今からはじめて資産1億円を目指すマネ活実践講座

「流行りだから米国株を買う」になっていませんか?
日本株を買う意義を視点を変えて考えてみよう!

2022年1月25日公開(2022年3月29日更新)
八木 エミリー
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

日本は教育改革が遅れている! 知識詰込型からアウトプット型へ

今週、「教育立国推進協議会」の設立総会に出席をしました。

超党派国会議員170名、民間有識者90名が集い今後の日本教育について考える会議です。
私は民間有識者として、金融教育の観点から参加させていただきました。

会長には下村博文元文部科学省大臣、最高顧問には安倍晋三元総理や野田佳彦元総理
という、何とも素晴らしい環境で金融を含めた教育全体について考え、メッセージを伝えさせていただける場をいただけました。

超党派ですから、自民党や民主党など党の垣根をこえて、日本全体で教育を改革していこうという大きな流れが始まったのです。
民間有識者メンバーとしてしっかり参画していきたいと思っています。

これからの教育の流れ、そして日本の社会に必要とされる人財や会社がどのようなものかを知っておくことは、自分も生き方はもちろん投資をする上でもかなりヒントになります。

日本は先進国の中でも教育改革の遅れが大きいと言われています。

アメリカではSATの科目テストが廃止になりました。低所得者世帯の生徒たちの間で「AP」カリキュラム(Advanced Placement)の普及が広まったことが理由です。

日本でも昨年からセンター試験が廃止され、大学入学共通テストが導入されました。
マークシート方式で「覚えていればOK」である試験ではなく思考力・判断力・表現力を問われる試験に変わったのです。

とはいえ、このような統一テストがいまだにある国は先進国の中で日本と韓国のみです。

今までの知識詰め込み型のインプット教育でなく、今後はアウトプット教育が必要となります。いかに自分の頭で考え、創造していくことが重要です。

一つ例を挙げてみましょう。

なぜ日本株に投資しないのか?

Photo:FUTO / PIXTA(ピクスタ)

昨今世の中では「米国株投資」が流行っています。みなさんも米国株に関する書籍を読んだりネットの記事、Youtubeなどを目にしたこともあるでしょう。

つみたてNISAをするなら世界株ファンド、とりあえずGAFAの株を長期で持っておこうかな

そんな流れが出来上がっており皆こぞって米国株に投資をしています。

確かに米国株投資もとても良い投資です。長期で投資をするのであれば私もオススメしますし実際に保有もしています。

ですが、少し目線を変えてみましょう。私たちは現在日本で暮らし、これからも日本で生活していく(もちろん海外にいらっしゃる方もいるでしょうけれど)予定なのに、どうして日本株ではなく米国株を積極的に持つのでしょう?

現に、日本人がこぞって米国株を買う(個別株、NISA、生命保険などで)ために、日本のお金がアメリカに流出していることが、最近円高になりにくい理由の一つにもなっていることにお気づきの方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

 「流行っているから米国株を買う」のではなく少し目線を変えて考えてみると新しい気づきがあります。

投資家目線で言えば日本株よりも米国株を買っていた方が将来性はあるかもしれません。

しかし私たちが暮らす日本にもっと魅力ある会社が増えれば投資をしたいと思える会社が増えれば日本にもっとお金が集まり、さらに経済が活性化していくのではないでしょうか。

そのような社会を作っていくためには、私たち一人ひとりがどんな会社に投資をしどんな企業を伸ばしていくかが重要です。

投資をすることで企業にお金が入り、その資金を元手にさらに良いサービスを作ることができます。

そんな「日本の良い会社」を発掘し、投資することで企業の価値を高めることがこれからの私たち投資家のありたい姿だなとも思います。

25歳の時に「地域貢献をしたい!」と投資家になった

私は25歳の時に地元の地域貢献がしたいという思いがきっかけで投資家になりました。

実はその時、政治家になって街を変えていこうかと迷ったのです。
しかし、政治家はなんとなく忖度とかが大変そうだし活動地域も限定されるということで
民間から世の中を良くしていこう!と、投資家になることを決意しました。

今回、教育立国推進協議会に民間有識者として参加させていただけることで25歳当時の想いが少しずつ叶ってきた気がします。

そんなこともあり、今回は少し政治が絡んだ固い話になってしまいました!

ひと昔前は、お金や政治の話はタブーと言われてきました。

でも今は、お金の話も政治の話も、みんなが堂々と話してより良い社会を作っていける時代だと思っています。

 

●八木エミリー 

投資家。野村證券に入社後、新人で東海地区の営業成績ナンバーワンとなり、最年少講師に。26歳で辞めた後は、不動産投資を開始し、7棟の不動産を所有(購入額7億円)。不動産投資の自己資金は徹底した節約で貯めたもの。現在はIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)として中立の立場で金融商品のアドバイスなども手掛けている。20代30代を中心に経済的自立を目指すお金ビギナーを救うために日々活動している。著書に『今からはじめれば、よゆうで1億ためられます!』。最新刊は書籍『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』(ダイヤモンド社)。

●メルマガ&サロン「八木エミリー 今からはじめて1億円を目指す マネ活部!」(月額2980円税込)募集中! 登録から10日間の解約は無料です。八木エミリーさんとマネ活を始めてみませんか?

 


八木エミリー お金ビギナーのためのマネ活部
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

攻めと守りの高配当株
波乱相場どうしてた?
お金お守りブック

6月号4月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[攻めと守りの高配当株&波乱相場でどうしてた?]

◎NEWS TOPICS
4月の東証再編で何が変わる? 影響は?
整理&チャンスを検証

◎第1特集
攻めと守りの高配当株
●3万円を超える!? 日経平均の再予測!
●すべて利回り4.3%超!

プライム市場の高利回り株トップ100
●[攻め!]値上がりと配当の二刀流高配当株
今まさに業績が絶好調の株
・稼ぐチカラがバツグンの株
円安が追い風の株
●[守り!]減配しないド安定高配当株
・防御力ピカイチの連続増配株
・収益が安定&財務が盤石の株
・逆風でも下がりにくい株

 

◎第2特集
ウクライナ危機&米国の利上げ

波乱相場でどうしてた?
桐谷さんが急落で買った株のべ全199銘柄を大公開!
Special Interview
厚切りジェイソンさん
「円安効果で利益増! 」
テスタさん
「日経平均の先物を売り! 」
億り人8人の投資戦略

方針転換した人多数! どう変えたの?
●読者200人アンケート

儲かった株・損した株や今後の投資戦略を大公開!
 

◎第3特集
史上最高値を更新!
常識が変わった! 有事の金で資産を守れ!

●金投資の方針が大転換の時代へ! これまでとこれから
●原油・プラチナ・小麦等のETF4
●資産3大防衛策!

 

◎別冊付録
リボ払のワナも解説!
18歳からのお金お守りブック

●銀行の口座解説
●ATMの使い方
●クレジットカードのしくみ、など


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報