クレジットカード活用術
2018年10月27日 菊地祟仁

JALマイルを貯めるなら、高還元&付帯サービス充実の
JALカードSuica CLUB-Aゴールドカードが最強か!?
JALと新幹線をよく利用するビジネスマンにおすすめ!

 2018年7月、「JALカード」のラインナップに「JALカードSuica」のゴールドカード「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」が追加されました。さらに、「JALカードSuica」では従来は発行できなかった「家族カード」の発行も可能になりました(新登場の「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」でも家族カードの発行が可能)。
【※関連記事はこちら!】
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万9000円
家族カード(税抜) あり(年会費8000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら
JALカードSuica
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
「JALカードSuica」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(+JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
家族カード(税抜) あり(年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 ◆「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
◆「JRE POINT」がもっとも貯まるクレジットカードは「JRE CARD」だ! アトレなどJR東日本の駅ビルで使うと、還元率3.5%になる“JR東日本の最強カード”
「JALカードSuica」の公式サイトはこちら

 新登場のJALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」は、7月の発行開始直後はたくさんの申込があったようで、通常の発行スケジュールより遅くなってしまっていたほど人気になっていました(現在は通常の発行スケジュールになっているようです)。

 今回は、なぜ「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」がそれほど人気になっているのか、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリットを詳しく紹介したいと思います。

「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」なら
ビューカードの「ビューゴールド」特典が利用できる!

 なんといってもJALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」でもっとも魅力的なのは「ビューゴールド」特典です。

 通常の「JALカード CLUB-Aゴールドカード」の年会費は1万6000円(税抜)ですが、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の年会費は1万9000円(税抜)です。年会費1万9000円(税抜)というのは「JALアメリカン・エキスプレス・カード」と同じで、通常の「CLUB-Aゴールドカード」よりも3000円(税抜)高くなっています。

 年会費が3000円(税抜)高いメリットとして、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」には「ビューゴールド」特典が用意されています。「ビューゴールド」特典には、入会・利用特典やビューゴールドラウンジ特典、会員誌の発行などの特典が付帯します。この「ビューゴールド」特典を利用できるのは、従来は年会費1万円(税抜)の「ビューゴールドプラスカード」のみでしたが、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」でも利用できるようになったのです。
【※関連記事はこちら!】
「ビューゴールドプラスカード」は、JR東日本利用者にメリットがあるビューカード初のゴールドカード!女性ならルミネで得する「ルミネカード」もおすすめ

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万9000円
家族カード(税抜) あり(年会費8000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら

新幹線グリーン券&普通列車グリーン券(各2枚)がもらえるなど、
「入会・利用特典」だけでも年会費3000円のモトはすぐに取れる!

 ここからは「ビューゴールド」特典を詳しく紹介していきます。

 まずは、「ビューゴールド」特典に入会したときと、カード利用額が年間100万円以上になったときに送られてくる「入会・利用特典」です。

【※編集部追記】
2019年4月から、「入会・利用特典」は「9つのコースから選べる特典」⇒「5000 JRE POINTのプレゼント」に変更されました。詳細は下記の記事をご確認ください。
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の入会・利用特典の変更は“改善”か“改悪”か? 各種グリーン車利用券などの選択制から「5000 JRE POINT」に統一

 「入会・利用特典」は以下の9つのコースから1つを選べるようになっています。

●新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)コース
●普通列車グリーン車利用券(10枚)コース
●普通列車グリーン車利用券(6枚)&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券(7枚)コース
●東京ステーションホテル スイーツセットペアご利用券コース
●紀伊國屋特選デリカテッセン詰合せコース
●JR東日本東北総合サービス 復興応援ギフトコース
●ベックスコーヒーショップ&ベッカーズコーヒーチケット(25枚)コース
●ジェクサー・フィットネスクラブ 施設ご利用券(レンタル付)(2枚)コース
●「ビューゴールドラウンジ」ご利用券(3枚)コース

