「勝者のゲーム」と資産運用入門

-日本株のトップアナリストによる投資講座-
株価動向を決めるマーケットサイクルを理解せよ。
業績相場に移行した2021年はバリュー株が優位。
太田忠の勝者のポートフォリオ 第3回

2021年10月27日公開(2021年10月27日更新)
太田 忠
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

あなたの2021年の株式パフォーマンスは?

 「去年あれほど自分の株は上がっていたのに、どうして今年は上がらないのだろう?」「成長株と思って投資したら、急落して30%以上もの含み損! なぜですか?」 私は日頃、数多くの個人投資家の方々と接点を持っているが、2021年に入ってよくいただく質問がこれだ。

 もちろんマーケット全体の上昇率を日経平均で見ると、2020年は+16.0%に対して、2021年は9月時点で+7.3%。半年以上経過したのに昨年の半分以下のレベル。とは言え、下落しているわけではないし、トレンド的には上昇が続いている。
 

マーケットは絶えず変化し、同じやり方や同じ銘柄では通用しない

 そこで皆さんにぜひとも知っていただきたいのが「マーケットは絶えず変化していく」という、マーケット参加者に必要な絶対的心得だ。去年と同じやり方が今年も通用する、と思ったら大間違いなのだ。マーケットはそんなに簡単ではなく、いつも同じやり方や同じ銘柄では通用しない。すなわち「マーケットはどの瞬間も、唯一無二」であるのだ。

 「私は長期投資なので、短期間の成績は気にしない」というのならもちろんOKだが、現在の相場がどんな相場なのか知っておくと、投資の選択肢が増えて自分のパフォーマンスを今より向上できる。マーケットに対して優位に戦えるからだ。 

株価の動向を決めるマーケットサイクルを理解する

 その際に有効となるのがマーケットサイクルの考え方だ。株式市場の株価の動向を決めるのは多くの要素で成り立っているが、大事なのは2つ。「景気や企業業績の動向」と「金融政策」である。

 「株式市場が良くなるか、悪くなるか?」を占うにあたって、従来最も重視されていたのはもちろん「景気や企業業績の動向」であるが、ここ数年は「金融政策」の方が圧倒的に株式市場の方向性を決めるのに重要な役割を果たしている。極端に言えば、どんなに景気や企業業績が悪くても、金融政策のさじ加減ひとつでブルマーケットすら形成できるのだ。「不況の株高」をたやすく作り出すことができるようになった。

 前回の連載記事『株式市場では社会的常識が通用しない』ではコロナショックを例に挙げて私は次のように述べた。「予想を超える急落局面ではまだ世界経済は順調だったので、社会的常識では対応困難」であり、「予想を超えた反発局面では世界経済は壊滅的だったので、社会的常識では対応困難」であると。

金融相場に別れを告げて、2021年は業績相場に移行

  マーケットサイクルは「金融相場」「業績相場」「逆金融相場」「逆業績相場」の4つから成り立ち、これが循環的に巡っていくのだが、2020年は典型的な「金融相場」だった。コロナ不況で企業業績は悪化、しかし極端な金融緩和政策によるカネ余りが相場上昇のエネルギー源となり、株式市場のみならず仮想通貨や商品市場などにも大きく波及した。

 その結果、コロナショック後の相場上昇が強烈となり、バリュエーションの急拡大&行き過ぎた理想買いが起こった。すなわち、「不況の株高」が顕著すぎるほど顕著となったわけである。コロナショックで日経平均は32%急落したが、その後は3万円台まで戻して87%もの上昇を演じた。

 ところが、2021年になってからは皆さんご存知のように「金融相場」からは別れを告げて「業績相場」に入っている。景気や業績は回復し、もはや金融緩和をしなくてもよい状況となり、いよいよテーパリングが視野に入ってきた。こうなるとイケイケドンドンとはいかなくなる。相場全体の上昇スピードは緩やかとなり個別銘柄で勝負、しかも個別銘柄は業績の裏付けが絶対に必要、故にこれまでの高バリュエーション&理想買いは是正されることになる。

