ネット銀行比較
2018年6月27日公開(2019年1月18日更新)
バックナンバー
ザイ・オンライン編集部

夏のボーナスはどの銀行に預けるべきか?[2018年版]
定期預金の金利がメガバンクの39倍以上の銀行も!
~2018年夏・定期預金が高金利な銀行ランキング~

1

2018年の夏のボーナスは3年連続で増加する見込み!
ネット銀行や地方銀行の高金利&キャンペーンを活用しよう!

2018年の夏の一人当たりのボーナス支給額は「3年連続で増加」する見込み(大手シンクタンクの調査)とのこと。しかも、三菱UFJリサーチ&コンサルティングの予測では前年比+1.2%、第一生命経済研究所の予測では前年比+1.8%、みずほ総合研究所の予測では前年比+2.0%と、いずれのシンクタンクの調査結果でも伸び率は高い。さらに、経団連が東証一部上場、従業員500人以上の主要21業種の大手251社に調査した結果によると、増減率はなんと前年比+6.71%にも達しており、2018年の夏のボーナスには十分に期待できそうだ。

 とはいえ、ボーナスの支給額が増えても、銀行の預金金利は超低金利が続いている。特にメガバンクでは普通預金の金利が0.001%、定期預金でも金利が0.010%と、100万円を1年間預けても普通預金なら10円、定期預金でも100円しか利息がつかず、ATM手数料や振込手数料が発生すれば簡単に利息が吹き飛んでしまう状況が続いているのだ。しかも、利息の20.315%は源泉徴収されてしまうので、実際に受け取れる金利は8割程度。メガバンクにボーナスを預けておいても、もらえる金利は驚くほど少ないのが現状だ。

 しかし、メガバンクよりも大幅に預金金利が高いネット銀行や地方銀行、さらに夏のボーナスを見込んで、通常より高いキャンペーン金利を適用するネット銀行や地方銀行もある。ボーナスが振り込まれる銀行口座とは別に、ボーナスを預金するための銀行口座をきちんと選んで、せっかく増えたボーナスを有効に活用したいとことだ。

 そこで今回は「2018年・夏のボーナスは、どの銀行に預ければ有利なのか」を徹底調査。メガバンクやネット銀行のほか、全国の地方銀行や信用金庫まで、さまざまな銀行の定期預金金利やキャンペーン情報を調べて、定期預金の金利が高い銀行をランキングで紹介する。
【※関連記事はこちら!】
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!


 なお、今回のランキングに関しては、預入金額100万円、預入期間は1年、ネットから口座開設および定期預金の申し込みまたは預入が可能なものを条件とした(電話や郵送での口座開設、定期預金の申し込みが必要な銀行や、定期預金の預け入れ時に特定の地域に居住または勤務しているという条件がある銀行は除外)。

 それでは早速、2018年版・夏の定期預金金利ランキングを見ていこう!