 これらの特典がどのくらいの価値があるのかを考えてみましょう。わかりやすいのは「コーヒーチケット(25枚)コース」でしょう。1枚のチケットで230円(税込)のベックスコーヒーショップのブレンドコーヒー(S)を1杯もらえるので、230円×25=5750円(税込)の価値があります。また、「東京ステーションホテルスイーツセットペアご利用券コース」の場合は2650円(税込・サ別)なので、2枚で5300円になります。10%のサービス料も含まれていることを考えると5830円分の価値があるということになります。つまり、「ビューゴールド」特典の「入会・利用特典」の価値は6000円弱と考えていいのではないでしょうか。

 この「入会・利用特典」が、初年度(入会時)と年間100万円利用した場合に送られてくることを考えると、年会費が3000円増えた分で6000円弱の価値がある特典を利用できるため、他の「JALカード CLUB-Aゴールドカード」よりもお得ということになります。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万9000円
家族カード(税抜) あり(年会費8000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら

新幹線や特急列車のグリーン車に乗車する際には、
東京駅の「ビューゴールドラウンジ」が利用できる!

 続いて、紹介するのは「ビューゴールドラウンジ特典」です。

 これは、東京駅・八重洲中央口前にある「ビューゴールドラウンジ」を利用できる特典ですが、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」や「ビューゴールドプラスカード」を持っているだけでは利用できず、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」か「ビューゴールドプラスカード」を保有していて、東京駅を発車する新幹線グリーン車・特急列車グリーン車のチケットを持っているのが条件になります(JR東日本の新幹線だけでなく、東海道新幹線の利用でも、東京駅発のグリーン車のチケットがあれば利用できます)。なお、この「ビューゴールドラウンジ」は、東北新幹線などの「グランクラス」に乗車する場合には「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」や「ビューゴールドプラスカード」を持っていなくても利用できます。

東京駅の「ビューゴールドラウンジ」東京駅の八重洲中央口にある「ビューゴールドラウンジ」では、ソフトドリンクやお菓子の無料サービス、無線LANの利用などができる
拡大画像表示

 同伴者が「ビューゴールドラウンジ」を利用するには、1名につき3000円(税抜)か「ラウンジご利用券」が必要です。これを踏まえると、先ほど紹介した「入会・利用特典」の「ビューゴールドラウンジご利用券(3枚)コース」は、9720円(税込)の価値があるとも考えられますね。

【※編集部追記】
2019年4月から、「入会・利用特典」は「9つのコースから選べる特典」⇒「5000 JRE POINTのプレゼント」に変更されました。詳細は下記の記事をご確認ください。
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の入会・利用特典の変更は“改善”か“改悪”か? 各種グリーン車利用券などの選択制から「5000 JRE POINT」に統一

 「ビューゴールドラウンジ」は、乗車する新幹線や特急列車の出発予定時刻の90分前から利用することができます。営業時間が午前8時~午後6時までという制限もあり、なかなか使いにくいラウンジかもしれませんが、新幹線に乗車する前にソフトドリンク&お菓子を楽しみながら、無線LANを利用して仕事をしたり、新聞や雑誌を読んだりして、ゆっくりできるのは大きなメリットです。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万9000円
家族カード(税抜) あり(年会費8000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら

 なお、「三井住友プラチナカード」などで利用できる大丸東京店11階のラウンジ「D’sラウンジトーキョー」の場合は、東京駅を出てから11階まで移動する必要があります。しかし、「ビューゴールドラウンジ」は八重洲中央口の目の前(1階)にあり、とてもアクセスがいい便利なラウンジです。
【※関連記事はこちら!】
「D'sラウンジトーキョー」は、大丸東京店にあるプラチナカード会員や大丸の顧客向け特別ラウンジ。東京駅直結でちょっとした仕事や休憩場所に使える!

「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」なら、
通勤時の駅改札内も国内旅行傷害保険の補償の対象に!

 「ビューゴールド」特典には、「改札を入ってから出るまで」なら、それが通勤中であっても「国内旅行傷害保険」の補償の対象となる、という面白くて役に立つ特典もあります。疾病は対象外ですが、駅構内でのケガなどは旅行中に限定されることなく、毎日の通勤途中などでも補償されるというのは大きなメリットではないでしょうか。

 また、「JALカード」には、「JALカード CLUB-Aカード」「CLUB-Aゴールドカード」などの会員に無料で配布される会員誌として「AGORA」があります。会員誌の中でもレベルが高く、読み応えがある内容になっています。

 この「AGORA」とは別に、「ビューゴールド」特典として年2回、「VIEW Premium」が送られてきます。「AGORA」とは異なり、鉄道現場の特集や日本各地の鉄道情報が掲載されています。また、「ビューゴールド」特典として、カード保有者限定イベントも年に数回開催されており、過去には埼玉の「鉄道博物館」の通常営業終了後に「ナイトミュージアム」が開催されたこともあります。鉄道好きには見逃せないイベントだと思います。

「JALカードSuica」と同じく、「Suica」チャージ分は
還元率1.5%でポイントが貯まるのも大きなメリット!

