原宿投資研究所
【第37回】 2012年10月29日 剣持和正

パーク24(4666)が日本郵便との業務提携発表
遊休地活用で駐車場事業の拡大が加速する!

カーシェアリング「タイムズプラス」も強化へ

株価(10/27終値):1386円 予想PER:23.1倍 PBR:2.16倍 配当利回り:2.16%

2012年7月27日~10月26日・日足

買いの目途:できれば1300円近辺の押し目を拾いたい

空き情報やカード決済などのネットワーク力が強み

目標投資期間と目標株価:6カ月程度をめどに1900円

全国で48万台以上の時間貸駐車場タイムズを展開

短時間(15分単位)でも借りられ、低コスト(ガソリン代・保険料なし)で車が借りられるタイムズプラスの強化をはかる

 パーク244666)は時間貸駐車場の最大手。企業形態としては持ち株会社であり、駐車場運営のタイムズ24のほか、駐車場管理のタイムズサービス、レンタカーのタイムズモビリティネットワークスなど10社が傘下にある。

 個人または法人から土地を賃貸して運営する無人駐車場の一般タイムズ(ST)のほか、商業施設や病院、ホテルなどの来客用駐車場をタイムズ駐車場として運営するタイムズ・パートナー・サービス(TPS)、さらにはビル型駐車場(タイムズステーション、全国9か所)や月極駐車場などの駐車場ビジネスも展開している。2012年9月末現在、運営・管理している駐車場台数は48万台以上となっている。

 同社の強みはネットワーク力。全国のタイムズ駐車場を情報ネットワークでつなげることで駐車場の空き状況の確認やクレジットカード決済などを可能にしており、顧客サービスの向上に努めている。

 また、最近では、タイムズ駐車場に用意された専用車両を15分・200円(ガソリン代・保険料不要)で借りられる会員制カーシェアリング・サービス「タイムズプラス」も展開しており、こちらも順調な伸びを示している。