クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2021年1月10日 ポイ探ニュース

「楽天ビジネスカード」は、年会費が格安で還元率1%、
付帯特典もお得な法人カード! 経費管理が楽になるう
えに、貯まる楽天ポイントはプライベートで使える!

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!


「楽天ブラックカード」と「楽天ビジネスカード」

 「楽天ビジネスカード」は、優秀な法人カード。なぜなら、年会費2000円(税抜)と法人カードとしては格安で、通常還元率は1.0%と高還元なうえに、楽天市場では5倍の楽天ポイントを獲得できる(=還元率5%)など、「楽天ゴールドカード」と同等の特典を利用できるからだ。
【※関連記事はこちら!】
【法人カードおすすめ比較】専門家が法人カードの還元率や年会費、付帯特典などのスペック&選び方を解説!

 「楽天ビジネスカード」は、単体で保有できず、基本的に「楽天プレミアムカード」の保有者だけが申し込める。したがって、「楽天プレミアムカード」はプライベート、「楽天ビジネスカード」は仕事で使うことになる。この使い分けは「ダイナースクラブカード」と「ビジネス・アカウントカード」の関係と同じだ。
【※関連記事はこちら!】
ダイナースの法人カード「ビジネス・アカウントカード」は、年会費が格安で法人代表者におすすめ! 経費管理が楽になるうえに、ポイントは一元的に貯められる!

 「楽天ビジネスカード」を利用して、仕事で必要な備品などを楽天市場で購入すると、獲得した5倍の楽天ポイントがプライベートで獲得した分と合算される。「楽天ビジネスカード」の利用分は法人口座から引き落とされるので、経費の管理が楽になり、獲得した楽天ポイントはプライベートで利用できるというわけだ。

 「楽天プレミアムカード」の国際ブランドは「Visa」「Mastercard」「JCB」「American Express」の4つから選択できるが、「楽天ビジネスカード」は「Visa」のみ。したがって、「楽天プレミアムカード」は「Visa」以外を選択しておくと、2つの国際ブランドを保有できることになる。
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」の4券種の中で、もっとも得するカードを選ぶ方法をカード専門家が解説! ゴールド、プレミアム、ブラックの特典を比較して最適な券種を選ぼう


「楽天ビジネスカード」は筆者も気になっていたが、筆者が保有している「楽天ブラックカード(招待制)」では「楽天ビジネスカード」に申し込むことができない。「楽天カード」や「楽天ゴールドカード」の保有者は、「楽天プレミアムカード」にランクアップすれば「楽天ビジネスカード」に申し込めるが、「楽天ブラックカード」の保有者は「楽天プレミアムカード」にランクダウンしなければ申し込めないというのは、どう考えてもおかしい。

 しかし、先日、カードデスクに電話で確認したところ、「楽天ブラックカード」の保有者も「楽天プレミアムカード」と「楽天ビジネスカード」を同時に申し込めば、「楽天プレミアムカード」の申し込みだけを破棄してくれるそうだ。これなら「楽天ブラックカード」と「楽天ビジネスカード」を一緒に保有できる。

 筆者もさっそく申し込んでみることにした。「楽天ビジネスカード」の申し込みページにアクセスすると、「楽天プレミアムカード」の情報も入力しなければならない。どうせ破棄されるので無駄な入力なのだが、楽天IDでログインしていれば、ほとんど自動的に入力されるのでそれほど大変ではない。

 楽天銀行の法人口座を開設していないと引き落とし口座は郵送での対応となるが、それ以外はスムーズに入力できるはずだ。
【※関連記事はこちら!】
「楽天カード」は「楽天銀行」とセットで使うことで楽天市場の還元率が1%アップ!さらに「楽天ゴールドカード」+「楽天銀行」なら還元率が常時6%以上に!

 申し込みが完了すると、審査状況を確認できる。申し込みを終えたばかりの筆者の審査状況は、以下の画像のように「楽天プレミアムカード(JCB)の発行状況」となっている。どうやら、申し込みがすぐに破棄されるわけではないようだ。

 2日後に確認したところ、無事(?)に「楽天プレミアムカード」の審査に落ちていることを確認できた。「楽天ブラックカード」と2枚持ちするためとはいえ、クレジットカードの審査落ちはあまりいい気分ではない。

 「楽天プレミアムカード」の申し込みが破棄された翌日に「楽天カード」から速達が届いた。続いて「楽天ビジネスカード」の申し込みに必要な以下の4つの書類を返信する必要がある。ただし、すでに個人カード用の口座を登録していれば、法人分の書類のみ返送すればOKだ。

• 預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書(楽天ブラックカード用)
※口座登録済みの場合は返送不要
• 預金口座振替依頼書・自動払込利用申込書(楽天ビジネスカード用)
• 法人名義預金口座からの支払いに関する同意書
• 商業登記簿謄本

 必要な書類を用意して返送すると、1週間ほどで「楽天ビジネスカード」が到着した。これで「楽天ブラックカード」と「楽天ビジネスカード」を2枚持ちすることができた。

楽天ビジネスカード

 「楽天ブラックカード」には新たにVisaが追加されたが、「楽天ビジネスカード」はVisaだけなので、新たに「楽天ブラックカード」と「楽天ビジネスカード」の2枚持ちをするなら、「楽天ブラックカード」のブランドはMastercard、JCB、American Expressのいずれかから選ぶといいだろう。
【※関連記事はこちら!】
「楽天ブラックカード」の中で、専門家がおすすめする国際ブランドは? コンシェルジュや付帯特典、保険など、国際ブランド別のメリット・デメリットを解説!

「楽天ビジネスカード」を「楽天e-NAVI」に登録する方法を解説!

 「楽天ビジネスカード」は会員サービスの「楽天e-NAVI」に登録できる。登録方法は「楽天ブラックカード」や「楽天プレミアムカード」のアカウントで「楽天e-NAVI」にログインして「カードの追加登録」をクリックする。

 国際ブランドはVisaを選択し、カード番号、カード有効期限、セキュリティコードを入力して「確認画面へ」をクリック。確認ページで「追加する」ボタンを押せば「楽天e-NAVI」に「楽天ビジネスカード」を追加できる。

 「楽天e-NAVI」に登録すれば、Web明細の確認やETCカードの発行などが可能となる。

 前述のとおり、楽天市場で「楽天ビジネスカード」を利用すると獲得ポイントが5倍になることは、上の画像からも確認できる。

 以上、今回は「楽天ブラックカード」と「楽天ビジネスカード」を2枚持ちする方法ついて解説した。
【※関連記事はこちら!】
【法人カードおすすめ比較】専門家が法人カードの還元率や年会費、付帯特典などのスペック&選び方を解説!