クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2018年12月22日 ポイ探ニュース

東京駅「ビューゴールドラウンジ」を徹底レポート!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の
保有者などが使えるラウンジの場所や使い方を解説!

ビューゴールドラウンジ

 2018年7月18日に「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の発行が始まったので、筆者も「JALカードSuica」から「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」に切り替えた。このクレジットカードの最大のメリットは、東京駅にある「ビューゴールドラウンジ」を利用できる点だろう。今回、この「ビューゴールドラウンジ」を利用したので、ラウンジの使い方やサービスなどを紹介したい。
【※関連記事はこちら!】
JALマイルを貯めるなら、高還元&付帯サービス充実のJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードが最強か!?JALと新幹線をよく利用するビジネスマンにおすすめ!

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税込) 2万900円
家族カード(税込) あり(年会費8800円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら

「ビューゴールドラウンジ」は、東京駅の八重洲中央南口前にある!

 「ビューゴールドラウンジ」は、東京駅の八重洲中央口の改札前にある専用ラウンジで、2015年12月21日にオープンした。

 「ビューゴールドラウンジ」の運営時間は8時~18時まで。ラウンジは全34席となっており、カウンター席のほかに、2名席や4名席などもある。また、コーヒーや紅茶、カプチーノ、エスプレッソなどのソフトドリンクを無料で飲めるほか、お茶菓子、新聞・雑誌、無線LAN、クロークなども用意されている。

 Webサイトには、「ビューゴールドラウンジ」の場所について、「八重洲中央口まっすぐにある」と書かれており、実際にWebサイトの地図を見ると、八重洲中央口の正面にあるように見える。しかし、実際に行ってみると、八重洲中央口の前には東京駅一番街への階段などがあり、少しわかりにくい。

 「ビューゴールドラウンジ」の場所を詳しく説明するなら、「八重洲中央口を出て、東海道・山陽新幹線のりば(八重洲中央南口)の前」と言ったほうがわかりやすいだろう。下記の画像は東京駅にある地図なのだが、この赤枠部分が「ビューゴールドラウンジ」の位置となる。

「ビューゴールドラウンジ」の利用方法や同伴者料金を解説!

 「ビューゴールドラウンジ」は、下記の利用条件4つのうち1つを満たせば利用できる。

(1)「ビューゴールドプラスカード」または「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」を保有し、当日の東京駅発の特急・新幹線のグリーン車またはラウンジ利用券を利用
(2)「大人の休日倶楽部カード」を保有し、ラウンジ利用券を利用
(3)当日の東京駅発の新幹線グランクラスを利用
(4)当日のクルーズトレイン(TRAIN SUITE 四季島)を利用

(1)の利用条件には、「当日の東京駅発の特急・新幹線のグリーン車」とあるので、東海道新幹線のグリーン車利用客も対象となる。ただし、(1)と(3)の利用条件に「東京駅“発”」とあるように、「東京駅“着”」の利用者は対象外となるので注意だ。

 また、同伴者は、3歳未満なら無料で利用できるが、3歳以上は1名につき3300円(税込)が必要になる。

 ラウンジを利用できる時間は、特急・新幹線の利用者の場合は「出発時刻の90分前から」、ラウンジ利用券の利用者の場合は「入室後90分まで」となる。

「ビューゴールドラウンジ」の内観やサービスを解説!

 続いて、「ビューゴールドラウンジ」の内部やサービスを紹介しよう。

 「VIEW GOLD LOUNGE」のロゴの横にある自動ドアが開くと、すぐに受付があった。

ビューゴールドラウンジの入り口

 今回、筆者は、モバイルSuicaの「エクスプレス予約」で東海道新幹線「のぞみ」のグリーン車に乗車した。「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」も保有しており、前述の(1)の条件を満たすので、「ビューゴールドラウンジ」を利用できた。

 ラウンジの入口で、乗車券と「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」を提示する必要があった。今回は紙の乗車券ではないので、モバイルSuicaの「エクスプレス予約」で「予約確認/変更/払戻」をタップし、下記の予約状況の確認画面を提示した。
【※関連記事はこちら!】
「交通費」の節約で帰省や旅行の出費を減らそう!鉄道や飛行機などのチケット代を安く抑える、知らなきゃ損する「交通費」の節約術を公開!

 ラウンジの受付で、上記の画面と「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」を提示すると、入室できた。

ビューゴールドラウンジの内部

 中に入ると席に案内され、着席するとドリンクメニューとおしぼりを渡してくれた。

ビューゴールドラウンジのおしぼり

 続いてドリンクと「原宿レモンの焼きショコラ」が用意された。

ビューゴールドラウンジのドリンク

 化粧室もラウンジ内にあるので、外に出る必要がないのはいい。化粧室の前には喫煙ルームもあった。

 なお、窓側の席は、外の通路に面している。外からラウンジ内が見えないように窓はカーテンで覆われているが、通路の人が窓の近くに立っていたり、窓に寄りかかる人のシルエットが映ったりするので、落ち着きたければ、窓側の席は避けたほうがよさそうだった。

 また、筆者がラウンジを利用したときは、期間限定で持ち帰り用ドリンクがもらえた。今回はりんごジュースを選び、新幹線の乗車中に飲んだ。

ビューゴールドラウンジでもらえた「りんごジュース」

 「ビューゴールドラウンジ」の利用時間は最大でも90分間。通常のラウンジよりも条件は厳しいが、東京駅で新幹線を利用するなら便利だろう。

 ちなみに、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」を東京駅などで利用する際は、「フォーシーズンズホテル丸の内 東京」にある「MOTIF Restaurant & Bar」でドリンクを無料でもらえる「コンフォート・カフェ」のサービスがあったが、2018年5月31日の予約成立分で終了となった。

 「ビューゴールドラウンジ」は、その「フォーシーズンズ丸の内 東京」よりも立地がいいので、東京駅で新幹線に乗る機会が多い人は、「ビューゴールドプラスカード」または「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」を保有して、時間つぶしに活用するのもいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
「ビューカード」から待望のゴールドカードが登場!「ビューゴールドプラスカード」のメリットとは?女性ならルミネで得する「ルミネカード」もおすすめ

 以上、今回は、東京駅にある「ビューゴールドラウンジ」について解説した。
【※関連記事はこちら!】
JALマイルを貯めるなら、高還元&付帯サービス充実のJALカードSuica CLUB-Aゴールドカードが最強か!?JALと新幹線をよく利用するビジネスマンにおすすめ!

JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード
還元率 1.5%
※1マイル=1.5円換算
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のカードフェイス
発行元 JALカード
国際ブランド JCB
年会費(税込) 2万900円
家族カード(税込) あり(年会費8800円)
ポイント付与対象の
電子マネー
Suica、モバイルSuica
関連記事 「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」のメリット・デメリット、還元率や年会費などを解説!JRE CARDも使えば、JALマイルが効率よく貯まる!
「JALカードSuica CLUB-Aゴールドカード」の公式サイトはこちら