「勝者のポートフォリオ」でもバリュー株のパフォーマンスが絶好調

 冒頭の個人投資家の素朴な疑問である「去年あれほど自分の株は上がっていたのに、どうして今年は上がらないのだろう?」もうおのずと答えが出てくる。「成長株と思って投資したら、急落して30%以上もの含み損! なぜですか?」これも必然だ。特に小型の高PER成長株は「理想買い」がなくなって壊滅的な動きだ。本当の業績相場は現実が問われる。今年はバリューの年なのだ。あなたが日頃見ていない銘柄、昨年まではパッとしなかった銘柄がバンバン上昇している。

 『勝者のポートフォリオ』のモデルポートフォリオではグロース株とバリュー株に分けて、投資に役割分担を持たせているが、このアプローチが重要になってくる。ちなみに2020年のグロース株は+23.0%、バリュー株は-3.6%であったが、2021年はグロース株が+2.8%、バリュー株が+15.1%と対照的な動きをしている。皆さんは気づいていただろうか?

(DFR投資助言者 太田 忠)

 この連載は、ワンランク上の投資家を目指す個人のための資産運用メルマガ『太田忠 勝者のポートフォリオ』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページで「勝者のポートフォリオ」や「ウオッチすべき銘柄」など、具体的なポートフォリオの提案や銘柄の売買アドバイスなどがご覧いただけます。

 

国内外で6年連続アナリストランキング1位を獲得した、
トップアナリスト&ファンドマネジャーが
個人投資家だからこそ勝てる

「勝者のポートフォリオ」を提示する、
資産運用メルマガ&サロンが登場!

老後を不安なく過ごすための資産を自助努力で作らざるを得ない時代には資産運用の知識は不可欠。「勝者のポートフォリオ」は、投資の考え方とポートフォリオの提案を行なうメルマガ&会員サービス週1回程度のメルマガ配信+ポートフォリオ提案とQ&Aも。登録後10日間は無料!

太田忠の勝者のポートフォリオ

10日間無料 詳細はこちら※外部サイトに移動します

太田忠の無料資産運用セミナー開催!決定

個人投資家こそが生き残る「勝者のゲーム」を語ろう!
--資産運用に必要な知識と力量について--

 

[概要]

【人気必至!】元JPモルガン証券 太田忠氏の無料資産運用セミナーを2021年11月3日(水・祝)に開催します。

 機関投資家は「敗者のゲーム」、個人投資家は「勝者のゲーム」と語る氏による、個人投資家のための資産運用セミナーとなります。
 混沌とした日本を含めた世界経済の動向と株式市場の動きにも触れつつ、個人投資家が資産を築く方法について語ります。

 セミナー後には有料メルマガ「太田忠の勝者のポートフォリオ」有料購読者限定の懇親会も開催。太田忠氏とゆっくりお話できるまたとないチャンスです。
 申込みは定員になり次第締切とさせていただきます。先着順のため、早めの申込みを!

詳細&申し込みはこちら

太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
MOクリック証券が新アプリをリリース!スマホでもPCに負けない投資環境を実現! アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! SPGアメリカン・エキスプレス・カード 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

最強日本株新春版
確定申告
iDeCo入門

3月号1月20日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[最強日本株/確定申告]
◎巻頭新春インタビュー
お金持ちになるにはどうしたらいいですか?
ひろゆき
「ムダに夢を持つと失敗しますよ」
厚切りジェイソン
「投資に面白さを求めたら負け! 」
藤野英人
「何が起きても投資から逃げない」

◎第1特集
利上げにもインフレにも負けない!
最強日本株
相場予測&勝ち株テーマ
2022年日経平均は3万3000円へ
●王道株番付
●高配当株番付
●5万円株番付
●急回復株番付
●[番外編]株主優待株

◎第2特集
ふるさと納税が超カンタンに!
米国株のギモンも!

スマホ&パソコンの画面を完全攻略!
確定申告2022年3月提出分

●ついに! 株の申告がスマホでラクラク!
そろそろ始めドキe-taxがさらに進化!
準備や手間も劇的に軽く!
●ふるさと納税 の申告
●株・投信 の申告
●配当・分配金の申告
●FXの申告
●医療費・セルフメディケーション特例の申告

◎第3特集
桐谷広人さんの2021年大反省会&
2022年必勝宣言!

優待放出!桐谷さんからプレゼント!

◎別冊付録
みんなのiDeCo入門
●増やし方●受取り方●口座の選び方
オススメ投信も!

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

 


【重要】
>>新型コロナウイルス感染症による定期購読誌配達への影響について
>>郵便法改正に伴う定期購読誌配達への影響について


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全44口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報