クレジットカードおすすめ最新ニュース[2019年]

クレジットカードの専門家が「カードの不正利用」の
被害に遭遇! 悪用された金額の調査方法や、カード
会社に被害を補償してもらう方法をわかりやすく解説クレジットカード専門家・菊地崇仁の「カードの不正利用」体験記(1)

2019年5月4日公開(2019年4月26日更新)
ポイ探ニュース
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示
クレジットカードの不正利用

筆者のクレジットカードで身に覚えのない
「Yahoo!プレミアム」の月会費と同額の支払いを発見!

 筆者が保有している「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」の支払履歴に気になる項目を見つけた。
【※関連記事はこちら!】
「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」は付帯特典とステータスが抜群の“最強の法人カード”!経費管理や出張で役立つ充実のサービスを使い倒せ!

 「ヤフージャパン -東京都 港区 インフォメーション・サービス」宛で、2018年12月末に498円の利用があったのだ。

 498円という金額を見てピンとくる人もいると思うが、これはYahoo!プレミアムの月会費と同じ金額だ。

 筆者はYahoo! JAPAN IDを2つ保有している。Yahoo! JAPAN IDは、複数のアカウントを作成しても規約違反ではない。実際にYahoo! JAPAN IDに関するヘルプでも、複数アカウントを利用できる旨が記載されている。

 なぜ、筆者がわざわざ複数のYahoo! JAPAN IDを持っているかというと、ソフトバンクとワイモバイルを契約しているからだ。

 ソフトバンクを契約して、Yahoo! JAPAN IDのスマートログインを設定していると「Yahoo!ショッピング」で付与されるTポイントが通常の1倍に加えて、Yahoo!プレミアム会員の+4倍、ソフトバンク ユーザー限定特典の+5倍となり、合計で通常の10倍のTポイントを貯められる。しかも、Yahoo!プレミアムの月会費はソフトバンク利用者であれば無料だ。
【※関連記事はこちら!】
Yahoo!ショッピングなら楽天より楽に20%還元に!「ソフトバンク携帯」+「Yahoo! JAPANカード」で効率よくTポイントを稼いで得する方法を伝授!

 ワイモバイルの場合は、ソフトバンク ユーザー限定特典の+5倍が適用されないので、Tポイント獲得倍率は通常の5倍となる。こちらも、Yahoo!プレミアム会員の月会費が無料になる。
【※関連記事はこちら!】
Yahoo!プレミアム会員の会費が無料になる裏ワザと、ヤフオクの手数料を実質「0円」にする方法を公開!Yahoo!プレミアムのメリット&お得な活用法を伝授!

 ソフトバンクまたはワイモバイルが、Yahoo!のサービスで獲得できるポイントをまとめると以下の通り。

■ソフトバンク・ワイモバイルユーザーのポイント獲得倍率
  ソフトバンク ワイモバイル
通常 1倍 1倍
Yahoo!プレミアム会員 +4倍 +4倍
ソフトバンク ユーザー限定特典 +5倍
合計 10倍 5倍

 ソフトバンクやワイモバイル利用者であれば、「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」を積極的に利用するとお得だ。なお、それぞれの特典で付与される期間固定Tポイントは、今後、PayPay残高となる予定となっている。

クレジットカード会社に問い合わせたことで、
不正利用された約6000円が補償された!

 さて、話を戻そう。ソフトバンクまたはワイモバイルの契約者であれば、Yahoo!プレミアム会員の月会費498円は発生しない。つまり、筆者のYahoo! JAPAN IDでは、Yahoo!プレミアムの月会費498円が引き落とされることはないというわけだ。となると、何らかのシステムトラブルで、筆者の口座からYahoo!プレミアムの月会費498円が引き落とされたのだろうか。

 しかし、システムトラブルでYahoo!プレミアムの月会費498円が引き落とされた場合、「Yahoo!ウォレット」に筆者のクレジットカードが登録されているはずだが、筆者のIDで「Yahoo!ウォレット」の利用状況を確認してみたところ、どちらも「未登録」となっていた。

 なぜ「未登録」となっているかというと、筆者は「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で買い物するときは、その都度クレジットカード番号を入力しているからだ。

 「Yahoo!ウォレット」にクレジットカード番号が登録されていないのに、Yahoo!プレミアムの月会費が誤って引き落とされているのはおかしい。となると、筆者の「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」が不正利用された可能性が高い。

