FP花輪陽子のシンガポール移住日記

資産運用の専門家「IFA」を活用するメリットとは?
海外では一般的な「IFA(インディペンデント・ファイ
ナンシャル・アドバイザー)」の使い方や探し方を解説

【第42回】 2019年2月21日公開(2019年2月21日更新)
花輪陽子
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

資産運用の専門家「IFA」に相談すれば、
投資する金融商品の幅を広げることができる!

 ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。今回は、日本にいながら「IFA」を通じてシンガポールや香港の金融商品に投資する方法をご紹介します。

 「IFA(インディペンデント・ファイナンシャル・アドバイザー)」とは、特定の金融機関に縛られず、顧客のニーズを最優先した金融商品の提案やアドバイスを手掛ける、資産運用の専門家です。
 
 この連載でも何度かお話ししていますが、シンガポールや香港には、日本で販売されていない魅力的な金融商品があります。そのため、「もっと資産運用の選択肢を増やしたい!」と考えるのであれば、海外でしか販売されていない金融商品への投資も、真剣に検討してみるといいでしょう。

 しかし、海外の金融商品に投資するというと、「億単位の資金が必要なのでは?」「金融商品の専門的な知識が必要なのでは?」と尋ねられることがあります。そんなときに頼りになるのが「IFA」です。

 海外の金融商品に投資するには、確かに、ある程度のまとまった資金が必要ですが、今回紹介する「IFA」を経由すれば、億単位よりはもう少し手の届きやすい金額で投資することが可能です。また、私は仕事で「IFA」とも付き合いがありますが、彼らの多くは金融機関で豊富な経験を積んでおり、高度な専門知識と提案力を兼ね備えた頼れる存在です。

 これらのメリットがあることから、シンガポールでは日本よりも「IFA」が身近な存在としてよく知られているのです。

「IFA」と「FP」の違いとは?
投資を敬遠しがちな日本人こそ「IFA」を活用すべき!

 日本でも、少しずつ「IFA」の存在が知られるようになってきましたが、まだ広くは浸透していない印象ですし、「FP(ファイナンシャル・プランナー)」との違いもわかりにくいかもしれません。

 明確な定義はないようですが、「FP」が人それぞれのライフプランに合わせた資産設計(節約・家計管理などを含む)を専門分野とするのに対し、「IFA」は金融商品を用いた資産運用のアドバイス、メンテナンスに長けている、と認識しておけばいいでしょう。

 「FP」も必要だと思いますが、私は資産運用を敬遠しがちな日本人こそ、その専門家である「IFA」に頼るようになればいいのでは、と思います。資産運用について「IFA」に気軽に相談するのが当たり前の世の中になれば、投資に対するハードルも下がるかもしれません。

 ちなみに、シンガポールでは「I(インディペンデント)」がつかない「FA(ファイナンシャルアドバイザー)」という職種についている人のほうが、「IFA」よりも多いです。「FA」は、特定の保険会社の商品を主に取り扱い、保険の提案をメインに活動しています。

 「IFA」は保険に限らず、より幅広い金融商品を仲介します。日本に住んでいる人が、シンガポールの金融商品に投資するのであれば、「FA」ではなく「IFA」を頼ることになります。なぜなら、シンガポール在住者以外は、原則としてシンガポールの保険(利回りの高い年金保険など)を買うことができないため、保険専門の「FA」ではあまり役に立たないからです。

「IFA」を利用することで、多額の資金がなくても
「プライベートファンド」などに投資できることも!

 ここからは、「IFA」のメリットを詳しく紹介していきましょう。

 「IFA」を利用すると、資産運用のアドバイスやメンテナンスをしてもらうことができ、資産形成をするうえで大きな助けになります。

 「IFA」に相談することで、個人が金融機関で普通に買うことができない、特殊な金融商品を買えるようになる場合もあります。富裕層の資産を管理・運用する、金融機関の「プライベートバンキングサービス」も、「プライベートファンド」や「プライベートエクイティファンド」(※いずれも、資金を募る対象が限定されている、ハイリスク・ハイリターンなファンド)といった、特殊な金融商品を提供することで知られていますが、通常は資金が最低でも2億円程度は必要になります。しかし、「IFA」に依頼することで、そこまで多額の資金がなくても、「プライベートファンド」や「プライベートエクイティファンド」などに投資できる場合があります。

 プライベートバンキングでは、資産運用に回せる資金が2億円あるなら、原則的にその全額を銀行に預け入れなければならないのですが、「IFA」にはそのようなルールがありません。利用者が「IFA」からのアドバイスを受けたうえで、「自己資金のうち、これくらいの割合なら、この金融商品で運用してもいい」と考えた分だけを、適宜、自己判断で投資に回すことができるのです。

 たとえば、「プライベートファンド」はファンドマネージャーによって設定される最低投資額が異なり、一般に20万シンガポールドル(約1600万円)程度から始められるものが多くなっています。なかには、最低投資額が10万シンガポールドル(800万円)程度と、比較的ハードルが低いものもあります。

「適格投資家」の認定を受ければ、
さらに投資できる金融商品の選択肢が増える!

