クレジットカードおすすめ最新ニュース[2020年]
2018年2月7日 ポイ探ニュース

世界初の「ロック機能付きクレジットカード」とは?
カードの不正利用を防止できる電子機能を搭載した、
世界でもっとも高セキュリティのカードを解説!

ロック機能付きクレジットカード

 「三井住友カード」は、アメリカの企業「Dynamics Inc.」と提携して、「ロック機能付きクレジットカード」を2018年内に発行すると発表した。

 「ロック機能付きクレジットカード」には、LEDランプや液晶、番号を入力するタッチ式ボタンが搭載されており、クレジットカードを利用する際は、カード上のタッチ式ボタンでパスワードを入力して起動する。起動すると液晶にカード番号が表示され、表示されている間だけ磁気ストライプとICチップが有効になり、Visa加盟店での決済が可能になる。なお、有効化するためのパスワードは、「ロック機能付きクレジットカード」の受け取り後に設定する。

 「ロック機能付きクレジットカード」の利用後は、液晶のカード番号が非表示になり、磁気ストライプとICチップの機能が停止するため、クレジットカードを利用できなくなる。ただし、オンラインショッピングでカード番号を登録している場合や、固定費の支払いに利用している場合などは、液晶が表示されていなくても決済可能だ。

 また、現在発行されているクレジットカードが「ロック機能付きクレジットカード」に切り替わるわけではなく、まったく別のクレジットカードとしてリリースされる。ちなみに、「ロック機能付きクレジットカード」に搭載されている電池は、カードの有効期限と同じ「5年」は持つ仕組みだ。

 以上、今回は、「三井住友カード」が、2018年内に「ロック機能付きクレジットカード」を発行することをお伝えした。
(※関連記事はこちら!⇒「不正ログイン」でクレジットカードやポイントを利用された被害者の体験をもとに犯人の手口を解説!カードやポイントの不正利用を防ぐ対策とは?