成長する米国&世界に投資する最強のFIRE計画(プロジェクト)

高いアクティブファンドの手数料を節約する
米国株だからできる究極の割安投資方法とは?
回転率からみるよいファンドの選び方も伝授

2022年12月22日公開(2022年12月21日更新)
ポール・サイ
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

販売手数料に信託報酬。アクティブファンドを購入すると、かかるコストが結構高い!

 アクティブファンドを購入すると、販売手数料、信託報酬がかかります。一般的なアクティブファンドでは販売手数料は2~3%程度で、これは購入時に支払います。信託報酬は年率1%以上のものが多いです。これは日割り計算されて、毎日ファンドの資産から差し引かれます。

 このようなアクティブファンドに1000万円投資したとすると、最初に販売手数料が20~30万円程度かかり、これ以外に毎年10万円以上のコストがかかることになります。1%、2%といった「率」だけで考えると、大したことがないように思えても、絶対的な金額で考えると、結構高いなと感じられるのではないかと思います。

 この手数料をゼロに近づける方法があります。少し手間ひまをかければ、それができるんです。

 それは、いったいどんな方法でしょうか?

いいファンドは過度な分散はせず、回転率が低い

 まず、ファンドを評価する際、プロが常識と考えている2つの前提をみなさんの頭に入れておいてもらいたいと思います。

(1)いいファンドは過度な分散をしていません。おおよそ30~40銘柄ぐらいしか保有しません。銘柄数が多いファンドでも、だいたいトップ30銘柄ぐらいがポートフォリオの大半を占めているものです。言い換えると、分散度が高いポートフォリオを持ちたければ、ETF(上場投資信託)でいいと思います。分散度が高いアクティブファンドにわざわざ高い手数料を払う必要はないのです。

(2)いいファンドは回転率が低いです。銘柄の入れ替え頻度が低いのです。回転率の定義ですが、たとえば、回転率100%であれば、これは1年間ですべての銘柄を入れ替えていることを意味します。回転率は50%以下の方が望ましいです。これはすべての銘柄を入れ替えるのが2年以上ということを意味します。フィデリティで成績が良かったファンドには回転率が25%のものもありました。回転率が高いと必ず成績が悪くなるというものではないですが、回転率が低い方が成績が良くなる可能性が高まります。回転率が高いと、取引コストが高くなるのと、間違ったタイミングで売買するリスクが高くなるのです。

一番簡略なやり方はファンドのポジションをコピーすること

 以上のプロが常識と考えている2つの前提を踏まえた上で、一番簡略なやり方をまず述べれば、それはファンドのポジションをコピーすることです。ファンドは毎月ポジションを開示していますから、それをコピーするのです。

 たとえば、フィデリティのContrafund(フィデリティ・コントラファンド 運用実績50年以上のフィデリティを代表するファンド。日本では、「フィデリティ・米国株式ファンド」がほぼ同様の値動き)の場合、トップ10銘柄はポートフォリオの47%ほどを占めています。トップ20銘柄は63%です。トップ35銘柄だと70%です。

 そうすると、この上位30~35銘柄を持っていれば、ファンドのパフォーマンスとほぼ似たようなパフォーマンスを出せると思います。さらに似たようなパフォーマンスを出したければ、少しS&P500のETFを加えればいいと思います。

フィデリティ・Contrafundのトップ10銘柄Contrafundのトップ10銘柄。出所:フィデリティ公式サイト

ベット分析をすれば、ファンドマネジャーのその銘柄に対する強気度、弱気度がわかる

 もっと手間をかけて分析したければ、インデックス対比で、そのファンドのトップ10またはトップ20銘柄のベットを計算するのがいいでしょう。ベットとは、インデックスとの構成比率の違いです。

 たとえば、S&P500では、アップル(AAPL)の構成比率は6.51%です。マイクロソフト(MSFT)は5.54%です。

 Contrafundはアップルを4.73%しか持っていないので、ベットは4.73%-6.51%=-1.78%です。

 また、Contrafundはマイクロソフトを5.85%持っていますので、ベットは5.85%-5.54%=0.31%になります。

 ファンドマネジャーの給料を決める数字は、絶対リターンより対インデックスの成績の方が重要です。なので、ベットが大きければ、その銘柄に強気と言えます。

 逆にいうと、ある銘柄をたくさん持っていても、それだけでそのファンドマネジャーがその銘柄に強気とは限りません。その銘柄のインデックス構成比率が高いために、単にそれに追随して買っている側面が大きいかもしれないからです。

 Contrafundの場合、マイクロソフトとアップルを割とたくさん持っていますが、アップルには弱気、マイクロソフトには中立ということをベットの数字は示しています。

 計算式は省略しますが、グーグルの持ち株会社、アルファベット(GOOG)のベットは3.34%なので、グーグルには強気です。また、メタ・プラットフォームズ(META)には3.34%をベットしていて、やはり強気です。

自分なりにほぼ手数料ゼロのファンドを作るなら、1株から取引できる米国株の方が向いている

 このベット分析のやり方を使えば、いくつかのファンドのベストアイディアをピックアップして、自分なりにほぼ手数料ゼロのファンドを作ることができます。

 回転率はあまり高すぎない方がいいと先ほど書きましたが、いずれにしても長期保有、長期投資をした方がいいので、このようなやり方で2~3年持っておけば、ファンドを買うのと同じぐらいか、あるいはもっといいパフォーマンスを出すこともあり得ます。頻繁に売買しなければ、証券会社へ支払う手数料も少なくてすみます。

 日本株には単元株制度があり、値がさ株だと、最低単位でも数百万円が必要になるような株もあります。一方、米国株は1株から取引できますので、日本株のような単元株の問題はそこまでありません。米国株なら投資資金が少し小さめでも、割と分散できるポートフォリオを作ることができます。

 自分なりにほぼ手数料ゼロのファンドを作るなら、米国株の方が向いているでしょう。

 

●ポール・サイ  ストラテジスト。外資系資産運用会社・フィデリティ投信にて株式アナリストとして活躍。上海オフィスの立ち上げ、中国株調査部長、日本株調査部長として株式調査を12年以上携わった後、2017年に独立。40代でFIREし、現在は、不動産投資と米国株式を中心に運用。UCLA機械工学部卒、カーネギーメロン大学MBA修了。台湾系アメリカ人、中国語、英語、日本語堪能。米国株などでの資産運用を助言するメルマガを配信中。

※メルマガ「ポール・サイの米国株&世界の株に投資しよう!」募集中! 米国株&世界の株分析毎週届き、珠玉のポートフォリオの提示も! 登録から10日以内の解約無料。


今日の注目株&相場見通し!!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!



「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報