■メガバンク、ネット銀行、地方銀行、信用金庫なども含めた
 2018年・夏の定期預金金利ランキング!【100万円預入れ時】

 (※ネットで口座開設、申し込みができる銀行・口座に限定。オレンジ色はキャンペーン金利。金利は6月22日時点)
順位 銀行名 1年
10万円 100万円
1位 SBJ銀行
 ※キャンペーン期間は2018年5月11日~7月20日まで
  100万円上限定期預金<ミリオくん>(100万円以下)、
  キャンペーン中の先着3000名の新規口座開設者限定の特別金利。
  なお、すでに口座を保有している場合は0.300%の金利が適用される
0.400% 0.400%
2位 大阪信用金庫
 ※来店不要型だいしん定期「センス」(100万円以上1000万円以下)
0.370%
3位 しずおか信用金庫 しずしんインターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年10月5日まで
  「燦燦定期預金」(10万円以上)、初めて定期預金をする人、
  またはキャンペーン中の新規口座開設者限定の特別金利。
  総額50億円に達した場合は締め切る可能性あり。
  なお、上記に該当しない場合は0.300%の「プレミアム定期預金2018」があり、
  こちらは総額60億円に達した場合は締め切る可能性あり。
0.330% 0.330%
4位 岡崎信用金庫 おかしんインターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年9月30日まで
  「オカザえもん定期預金」(10万円以上)
0.300% 0.300%
4位 大光銀行 えちご大花火支店
 ※キャンペーン期間は2018年8月31日まで
  「超大型スターマイン定期預金」(1口1万円以上1000万円未満)、
  4月1日以降の追加募集総額40億円に達した時点で終了
0.300% 0.300%
4位 豊田信用金庫 とよしんインターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年9月30日まで
  「ふれ愛定期預金」(50万円以上)、
  総額200億円に達した場合は締め切る可能性あり
0.300%
7位 香川銀行 セルフうどん支店
 ※「超金利トッピング定期」(10万円以上100万円まで)
0.280% 0.280%
8位 愛媛銀行 四国八十八カ所支店
 ※10万円の金利は「四国八十八カ所支店定期預金」
  (1口1万円以上1000万円未満、1人100口まで)
 ※100万円の金利は「100万円限定だんだん定期預金」(1人1口限り)
0.200% 0.270%
9位 尼崎信用金庫 ウル虎支店
 ※「ウル虎支店専用定期」(1口10万円以上1000万円未満)
0.250% 0.250%
9位 トマト銀行 ももたろう支店
 ※「スペシャルきびだんご定期預金」(1万円以上100万円まで)
0.250% 0.250%
9位 豊橋信用金庫 インターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年9月28日まで
  「特別金利定期預金」(10万円以上)、
  総額100億円に達した場合は締め切る可能性あり
0.250% 0.250%
9位 あおぞら銀行 インターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年7月31日まで。
  「
あおぞらネット定期」(50万円以上)
0.250%
13位 じぶん銀行
 ※キャンペーン期間は2018年7月31日まで。
0.200% 0.200%
13位 住信SBIネット銀行
 ※キャンペーン期間は2018年9月2日まで(1000円以上)
0.200% 0.200%
13位 清水銀行 清水みなとインターネット支店
 ※インターネット支店専用定期(1万円以上)
0.200% 0.200%
13位 島根銀行 インターネットバンキング
 ※インターネット定期預金「ネットプラス」
  (10万円以上。1年は店頭+0.19%)
0.200% 0.200%
13位 高知銀行 よさこいおきゃく支店
 ※「よさこいおきゃく定期」(10万円以上100万円まで)
0.200% 0.200%
13位 北日本銀行 インターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年8月31日まで。
​  「
特別金利定期預金」(10万円以上300万円以内)
0.200% 0.200%
19位 静岡銀行 インターネット支店
 ※キャンペーン期間は2018年8月31日まで。
  「ウルトラ金利」(10万円以上)、募集金額1200億円になり次第終了
0.180% 0.180%
20位 ソニー銀行
 ※キャンペーン期間は2018年8月31日まで(1万円以上)
  金利はキャンペーン期間内でも随時見直し
0.150% 0.150%
20位 オリックス銀行
 ※「eダイレクト定期預金」(ネット専用、100万円以上)
0.150%
20位 関西アーバン銀行 いちょう並木支店
 ※「関西アーバンダイレクト定期預金」(100万円以上)
0.150%
20位 あおぞら銀行
 ※「あおぞらポケット定期」(100万円以上)
0.150%
24位 中京銀行 なごやめし支店
 ※「大盛なごやめし定期」(1万円以上100万円まで)
0.135% 0.135%
25位 楽天銀行
 ※キャンペーン期間は2018年7月12日まで(1000円以上)
0.120% 0.120%
26位 スルガ銀行 Dバンク支店
 ※100円以上
0.110% 0.110%
26位 伊予銀行 インターネット支店
 ※インターネット支店専用定期(1万円以上・店頭+0.1%)
0.110% 0.110%
26位 青森銀行
 ※キャンペーン期間は2019年3月31日まで。
  「つないでネ!ットで定期預金」キャンペーン
  (ネットバンキングで店頭+0.1%、1万円以上、金利は当初預入期間のみ適用)
0.110% 0.110%
26位 播州信用金庫 夢みらい支店
 ※「ばんしん夢みらいスーパー定期預金」(1人10万円以上1000万円以内)。
0.110%
30位 大和ネクスト銀行
 ※大和証券の口座開設が必要。10万円以上。
0.100% 0.100%
30位 秋田銀行 あきぎんこまち支店
 ※あきぎんこまち支店専用定期(1口10万円以上)
0.100% 0.100%
30位 紀陽銀行 インターネット支店
 ※ネット定期(10万円以上)
0.100% 0.100%
30位 朝日信用金庫 東京下町ネット支店
 ※キャンペーン期間は2019年3月29日まで。
  「親子パンダ定期預金」(10万円以上1000万円未満)
0.100% 0.100%
30位 鳥取銀行 とっとり砂丘大山支店
 ※「らくだ定期」(1口100万円、何口でも可)
0.100%
35位 三重銀行 インターネットバンキング
 ※新規預入時の金利(1万円以上、店頭+0.05%)
0.060% 0.060%
35位 中国銀行 晴れの国支店
 ※キャンペーン期間は2018年8月31日まで(店頭+0.05%)
0.060% 0.060%
37位 イオン銀行
 ※1万円以上
0.050% 0.050%
37位 荘内銀行 わたしの支店
 ※6月の金利(1口100万円以上1000万円以下)
0.050%
39位 東邦銀行 インターネット支店
 ※新規預入時の金利で店頭+0.02%(100円以上)
0.030% 0.030%
39位 東日本銀行 お江戸日本橋支店
 ※1口10万円以上1000万円以内、1人30口まで
0.030% 0.030%
41位 ジャパンネット銀行
 ※1万円以上
0.020% 0.020%
41位 セブン銀行
 ※1万円以上
0.020% 0.020%
43位 新生銀行 0.010% 0.010%
43位 みずほ銀行 0.010% 0.010%
43位 三井住友銀行 0.010% 0.010%
43位 三菱UFJ銀行 0.010% 0.010%
43位 りそな銀行 0.010% 0.010%

