
 
 同行あて:無料
他行あて:月1~11回まで無料(※2)、以降は200円
【ソニー銀行のメリット】
優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! また、ソニー銀行のキャッシュカード「Sony Bank WALLET」は、Visaデビット機能を搭載。Visaデビットの海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 外貨預金が全12通貨もそろっているのもメリット!
※1 優遇プログラム「Club S」のステージによって、無料出金回数は異なる。※2優遇プログラム「Club S」のステージおよび「Sony Bank WALLET」の有無によって、無料振込回数は異なる。
【関連記事】
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い?手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!?
【2020年版】ネット銀行人気ランキング!この1年間で口座開設の申し込み数が最も多かったザイ・オンライン一番人気のネット銀行はここだ!
ソニー銀行の公式サイトはこちら