 念のため、そのほかのクレジットカードの明細もすべて確認したが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」だけが不正利用されていた。さらに、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」の明細を確認したところ、Yahoo!プレミアムの月会費498円×2カ月分に加えて、5000円ほどの買い物に使われていることも判明した。つまり、約6000円が不正利用されたというわけだ。

 そこで、これらの支払いについて「アメリカン・エキスプレス」に連絡してみた。

 利用明細を見ながら「12月31日にヤフージャパンを利用した覚えがない」と問い合わせると、カード会社からもYahoo! JAPANに照会するとのこと。

 そして、カード番号を変更することになった。月会費は継続課金なので、今後、不正な請求があった場合に、引き落とせないようにするための対応とのことだ。

 この不正利用が発覚する直前、筆者は「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」をメタル製カードに切替えるための申し込みをしていたので、カード番号が変わること自体は問題ないが、カード番号が2回も変わるのは気になる。これについて確認したところ、メタル製カードの切替用紙が「アメリカン・エキスプレス」に到着したらそれを破棄して、新たに発行するクレジットカードをメタル製カードとして郵送してくれることになった。
【※関連記事はこちら!】
「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」の金属製メタルカードが日本にも上陸!年会費や特典はそのままに、カードのステータス性が大幅アップ!

 また、被害額の補償について「アメリカン・エキスプレス」に確認すると、今回は不正利用された約6000円をすべて補償するとのこと。これで筆者の実被害はなくなった。

Yahoo! JAPANにID照会申請をして、
不正利用されたカード情報が登録されているIDを調査

 続いて、Yahoo! JAPAN IDに、筆者の「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」が登録されているアカウントがあるのか確認してみた。

 Yahoo! JAPANには「有料サービスを利用しているYahoo! JAPAN IDの照会」というページがあるので、ここから筆者の「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード」のカード情報がYahoo! JAPAN IDに登録されているか照会してみることにした。

 「Yahoo! JAPAN ID照会申請フォーム」のボタンをクリックして、氏名、住所、電話番号、メールアドレス、不正利用のあったクレジットカード番号、本人確認書類、パスワードを忘れたときのための生年月日、秘密の質問、秘密の答えを入力して「確認画面へ」ボタンをクリック。そして、確認画面で「決定」ボタンを押す。

 受付から2~7日ほどで、入力したメールアドレスに回答が届くとのことだ。

 さっそく、問い合わせた翌日に「Yahoo! JAPANよりお知らせ」という件名のメールが届いた。内容を確認したところ「Yahoo! JAPAN ID: ○○」と、筆者のアカウントが記載されていた。

 そして、メールには下記の記載があった。

お客様より承りましたYahoo! JAPAN ID照会申請についてご連絡いたします。
申請の際にご入力いただいた情報と登録情報が一致するYahoo! JAPAN ID(以下、Y!ID)は上記のとおりです。

 つまり、検索依頼したアカウントは、自分のアカウントであるとの回答だ。続いて、下記のように書かれていた。

現在も継続してご利用いただいている有料サービスや、購入日時を
ご確認いただく場合は、下記ページよりご覧いただけます。
お使いのY!ID、パスワードでログインして、ご確認ください。

◇継続中サービスの確認・停止
https://detail.wallet.yahoo.co.jp/use_service

 このリンクをクリックしてみたが、継続中サービスは出てこなかった。「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」の利用履歴も見たが、該当する金額の購入はなかった。

 そもそも「Yahoo!ウォレット」にクレジットカードを登録していないので、継続課金はできないはずだ。

 おそらく、筆者が利用したフォームは、カード番号からの検索ではなく、アップロードした免許証などの個人情報からYahoo! JAPAN IDを検索するサービスだったのではないだろうか。

筆者と名義が異なるYahoo! JAPAN IDに
筆者のクレジットカードが登録されていることが判明!