 ちなみに、シンガポールでは「適格投資家(Accredited investors、略して「AI」)」に認定されると、5万シンガポールドル(約400万円)程度から「プライベートファンド」に投資できる場合が多いです。

 シンガポールの証券先物法で定義されている「適格投資家」とは、日本円で2400万円程度の年収があるか、1億6000万円程度の資産(場合によっては不動産を含む)を保有する投資家を指します。シンガポールでは、「適格投資家」だと一般の投資家よりも優遇され、資産運用の選択肢が多くなるわけです。なお、シンガポール以外の国に住む人でも、前述の条件を満たせば「適格投資家」と認定されます。

 「適格投資家」がなぜ優遇されるかといえば、信用力が高いからです。シンガポール政府には、収入や資産がない人に対して、リスクの高い金融商品を販売したくないという意図があるのでしょう。

 「プライベートファンド」はたしかにハイリスク商品なのですが、リスクが高い商品には、当然高いリターンも付き物です。最近では、右肩上がりで上昇している英国の老人ホームなど、ヘルスケア業界に投資するファンドや、オーストラリアの「ランドバンキング」(開発需要のある未開拓地を小口化して販売。不動産投資の一種。リスクはかなり高め)に投資するファンド(※年利10%弱)などが、シンガポーリアンの間で大人気です。

シンガポールの「IFA」会社を探すなら、
シンガポール金融管理局に登録する「IFA」を選ぼう

「IFA」のメリットは、ここまでに紹介したように、資産運用の助けとなり、投資対象の幅が広がることの2点と考えておけばいいでしょう。

 続いて、気になる「IFA」の手数料ですが、基本的に相談料に関しては無料です。利用者がファンドや保険などを購入した場合、「IFA」には金融機関からの仲介手数料が入るなど、コミッションベースの報酬体系になっているケースが主流です。

 シンガポールの「IFA」に相談するには、「IFA」の会社を探すところから始めることになります。シンガポール金融管理局(=中央銀行、通称MAS)のサイト内には、「Financial Institutions Directory」というページがあるので、そこから「Financial Advisory」を選び、「Licensed Financial Adviser」を選択すると、「IFA」の会社の一覧を見ることができます。

 サイトはすべて英語表記ですし、「IFA」にコンタクトを取ったとして、やりとりもすべて英語になります。ただ、なかには日本人がいる会社もあります。また、どの「IFA」を選べばいいのかを決めかねる場合には、その分野に詳しい日本のファイナンシャル・プランナーなどから紹介を受けるか、金融用語が分かる通訳に翻訳を頼んでみるのも手かもしれません。

 また、やりとりは日本でできますが、基本的に契約をする際、一度はシンガポールに足を運ぶことになる可能性が高いでしょう。

日本で「IFA」を探すなら、金融庁の認可は必須!
証券会社と提携している「IFA」を活用するのも一案

 「IFA」初心者で、シンガポールの「IFA」を探すのが不安ということであれば、まずは日本の「IFA」を活用してみるのもいいかもしれません。最近では、SBI証券楽天証券などのネット証券会社と「IFA」が提携していることも多いので、利用しているネット証券経由で探してみるのも一案です。また、「IFA」を検索できる「IFAナビ」も便利です。サイトの中に金融庁の登録「IFA」のリンクもあるので、ちゃんと認可を受けているかも合わせて確認するとよいでしょう。

 ただ、「IFA」も千差万別であり、スキルに差があるほか、人として合う・合わないも出てくるはずです。大切な資産について相談する相手なので、担当者は慎重に決めるようにしたいもの。個人的には、外債などのノウハウが豊富な、外資系プライベートバンクで働いた経験のある人などがベターだと思います。

 日本でも、「IFA」は金融機関からのコミッションを収益にしている場合が多いですが、場合によっては相談料を取る会社もあるようです。念のため、事前に報酬体系なども確認をするといいでしょう。

 さて、今回は「IFA」について紹介しました。個人での資産運用がなかなかうまく行かない人、そこそこ資金はあるけど、自分で運用するのが不安で専門家に任せたい人などは、ぜひ「IFA」という選択肢を検討してみてください。

FP・花輪陽子さんの新刊が発売中!
『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』(講談社プラスα新書)
『図解でわかる!投資信託』

経済成長率3.5%で、定年退職は67歳。人口減少に影響されない社会保障制度が完備され、優秀な外国人労働者を優遇し、なおかつ教育環境も高水準な国・シンガポール。日本もお手本にしたい、少子高齢化でも老後不安がゼロのシンガポールが実行している合理的で賢い政策を、現地在住のファイナンシャルプランナーならではの視点で紹介! 

