超成長株投資で資産10倍計画!

グレイステクノロジー(6541)の株価は短期で6倍以上。
直近株価は調整中だが、マニュアル委託ニーズは強い。
今後も年率20%程度の増収は可能で、長期で買いか
山本潤の超成長株投資の真髄 第77回

2020年9月9日公開(2022年3月29日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

グレイステクノロジー(6541)の株価は短期間で6倍以上に

 グレイステクノロジー(6541)は、国内の製造業向けにマニュアルの制作や管理を請け負う事業で急成長している企業です。製造業向けのマニュアル制作の国内市場規模は年間約7兆円あり、製造業の売上高の1~3%を占めると言われています。

 同社の株価はコロナショック後から猛烈な勢いでリバウンドし、6月30日に年初来高値6640円をつけました。その後は調整し、株価は9月9日終値で4390円です。同社は成長意欲が高く、売上高10倍を早期に達したいという意気込みがありますが、果たして達成できるのでしょうか?

顧客の製造業にとってメリットが大きいビジネスモデル

 これまで製品のマニュアルの大半は、社内のエンジニアが作成していました。ところが、エンジニアは製品開発は得意でも、それを分かりやすく説明することはあまり得意ではありません。また、それぞれが勝手に書くなどして用語統一などもなされず、分かりにくくなりがちでした。

 そんな中、同社はマニュアルをモジュール化したり、用語統一を図ったりして、製品知識がない人が読んでも理解できるマニュアルを提供しています。同社はマニュアルを制作する際、顧客に対してまずコンサルティングから行います。製品理解を深め、用語の定義などを明確にしてから制作に入ります。最初にコンサルや定義をしっかり行うことで、マニュアルのクオリティや制作効率を高めるのです。同社はコンサルの売上だけで年間数億円に上り、高い利益率につながっています。

 大手製造業の場合、マニュアルの制作コストは毎年10億円単位に上りますが、同社に委託することで70%削減できるといいます。つまり、売上の1~3%を占めるコストを70%削減することで、営業利益率1~2%の改善が見込めるのです。加えて、エンジニアはマニュアル作りから解放され、本業の製品開発に集中できるなど、顧客である製造業にとってメリットが大きいです。

営業利益率が約50%と高く、ユニークな次世代サービスも展開

 ITを活用したサービスも開発。例えば、同社の「e-manual」というITシステムを導入すると、属人的なマニュアル作りを標準化できます。例えば、ライターや翻訳者などが打ち込んだ言葉は統一すべき用語に自動変換されて、レイアウトなども標準化できます。

 同社の2020年3月期の売上は19億円、営業利益は9.5億円で、営業利益率は50%を誇ります。よく差別化された事業と言えるでしょう。過去30年以上のマニュアル作りの経験がノウハウとして蓄積されており、さらに「e-manual」や「Grace Vision」などの次世代サービスも基本特許で固めるなど、参入障壁は高いのです。

 Grace Visionとは、今後の成長が期待できるユニークなサービスです。これはウエアラブル端末のディスプレイに搭載されたカメラとマイクを通して、AIが作業者の動作を認識し、作業者に対してARや音声で作業を指示できる製品です。これはe-manualを導入した企業が使えるサービスで、国内だけでなく、海外の企業からも引き合い殺到しているようです。

今後も年率増収率20%程度の持続成長が期待できる

 直近、株価は調整中です。これは北米の機関投資家に、創業者である松村幸治会長の持ち株を売却し、会長の持ち分が下がることを嫌気しているからでしょう。

 同社はコロナショック前に40人程度いた人員をコロナ禍にあっても増員し、さらなる成長を目指しています。コロナ禍で製造業のマインドは冷えているものの、差別化されたビジネスモデルを持つ同社だけに成長は続くと考えます。米国企業の引き合いが多いことからシカゴに拠点を作って来年から本格的に事業展開する計画もあり、今後も年率増収率20%程度の成長が期待できるでしょう。

(DFR投資助言者 山本潤)

 この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤 10年で10倍を目指す! 超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます

グレイステクノロジー(6541)/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)


ダイヤモンドZAi 2024年7月号
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2023年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

株主優待ランキング
半導体株の儲け方
金投資の入門書

7月号5月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[株主優待ランキング/半導体株]
◎巻頭企画
最新決算でわかった今買いの株48銘柄
2024年度に上がる株を早出し!


◎第1特集
達人24人のガチ推し株が集結!
NISAでも買い!
2024年6月≫12月権利確定月の株主優待カタログ113銘柄

桐谷さんの優待満喫生活&NISA戦略・オススメ株
●目的別の2大ランキング

・「優待+配当」利回りベスト15銘柄
・「少額でえ買える」優待株ベスト15銘柄

●最新情報
・優待の「新設」「廃止」銘柄一覧

●キソ知識

◎第2特集
AI時代の勝ち組筆頭をまるっと図解!
半導体株で儲ける!

●基本を図解
・用途や種類を知れば儲かる会社が見えてくる
・半導体の製造フロー!装置と素材の盟主はココだ!
●儲かる株!
・各製造フローのエースが集結!日本の半導体株ベスト
・素材の注目銘柄/装置の注目銘柄/パワーの注目銘柄/米国株の注目銘柄


◎第3特集
藤野英人さんが運用責任者に復帰して1年
足元3年間は苦戦が続くひふみ投信は復活なるか?


◎第4特集
めざせ!FXで1億円!年億稼ぐトレーダーの神トレ大公開! Y.Iさん/ジュンさん

◎【別冊付録】

最高値更新が止まらない!
「金投資」入門
 

◎連載も充実!
◆おカネの本音!VOL.23北澤 功さん
「パンダやコアラを飼ったらいくらかかる?ペットのおカネガイド」
◆10倍株を探せ!IPO株研究所2024年4月編
「金利上昇などで株価低調も長い目で見れば期待十分!」
◆株入門マンガ恋する株式相場!VOL.91
「経済圏作りは“銀行がポイント”に?」
◆マンガどこから来てどこへ行くのか日本国
「利上げ後のローン戦略 住宅ローンはまだ変動がいい理由」
◆人気毎月分配型100本の「分配金」速報データ!
「人気の100本中22本の本当の利回りが10%超に!」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!
>>【重要】サーバーメンテナンスに伴うサービスの一時停止のお知らせ


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2023】 クレジットカードの専門家が選んだ 2023年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報