クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2021年10月17日 ポイ探ニュース

法人税などの「国税」は、高還元のクレジットカード
で納付するのがおすすめ! 税金の支払いでもお得に
ポイントが貯まるクレジットカードで節税をしよう!


税金

 筆者は「法人税」をどのクレジットカードで支払うか悩んでいる。
【※関連記事はこちら!】
「国税」をクレジットカードで納付する方法を解説!法人税や源泉所得税などの税金は、還元率1%以上のカードで納税すれば、ポイント分を節税できてお得!

 これまで、効率よくJALマイルを獲得できる「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」を利用して支払っていたが、コロナ禍がいつ収まるかわからないので、マイルを貯めても仕方がない。そこで、今回はマイルではなくポイントを獲得できるクレジットカードで支払うことにした。
【※関連記事はこちら!】
「セゾンカード」でJALマイルを効率よく貯める方法!「SAISON MILE CLUB」と「セゾンクラッセ」の併用で、JALマイル還元率が1.25%に到達してお得!

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 0.5~1.5%
(※年会費無料の「SAISON MILE CLUB」に加入して、JALマイルを貯めた場合。1マイル=1.5円換算)
「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のカードフェイス
発行元 クレディセゾン
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 2万2000円
家族カード(税込) あり(年会費3300円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードとセゾンプラチナ・アメックス・カードを徹底比較!重視するのは「年会費」か「付帯サービス」か
「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の公式サイトはこちら

 たとえば、還元率2%の「タカシマヤプラチナデビットカード」で法人税を支払うのはどうだろうか。2022年以降、税金の支払いに対しては還元率1%になってしまうが、現時点では還元率2%と高還元だ。しかし「タカシマヤプラチナデビットカード」には、利用額の年間300万円を上限として+1%分が還元される特典があるものの、税金への支払いは対象外となっている。さらに、2021年9月からタカシマヤポイントの使い方が変わってしまったので候補から外れた。

 そのほか「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」や「ダイナースクラブカード」は税金払いに対する還元率が通常の半分になってしまったり、「楽天ビジネスカード」は還元率0.2%になってしまったりと、還元率が低いので利用しない。
【※関連記事はこちら!】
「アメックス・プラチナ」は、招待不要で申し込める最強のプラチナカード! 年会費14万3000円と高額だが、空港やホテル、コンシェルジュのサービスはピカイチ

 結局、今回は「ラグジュアリーカード」で支払うことにした。
【※関連記事はこちら!】
「ラグジュアリーカード」の中で、もっともコスパが高いのは、年会費5万円で特典充実の「チタン」だ!チタン、ブラック、ゴールドの3枚の違いを徹底検証!

 筆者の保有する「ラグジュアリーカード(ゴールド)」は、税金の支払いでも、通常と同じく還元率1.5%で安心だ。しかも「ラグジュアリーカード」のポイントは、キャッシュバックにも利用できるので使い勝手がいい。

 また、一般的なゴールドカードやプラチナカードの限度額はそれなりに高いものの、1000万円以上は支払えない場合がある。しかし「ラグジュアリーカード」の場合は、利用可能枠が足りないときに事前入金することも可能で、それにより最大9999万円まで支払える。
【※関連記事はこちら!】
「事前入金サービス」で「ラグジュアリーカード」の限度額が実質9999万円に! 高額な買い物でもカード払いを利用できるので、お得にポイントを獲得可能!

 ちなみに「アメリカン・エキスプレス」の限度額は、「カードご利用可能額の確認」ページから確認できる。たとえば、筆者の保有する「アメリカン・エキスプレス」のクレジットカードは1100万円まで利用可能だ。
【※関連記事はこちら!】
「アメックス」が発行するクレジットカードの「利用限度額(目安額)」を調べる方法を解説!自分のカードがいくらまで使えるかチェックしよう!

「アメリカン・エキスプレス」の限度額

 国税をクレジットカードで支払うには、専用サイトにアクセスして税目を選択し、金額とクレジットカード情報を入力するだけでOK。また、24時間365日いつでも支払える。

 このように、クレジットカードで国税を支払えば、金融機関窓口に行く時間もかからないうえに、ポイントも獲得できるのでおすすめだ。
【※関連記事はこちら!】
【クレジットカードおすすめ比較】還元率の高さで選ぶ「おすすめクレジットカード」はコレだ! 高還元&年会費無料の12枚のカードを紹介!

 以上、今回は、法人税は高還元のクレジットカードで支払うのがおすすめであることを解説した。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
還元率 0.5~1.5%
(※年会費無料の「SAISON MILE CLUB」に加入して、JALマイルを貯めた場合。1マイル=1.5円換算)
「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」のカードフェイス
発行元 クレディセゾン
国際ブランド AMEX
年会費(税込) 2万2000円
家族カード(税込) あり(年会費3300円)
ポイント付与対象の
電子マネー
モバイルSuica、ICOCA
関連記事 セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス・カードとセゾンプラチナ・アメックス・カードを徹底比較!重視するのは「年会費」か「付帯サービス」か
「セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード」の公式サイトはこちら