 今回の調査でもっとも定期預金金利が高かったのは「SBJ銀行」の0.400%で、100万円を1年間預けた場合の利息は4000円(税引後3187円)となる。一方、メガバンクの定期預金金利は0.010%で、100万円を1年間預けた場合の利息は100円(税引後80円)なので、その差はなんと39倍を超えることに!

 マイナス金利が導入される前と比べ、メガバンクの定期預金金利は10分の1に下がってしまったが、地方銀行やネット銀行の定期預金金利はそこまで下がっていないので、メガバンクとネット銀行や地方銀行の金利差はさらに拡大傾向にある。そのため、1位になった「SBJ銀行」や上位にランクインした地方銀行や信用金庫を利用できる人は、夏のボーナスをメガバンクからそれらの銀行に移したほうがかなり有利になるはずだ。
【※関連記事はこちら!】
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!


 なかでも、1位になった「SBJ銀行」は2018年7月20日までのキャンペーン期間中なら「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の1年ものが0.40%、2年ものが0.45%となっている。これらは新規口座開設をした先着3000名限定の特別金利だが、「SBJ銀行」は通常の定期預金金利でも0.25%と高め設定されており、常に定期預金の金利ランキングでは上位にランクインしている銀行なので、今回のキャンペーンを機に口座開設をしておけば、継続的に高金利の恩恵を受けられるのも魅力的だ。

 SBJ銀行⇒詳細ページはこちら!
【SBJ銀行のおすすめポイント】
 ●定期預金の金利がトップレベル!
 ●ATMの出金手数料が24時間365日、何回でも無料!
 ●他行への振込手数料が、月7回~回数無制限で無料!
⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.02% 0.40%(※1) 0.25% 0.30%
 ※100万円を預けた場合の2018年6月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の特別金利キャンペーン適用時。キャンペーンは2018年5月11日~7月20日まで、先着3000名限定。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(ネット取引の場合・税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
24時間365日
何回でも無料
月10回~無制限で無料
以降は100円
(※1)
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
 他行あて:
月10回~無制限で無料(※1、※2)、以降は200円
 ※1 「SBJプレミアクラブ」のステータスによって、無料出金回数および無料振込回数は異なる。※2 ジャパンネット銀行あてと楽天銀行あての無料振込回数は月3回まで。

【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!

