クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2016年9月30日 ポイ探ニュース(菊地崇仁)

「タリーズカード」は、タリーズ好きなら必携!
クレジットカードでのチャージでポイントが貯まり、
決済時にはドリンク1杯10円引きになって超お得!

「タリーズカード」のお得な使い方を解説

 先日、タリーズコーヒーの全国638店舗中319店舗に、三菱UFJニコスが運営するクレジットカード決済端末の「J-Mups」が導入された。

 もともと、タリーズコーヒーの約200店舗には、他のクレジットカード決済端末が導入されており、それらの店舗では、電子マネーやクレジットカード決済が可能だった。今回、319店舗に「J-Mups」が導入されたことで、電子マネーやクレジットカードが使える店舗の数が2倍以上に増えた。

 さらに、タリーズコーヒーに「J-Mups」が導入されたことで、「タリーズカード」がより便利に使えるようになったので紹介したい。
(関連記事⇒「スターバックス カード」vs「タリーズカード」コーヒーショップのプリペイドカードはどちらが得?チャージ時ポイント5倍のクレジットカードも解説!

「タリーズカード」で決済すれば、
ドリンク1杯10円引きになってお得!

 まず、「タリーズカード」について説明しよう。

 「タリーズカード」は、タリーズコーヒーのみで使えるプリペイドカード、いわゆる「ハウスプリペイドカード」で、1000円単位でチャージして利用することができる。チャージ上限は2万円と高くないが、タリーズコーヒーのみで使うことを考えると問題ないだろう。

「タリーズカード」を利用すると、ドリンク類が1杯10円引きになる。例えば、「本日のコーヒー」のトールサイズは370円(税込)なので、「タリーズカード」で支払えば、360円(税込)となる。さらに、タンブラーを持参すれば、ドリンク類が1杯30円(税込)引きとなるので、「370円-10円-30円=330円(税込)」と、かなりお得にドリンクを飲むことが可能だ。
(関連記事⇒ドトール&エクセルシオールカフェの利用者は必読!ポイント2重取り+ドリンク70円割引の裏ワザや還元率11%以上が可能なプリペイドカードを紹介!

「タリーズカード」を利用すると、ドリンク類が1杯10円引き

 また、入会料などが無料のCLUB TULLY’Sに登録すると、オンラインで「タリーズカード」にクレジットカードチャージできるようになる。

「タリーズカード」は、ドリンク1杯10円引きになる上に、チャージ時にクレジットカードのポイントが貯まるため、タリーズコーヒーに行く人は必携のカードだろう。

「J-Mups」が導入されたことで、店頭でも
「タリーズカード」へのクレジットカードチャージが可能に!

 以前、「タリーズカード」で決済する際に、困ったことがあった。それは、カードの残高が不足していたときだ。店員さんに待ってもらい、オンラインで「タリーズカード」にチャージするには時間がかかりすぎるので、現金で「タリーズカード」にチャージするか、交通系電子マネーなどで決済するしかない。ただし、それではクレジットカードのポイントを獲得することができない。

クレジットカード決済端末「J-Mups」が導入されている店舗このステッカーが貼ってある店舗なら、クレジットカードで「タリーズカード」にチャージ可能。

 今回、クレジットカード決済端末「J-Mups」が導入された店舗では、店頭でもクレジットカードで「タリーズカード」にチャージできるようになった。事前にスマートフォンなどで残高を確認し、残高不足の場合はオンラインでチャージする、といった手間がなくなったため、残高を気にすることなく「タリーズカード」を使うことができる。

 なお、店頭での支払いは、クレジットカードだけでなく、交通系電子マネーや楽天Edyも利用できるが、「タリーズカード」のチャージは、現金とクレジットカードのみとなる。そのため、クレジットカードから楽天EdyやSuicaにチャージして、それらの電子マネーで「タリーズカード」にチャージし、「タリーズカード」で決済、といったことはできない。

「タリーズカード」へのクレジットカードチャージは、
一瞬で終わる!

「タリーズカード」にクレジットカードでチャージ

 実際に、店頭で「タリーズカード」にクレジットカードチャージをしてみたので、チャージ方法を解説しよう。

 まず、「タリーズカード」と国際ブランドがVisaまたはMasterCardのクレジットカードを提示して、入金金額を伝える。

 店員さんが「タリーズカード」とクレジットカードをレジ横のカードリーダーにスワイプする。すると、すぐに2枚のカードとレシートを渡される。

 レシートには「プリペイド入金」と記載されており、クレジットカードで入金されていることも確認できる。

 これだけクレジットカードでのチャージが早ければ、残高不足で現金チャージをする必要がない。タリーズコーヒーに行く場合は、「タリーズカード」と、念のためにクレジットカードを持って行こう。

 以上、今回は、タリーズコーヒーの一部店舗に、クレジットカード決済端末の「J-Mups」が導入されたことにより、店頭で「タリーズカード」にクレジットカードチャージできるようになったことを解説した。
関連記事⇒「スターバックス カード」を最大限お得に使うには?「Orico Card THE POINT+α」で還元率4.6%、「JCB ORIGINAL SERIES」でも還元率2.5%に!