クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2018年9月26日 ポイ探ニュース

「ICOCAポイントサービス」なら、乗車日時や路線、
回数次第で、運賃の10~50%分のポイントが貯まる!
「1ポイント=1円」でICOCAにチャージできてお得!

ICOCAポイントサービスの概要

 JR西日本は、2018年10月1日(月)より、交通系ICカード「ICOCA」の利用で貯まる「ICOCAポイント」のサービスを開始する。

 「ICOCAポイントサービス」を利用するには、無料の利用登録をする必要がある。利用登録は、ICOCAエリアの駅にある一部自動券売機またはWebから申し込み可能だ。なお、「SMART ICOCA」の場合は登録不要となっている。

 登録したICOCAを一部のICOCA加盟店または列車の乗車時に利用するとポイントが貯まり、貯まったポイントは、「1ポイント=1円」としてICOCAにチャージすることで、列車の乗車や買い物に利用することができる

「ICOCAポイントサービス」の対象エリア「ICOCAポイントサービス」の対象エリア。
拡大画像表示

 ICOCAポイントを貯める方法は3つある。

 1つ目は、「平日10時~17時」または「土休日(年末年始含む)」に、京阪神の特定区間に登録したICOCAで乗車すると、1カ月間の乗車回数に応じて、区間運賃の30%分または50%分のポイントが貯まるサービスだ。

 たとえば、「京都~西大路」はグループ1、「京都~高槻・京都~摂津富田」はグループ6などと、区間ごとにグループ分けされており、同グループ区間の利用回数が4回以上の場合、4回目以降の利用1回ごとに、区間運賃の30%分または50%分のポイントが貯まる(還元率はグループによって異なる)。ただし「こどもICOCA」の場合は、ポイント付与の対象外となっている。

 2つ目は、JR西日本のICOCAエリアで、同一運賃区間の利用回数が1カ月間に11回以上の場合は、11回目以降の利用1回ごとに、その区間運賃の10%分のポイントが貯まるサービスだ。

 たとえば、運賃160円の区間の利用回数が11回以上で、運賃220円の区間の利用回数は0回だとする。この場合は、運賃160円の区間を利用するごとに、10%分のポイント(=16ポイント)を獲得できるが、運賃220円の区間を利用した場合はポイントを獲得できない(運賃220円の区間の利用回数1回としてカウントはされる)。なお、こちらは「こどもICOCA」もポイント付与の対象となっている。

 3つ目は、ICOCA加盟店でICOCAを使って買い物するとポイントが貯まるサービスだ。ただし、2018年9月21日時点では、ICOCAポイントが貯まるICOCA加盟店や還元率などは発表されていない。

 また、「ICOCAポイントサービス」の開始に伴い、「SMART ICOCA」の利用に応じてJ-WESTポイントが貯まるサービスは、2018年9月30日(日)で終了する。

 以上、今回は、ICOCAの利用でポイントが貯まる「ICOCAポイントサービス」が始まることをお伝えした。


■「モバイルSuica+ビューカード」なら、全国どこでも還元率1.5%でお得!
ICOCA、nimocaなどの地元の交通系ICカードより、「モバイルSuica+ビューカード」を使うほうがお得!スマホからチャージ可能で、全国どこでも1.5%還元!