SBJ銀行のお申し込みはこちら

 「SBJ銀行」という名前を聞きなれない人も多いかもしれないが、「SBJ銀行」は韓国大手の銀行である「新韓銀行」の日本法人として2009年9月に開業した銀行。ただし、他の日本の銀行と同様に預金保険制度(ペイオフ)の対象にもなっているので、万が一、「SBJ銀行」が破綻しても元本1000万円までは預金保険機構が保護してくれる。そのほか、コンビニのATM手数料も「セブン-イレブン」にあるセブン銀行や「ミニストップ」などにあるイオン銀行のATMなら「24時間365日、何回でも無料」で利用できたり、他行宛ての振込手数料も月7回まで無条件で無料など、金利だけでなく手数料でもメリットが大きい銀行となっている。
【※関連記事はこちら!】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!

 2位以下の地方の信用金庫や地方銀行などに預けにくい人には、ネット銀行もおすすめだ。以下に定期預金の金利が高いおすすめの主なネット銀行を紹介していこう。

定期預金金利が0.2%になる「住信SBIネット銀行」。
ATM&振込手数料の安さと「SBI証券」との相性の良さで人気!

 最初に紹介する「住信SBIネット銀行」では、2018年6月4日~9月4日まで、定期預金金利が0.2%になる「円定期預金 特別金利キャンペーン」を実施中。定期預金は1000円以上、1円単位の預け入れが可能なので、ボーナスが出ない人でも気軽に始めることができる。

 また、「住信SBIネット銀行」はコンビニATM手数料が月2~15回無料、振込手数料も月1~15回無料になるほか、SBI証券」と連動させて「SBIハイブリッド預金」を使えば普通預金金利も0.01%でメガバンクの10倍になるなど、個人投資家にも人気のネット銀行だ。

 住信SBIネット銀行⇒詳細ページはこちら!
【住信SBIネット銀行のおすすめポイント】
 ●「SBI証券」の証券口座と連動する「ハイブリッド預金」をつくると、普通預金金利が大幅にアップ!
 ●休日でも夜でも24時間365日、無料回数内ならATM出金手数料が0円
 ●他行への振り込みが、最大月15回まで手数料0円
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.01%(※) 0.20% 0.02% 0.02%
 ※100万円を預けた場合の2018年6月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※ SBI証券口座保有者の「ハイブリッド預金」適用時。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(ネット取引の場合・税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円 同行あて:無料
他行あて:月1回~15回無料
(※)、以降は142円
 ※「スマートプログラム」のランクによって異なる。

【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!

「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!

住信SBIネット銀行の「プレミアムサービス」とは?「ミライノ カード」の還元率が0.4%もアップする有料サービス「プレミアムサービス」の特典を解説!
 
「住信SBIネット銀行」の有料サービス「プレミアムサービス」に入ったほうが得する損益分岐点が判明!「ミライノ カードGOLD」が還元率1.4%の高還元に

住信SBIネット銀行のお申し込みはこちら

2018年7月末までキャンペーンを実施中の「じぶん銀行」。
1年ものが0.20%の高金利+抽選で10周年記念プレゼントも

 次に紹介する「じぶん銀行」は、携帯電話でおなじみ「KDDI(au)」と「三菱UFJ銀行」が共同出資して2008年6月に設立、今年6月に10周年を迎えたネット銀行で、スマホ取引の使い勝手がいいと評判だ。

 その「じぶん銀行」では、2018年7月末まで「夏のボーナスフェア」を実施中で、1年ものの定期預金の金利が0.2%になる。さらに、「10周年記念キャンペーン」として、キャンペーンにエントリーして希望の景品を選び、2018年7月末までに一度に5000円以上を入金すると、「非日常が味わえるナイトクルージング」「宿泊して楽しむ美食オーベルジュ」「五感で味わう高級レストラン」(いずれも10組20名)のほか、宝くじ「BIG(1口)」が1万名に当たるチャンスも。

 じぶん銀行⇒詳細ページはこちら!
【じぶん銀行のおすすめポイント】
●「じぶんプラス」のステージが上がると、コンビニ手数料が最高で月11回まで無料、他行あて振込み手数料が最高で月5回まで無料!
●「定額自動入金サービス」なら、手数料無料で自分名義の他口座から預金を移動できる!