▼節約の第一歩はATM&振込手数料が無料のネット銀行選びから!▼
ネット銀行比較!トップページへ
金利やATM手数料、使い勝手、人気などで比較したZAi編集部のおすすめネット銀行はこちら! 定期預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング! 住宅ローンおすすめ比較 コンビニATM手数料&振込手数料のお得さで選ぶ!おすすめネット銀行はこちら! 普通預金金利の高さで選ぶ!おすすめネット銀行ランキング!  カードローンおすすめ比較
【2019年8月15日時点】
■編集部おすすめのネット銀行はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆イオン銀行(イオンカードセレクト保有者)  ⇒詳細ページはこちら!
0.05%
(「イオン銀行Myステージ」の
「シルバーステージ」の場合)
0.02% 0.02% 0.02%
【イオン銀行おすすめポイント】
2018年4月に始まった「イオン銀行Myステージ」で「シルバーステージ」になれば、普通預金金利が定期預金並みの0.05%に! しかも、「シルバーステージ」になるには、年会費無料のクレジットカード「イオンカードセレクト」を保有、「イオン銀行」のインターネットバンキングに登録、「イオンカードセレクト」のクレジット機能またはWAON機能で月に1回以上決済といった、簡単かつノーリスクな条件をクリアするだけ。「シルバーステージ」になれば、イオン銀行ATMの手数料は24時間いつでも何回でも無料なのはもちろん、他行ATMの入出金手数料は月2回まで、他行あて振込手数料も月1回まで無料になる!
【関連記事】
【イオン銀行の金利・手数料・メリットは?】イオン銀行利用者は「イオンカードセレクト」が必須 簡単に普通預金が定期預金並みの金利0.1%にアップ!
「イオン銀行Myステージ」で簡単にステージを上げる攻略法を伝授! 普通預金金利が0.15%になり、各種手数料もお得な「プラチナステージ」になる方法は?
定期預金金利に匹敵する普通預金があった! 普通預金の金利がメガバンクの100倍以上で各種手数料もお得な「イオン銀行」を使え!
イオン銀行の口座開設はこちら!
◆楽天銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%
(楽天証券口座保有者の
「マネーブリッジ」適用時)
0.03% 0.03% 0.04%
【楽天銀行のおすすめポイント】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ!  しかも、楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」を同時に開設できるので、普通預金金利が高金利な「マネーブリッジ」の利用も簡単! また、「マネーブリッジ」を利用しても特に投資をする必要はないので、とりあえず楽天証券の口座も開設して、楽天銀行の普通預金だけ利用してもOK!
【関連記事】
【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
「楽天カード」は「楽天銀行」とセットで使うことで楽天市場の還元率が1%アップ!さらに「楽天ゴールドカード」+「楽天銀行」なら還元率が常時6%以上に!
「楽天銀行」と「楽天証券」はセットで使うのが得!預金金利が5倍、配当金受取で現金プレゼントなど、証券と銀行の連携でさらに得するサービスが充実!
楽天銀行の口座開設はこちら!
◆住信SBIネット銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.01%
(SBI証券口座保有者の
「ハイブリッド預金」適用時)
0.20%(※1) 0.02% 0.02%
【住信SBIネット銀行おすすめポイント】
「SBI証券」の証券口座と連動する「SBIハイブリッド預金」をつくれば、普通預金金利が大幅にアップ! ATM出金手数料と振込手数料はそれぞれ最大月15回まで無料! (「スマートプログラム」のランクによって無料回数は異なる)。
※1  2019年9月1日までのキャンペーン金利適用時。
【関連記事】
住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!
「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!
住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
住信SBIネット銀行の口座開設はこちら!
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
◆東京スター銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.10%(※1) 0.025% 0.025% 0.025%
【東京スター銀行銀行のおすすめポイント】
コンビニATMの出金手数料は、月8回までなら24時間365日いつでも無料なので使いやすい。さらに、給与振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップするのもメリット。また、通常の定期預金のほか、年利0.05%の「スターワン1週間円預金」金利0.10%~の「スターワン円定期預金+」など、お得な金融商品を数多くラインナップ。
※1 東京スター銀行を給与振込口座に指定した場合。
【関連記事】
【東京スター銀行の金利・手数料・メリットは?】「ATM手数料」や「振込手数料」がお得なネット銀行。さらに、給与振込で普通預金金利が100倍にアップ!
東京スター銀行の口座開設はこちら!
◆ソニー銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.001% 0.15%(※1) 0.02% 0.02%
【ソニー銀行おすすめポイント】
外貨に強いネット銀行。Visaデビット付きキャッシュカードの「Sony Bank WALLET」なら海外事務手数料が0円なので、海外での買い物がクレジットカードよりお得! 優遇プログラム「Club S」のステージなどにより、ATM出金手数料は月4回~無制限で無料、他行あて振込手数料は最大月11回まで無料! 毎月無料で決まった金額を、他行から手数料無料で入金できる「おまかせ入金サービス」も便利。
※1  2019年8月31日までのキャンペーン金利適用時。
【関連記事】
【ソニー銀行の金利、手数料、メリットは?】外貨に強いネット銀行。Visaデビット搭載のSony Bank WALLETならクレジットカードよりお得に海外ショッピングが可能
「ソニー銀行」の顧客満足度調査の評価はなぜ高い? 手数料や金利で突出したメリットが見当たらなくてもなぜかユーザーから支持されている理由はどこだ!? 
ソニー銀行の口座開設はこちら!
◆SBJ銀行  ⇒詳細ページはこちら!
0.02% 0.20%(※1) 0.20% 0.25%
【SBJ銀行のおすすめポイント】
ほかのネット銀行と比べても、定期預金金利の高さはトップクラス! さらに、セブン-イレブンとミニストップ(イオン銀行)なら、ATM出金手数料がいつでも何回でも無料、ファミリーマート(E-net)なら、最低でも月10回まで無料でお得。他行あて振込手数料も最低で月7回まで無料なので、月に何回も振込をする人におすすめ!
※1 「100万円上限定期預金<ミリオくん>」の場合。
【関連記事】
【SBJ銀行の金利・手数料・メリットは?】定期預金がお得で、魅力的な商品も多い外資系銀行。ATM手数料や他行あて振込手数料の安さもメリット!
SBJ銀行の口座開設はこちら!
※ 100万円を預けた場合の2019年8月15日時点の金利(年率、税引前)。金利は税引き前の年利率であり、利息には20.315%(国税15.315%〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。また、最新の金利は各銀行の公式サイトをご確認ください。
おすすめのネット銀行