 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の「ビューゴールド」特典以外で魅力的な特典は、JALカードSuica」と同じですが、やはりSuicaチャージで1.5%の「JRE POINT」を獲得できる点でしょう。

 1カ月に1万5000円を「Suica」にチャージしたとすると、225ポイントが獲得でき、さらに「Web明細」に登録すると月50ポイントを獲得できます。これらを合計するだけで年間3300ポイントの「JRE POINT」を獲得できます。

 この3300ポイントをマイルに交換する場合、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」であれば、クレジットカードでの決済時にマイルが2倍貯まる「ショッピングマイル・プレミアム」に自動加入となるため、1500ポイントを1000マイルと交換することができます。つまり、「JRE POINT」の3300ポイントは2000マイル(+残り300ポイント)となるわけです。

 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」は「ビューカード」なので、「Apple Pay」でも使えますし、通常は年会費1030円(税込)がかかる「モバイルSucia」も当面の間は年会費無料で利用できます。もちろん、オートチャージ設定もできるため、残高不足で改札を通れないということもありません。

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万9000円
家族カード(税抜) あり(年会費8000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら

「JALカード CLUB-Aゴールドカード」の特典である、
ボーナスマイル付与やビジネスクラスのカウンター利用もできる!

 なお、「JALカード」としては「CLUB-Aゴールドカード」の特典を利用できるため、入会後の初めての搭乗時には5000マイル、毎年初回の搭乗時には2000マイル、フライトマイルは通常時の+25%のボーナスマイルが獲得できます

 また、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」ではJALの「サクララウンジ」の利用はできませんが、ゴールドカードとして国内線のカードラウンジを利用することができます。さらに、JALの国際線搭乗時には、エコノミークラス運賃や特典航空券を利用していたとしても、ビジネスクラスのチェックインカウンターを利用することができ、混雑しているときには快適にチェックインすることができます

 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」は、東京駅の「ビューゴールドラウンジ」を使うときにメリットがもっとも大きくなるため、東京駅の利用頻度が「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」に入会するかどうかの大きな判断材料となることは間違いありません。

 しかし、新幹線や特急のグリーン車利用券など、9つのコースから1つを選べる「入会・利用特典」のほか、毎日の通勤時も頼りになる国内旅行傷害保険が付帯するなど、「JALカード CLUB-Aゴールドカード」と「JALカードSuica」の基本特典に加え、プラス3000円(税抜)の年会費で豪華な「ビューゴールド」特典も追加される「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」は、JALカードの中でも非常にお得な1枚です。新幹線やJALをある程度利用する人であれば、「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」は間違いなくお得さを実感できるゴールドカードと言えるでしょう。
【※関連記事はこちら!】
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 1万9000円
家族カード(税抜) あり(年会費8000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら
JALカードSuica
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算、JALカードショッピングマイル・プレミアム加入時
「JALカードSuica」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 初年度無料、2年目以降2000円
(+JALカードショッピングマイル・プレミアム年会費3000円)
家族カード(税抜) あり(年会費1000円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 ◆「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
◆「JRE POINT」がもっとも貯まるクレジットカードは「JRE CARD」だ! アトレなどJR東日本の駅ビルで使うと、還元率3.5%になる“JR東日本の最強カード”
「JALカードSuica」の公式サイトはこちら
【※編集部追記】
2019年4月から、「入会・利用特典」は「9つのコースから選べる特典」⇒「5000 JRE POINTのプレゼント」に変更されました。詳細は下記の記事をご確認ください。
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の入会・利用特典の変更は“改善”か“改悪”か? 各種グリーン車利用券などの選択制から「5000 JRE POINT」に統一