●「au」が親会社なだけあって、スマホアプリが使いやすい!
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.001% 0.20% 0.03% 0.03%
 ※100万円を預けた場合の2018年6月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(ネット取引の場合・税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2~11回まで無料
以降は100円
(※1)
 同行あて:無料
 他行あて:月0~5回まで無料、以降は月161~257円
※1、※2)
 ※1 「じぶんプラス」のステージによって異なる。※2 三菱UFJ銀行あての振込手数料はいつでも無料。

【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資で誕生したネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月5回まで無料に!

じぶん銀行のお申し込みはこちら

「イオン銀行」なら年会費無料の「イオンカードセレクト」を
保有&利用すれば、簡単に普通預金金利が0.10%にアップ!

 さらに、定期預金をするには不安なお金、もしくは生活資金を預けておくなら「イオン銀行」の普通預金を利用するのがおすすめだ。

 というのも、「イオン銀行」では関連サービスの利用内容によってATM手数料や振込手数料が無料になる回数に加えて、普通預金金利が0.05~最大0.12%になるステージ制を2018年7月から導入しているが、普通預金金利が「0.10%」になる「シルバーステージ」以上になる方法が簡単なのだ。その方法とは、キャッシュカードも兼ねている年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、インターネットバンキングに登録、毎月1回「イオンカードセレクト」でカード決済(または搭載しているWAON決済)を行うだけ。この条件を満たせば「イオン銀行」の普通預金金利に「0.10%」の高金利が適用されるのだ。金利「0.10%」とはメガバンクの定期預金金利の10倍(普通預金と比較すると100倍!)にもなり、しかもいつでも引き出せる普通預金の金利なので、貯蓄用資金も普段利用する生活費もすべて「イオン銀行」に預けておいてもいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.12%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!

イオンカードセレクト
還元率 0.5~1%
「イオンカードセレクト」のカードフェイス
発行元 イオンクレジットサービス
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
WAON、モバイルSuica、ICOCA
関連記事 イオンで一番得するのは「イオンカードセレクト」!意外と知らない「イオンのポイント2重取り」と「イオン銀行」+「WAON」を使った節約術を公開!
「イオンカードセレクト」の公式サイトはこちら

 イオンやまいばすけっと、ミニストップなどにある「イオン銀行」のATMなら24時間、ATM手数料が無料で利用できるほか、前述の「シルバーステージ」になれば他行ATM利用手数料も月2回無料、他行宛ての振込手数料も月1回は無料になるのも便利だ。

 イオン銀行⇒詳細ページはこちら!
【イオン銀行のおすすめポイント】
 ●「イオンカードセレクト」を保有していると、普通預金金利が0.10%に!
 ●イオン銀行ATMの出金手数料が24時間365日、何回でも無料!
 ●イオン銀行ATMは、全国に5909台(2017年6月末時点)。イオン、ミニストップ、“まいばすけっと”など、着実に増加中
  ⇒各おすすめポイントの解説はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.10%(※1) 0.05% 0.10% 0.10%
 ※100万円を預けた場合の2018年6月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1「イオンカードセレクト」保有者の場合。2018年7月以降は、「イオン銀行Myステージ」のステージによって、普通預金金利が0.001~0.12%と変動。「イオンカードセレクト」を保有+カードを月1回以上利用+ネットバンキング登録などで、金利0.10%の「シルバーステージ」になることが可能。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料
(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリーマート
(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~5回まで無料(※)、以降は
平日8:45~18:00は100円、
それ以外は200円
24時間365日
何回でも無料
 同行あて:無料
他行あて:月0~5回まで無料(※)、以降は200円
 ※「イオン銀行Myステージ」のステージによって、無料入出金回数および無料振込回数は異なる。

【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須!簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!