「東京スター銀行」なら、誰でも月8回まで
ATM手数料が無料! さらに簡単な条件クリアで
振込手数料が月3回まで無料!⇒関連記事はこちら

東京スター銀行の公式サイトはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「ミライノ カード」は銀行系カードでもっともお得な年会費「実質」無料+高還元+キャッシュバック型のクレジットカード!住信SBIネット銀行利用者は必携 イオンカードを作るなら「イオンカードセレクト」が一番お得! WAONチャージでのポイント2重取り&イオン銀行で預金金利が優遇されやすくなる特典も! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

10年持てる配当株
ふるさと納税
老後のおかね

9月号7月20日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

10年持てる配当株&優待株

●減配しない! 増配しそう! ずーっと持てる安心感
10年配当株
配当利回り1.5%以上から厳選 「10年配当度
人気高配当株30銘柄の10年配当度 激辛診断!
儲けている個人投資家5人に聞く

安定高配当株
値動きも業績も安定の大型株
・食いっぱぐれない中小型株

配当成長株
10年売上増の不景気に強い
最高益達成のニッチ分野の株

生きるだけなら2000万円はいらない! 
それでも不安な人に送る

「老後のおかね」マニュアル
年金制度は破綻はしない。ただしもらえる額は減る
・老後の収入を計算しよう! 
老後の支出を想定するには家計の把握が必須! 
備える額で安心度が変わる

10年続く株主優待37銘柄
ひふみ投信藤野英人さんなど
人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問! 

今度こそFXで儲ける!レンジ攻略で7割勝つ! 

【別冊付録・1】
2019年6月からの新制度対応! 

ふるさと納税人気7大サイト徹底比較

【別冊付録・2】
iDeCoつみたてNISAで実現
老後資金をゼロから1000万円つくる方法
------------------------------------------
【お知らせ】
定期購読者の皆様へ
台風10号の影響による定期購読誌お届けの遅れについて

------------------------------------------

定期購読を申し込むと500円の図書カードをプレゼントキャンペーン開催中!


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ) 一番売れてる月刊マネー雑誌ザイが作った「老後のおかねの教科書」

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報