 さらに調べてみと、「有料サービスの利用を停止したい(Yahoo! JAPAN IDを忘れた)」というページが用意されているのを発見した。

 「Yahoo! JAPAN ID照会申請フォーム」と入力する内容はほとんど同じだったが、こちらで問い合わせてみると、以下の回答があった。

有料サービスをご利用中でご申請者様と『名義が異なる』Yahoo! JAPAN IDを検出いたしました。

 やはり、第三者がYahoo! JAPAN IDに筆者のクレジットカード情報を登録して、そこから不正利用したのだろう。

 このYahoo! JAPAN IDで「有料サービスの利用停止」を行なってもらったので、2019年1月以降の請求はストップしたはずだ。

 もし、同じ被害に遭ったにもかかわらず、どうしても有料サービスの停止などができなかったら「『ヤフージャパン』から引き落としがあるが、何の請求かわからない」などのページ下部にある「解決しない場合は…」から問い合わせよう。

 今回、筆者が2回ほど使ったフォームは、フォーマットに沿って入力する必要があったが、上記の「解決しない場合は…」は自由記述式なので、細かい説明もできる。解決できない場合は、このフォームを利用するといいだろう。

クレジットカードの不正利用を防ぐには
利用明細をこまめにチェックするのがおすすめ!

 今回は、カード会社とYahoo! JAPANに連絡したことで、第三者にクレジットカードを不正利用された件は解決した。

 しかし、2つほど気になることがある。1つ目は、不正利用をした犯人に対して何かアクションを起こせないのかということ。こちらについては、次回の記事でまとめたい。

 2つ目は、誰がどうやって筆者のクレジットカード番号を入手したかということだ。クレジットカードは手元にあるのに、実際にカード番号が「Yahoo!ウォレット」に登録されて使われてしまった。クレジットカードを紛失したわけでもなく、頻繁に利用しているわけでもないので、スキミングなどの被害に遭うこともないはずだ。たしかに、いくつかのWebサイトに、この不正利用されたクレジットカードの情報を登録していたが、もし、そのWebサイトでカード番号が漏洩していたとしたら、筆者以外にも被害者はたくさんいるのではないか。

 いずれにしても、不正利用を防止するには利用明細をチェックするしか方法はないので、カード明細は毎月チェックするようにしよう。通常、クレジットカードの紛失・盗難や不正利用についての補償期間は60日間となっている。毎月、利用明細を確認していれば60日以内に不正利用に気がつくので、この期間が設定されているのだろう。

 最近は、アプリで利用明細を確認することもできる。アプリをインストールして、定期的に明細をチェックすることをおすすめする。
【※関連記事はこちら!】
クレジットカードやポイントの不正利用から身を守る最強の防御法は、利用明細をこまめに確認すること!Web明細の確認アプリは、必ずインストールしよう!
「Web明細サービス」に変更するとポイントが貯まるお得なクレジットカードを紹介! 還元率が2倍になるカードや、年会費以上のポイントが貯まるカードも!

 以上、今回は、第三者にクレジットカードを不正利用された場合の対処方法ついて解説した。

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年10月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 永年無料 VISA
Master
iD
dカード公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得!通常還元率1%と高還元で、2019年9月16日以降の申し込み分から年会費が永年無料になり、ますますお得なカードに進化! さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)公式サイトはこちら
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
2017年10月24日に、JCBから年会費無料&高還元のエントリーカードが登場! 年会費無料で通常還元率は1.0%、さらに「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のイトーヨーカドーやセブン-イレブン、Amazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%と、驚異的な還元率に! しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 ◆エポスカード(エポスカード)

0.5~10% 永年無料 VISA Suica
楽天Edy
エポスカード公式サイトはこちら
【エポスカードのおすすめポイント
マルイのカードとして有名な「エポスカード」。年会費無料ながら、自動付帯の海外旅行保険(最高500万円)のほかにも、ビッグエコーなどのカラオケの室料30%オフ、ファミレスや居酒屋チェーンで飲食代10%オフなど、全国1万店以上の飲食店、レジャー施設を割引価格で利用できる特典が充実! マルイの年4回のバーゲン「マルコとマルオの7日間」で10%オフになるほか、「エポスゴールドカード」への招待を受け取れば、年会費が永年無料で還元率も最大1.55%とお得なゴールドカードが保有できる
【関連記事】
◆「エポスカード」はマルイ以外でもメリットあり!年会費無料+高還元の「エポスゴールド」、高還元+サービス充実の「エポスプラチナ」も魅力!

◆「エポスカード」はマルイ利用者以外にもお得な1枚!還元率は0.5%だが、海外旅行傷害保険の自動付帯など特に海外利用が多い人なら持っていても損はない!
エポスカードの公式サイトはこちら

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! SPGアメリカン・エキスプレス・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報