定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクのなんと100倍で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!

「マイナス金利」時代に有効な節約方法を伝授!優遇金利や手数料に着目したネット銀行の選び方と銀行預金の代わりに検討すべき高利回り商品を紹介!

イオン銀行のお申し込みはこちら

 3年連続で、しかも大幅に増加すると予想されている「2018年の夏のボーナス」。せっかく増えても、金利が低い銀行に預けておくのはもったいない! お得な高金利キャンペーンを実施しているネット銀行や地方銀行、または普段から普通預金や定期預金の金利を高く設定しているネット銀行をしっかり調べて、大事なボーナスの預け先を検討しよう!

(データ提供/ストック・リサーチ 大和田智美、記事執筆/ザイ・オンライン編集部)

【※関連記事はこちら!】
【定期預金の金利を徹底比較!】定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!

ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら!  カードローンおすすめ比較 住宅ローンおすすめ比較
 【2019年1月15日時点】
 ■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
 ◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.10%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
イオン銀行が「マイナス金利」時代の最強銀行に!?「イオン銀行+イオンカードセレクト」で普通預金の金利が破格の0.1%になるお得な特典を活用しよう!
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
 ◆じぶん銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.20%
(「冬の特別金利キャンペーン」
適用時)
0.03% 0.03%
【じぶん銀行おすすめポイント】
KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資してできたネット銀行。コンビニATMからの出金手数料が最大月11回まで無料のうえ、三菱UFJ銀行への振込み手数料が何回でも無料なので、三菱UFJ銀行を使っている人にもおすすめ! また、スマホ取引の使い勝手にも注力している。
【関連記事】
【じぶん銀行の金利・手数料・メリットは?】auと三菱UFJ銀行の共同出資でできたネット銀行。他行あて振込み手数料が、最高で月15回まで無料に!
じぶん銀行の口座開設はこちら!
 ◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.13% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「普通預金金利が5倍になることも! 低コスト&多彩なメニューのネット銀行とは? 
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天証券と楽天銀行の口座開設はこちら!
楽天銀行の口座開設はこちら!
 ◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20%
(「特別金利キャンペーン」
適用時)
0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
 ◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%
(「100万円上限定期預金
<ミリオくん>」の場合)
0.20% 0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
 ◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.03%(※2) 0.03%(※2) 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。※2「スターワン円定期預金+」(店頭・テレホンバンク限定、6カ月複利)の場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年1月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「じぶん銀行」なら、1年もの定期預金金利が
0.2%と高金利! さらに、ATM出金手数料は
最大で月11回まで無料!⇒関連記事はこちら

Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! ダイナースクラブカード」の全15券種の  付帯特典を調査して“実力”を検証 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン ソニー銀行の住宅ローン 住信SBIネット銀行の住宅ローンは全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯! インヴァストカードはポイントが自動的にETFに積立投資される新世代カード 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

2019年最強日本株
億り人の投資法
確定申告大特集

3月号1月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!お得な定期購読の詳細はコチラ!

 

【2019年 最強日本株6大番付 】

最強日本株」の選び方!
日経平均高安値の予測
高配当株 JT vs 三井住友FG
株主優待株 ヤマダ電機 vs フォーシーズHD
割安株 三井物産 vs 三菱ケミカルHD
10万円株 ソースネクスト vs ヤマシンフィルタ
大型株 NEC vs リクルート
中小型株 ワークマン vs MTG

億り人が語る2019年の勝ち戦略
2018年アノ相場勝てたワケ
2019年
勝ち戦略
億り人の投資法を大公開!

確定申告大特集
・給与などの所得や控除
ふるさと納税で寄附した人
投資信託得&損した人
投信分配金
配当を得た人
FX先物取引得&損した
医療費市販薬代がかかった人

●あと100万円をつくる節約&副業ワザ
●大型株&中小型株の最強日本株投信番付10

【別冊付録1】
・2019年に
NISAで勝つ8つのワザ

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼント!春のキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング