株データブックWeb「記者が斬る!」
【第25回】 2012年8月8日 ザイ・オンライン編集部

副市長が市長より多くの給料をもらっている24都市はどこか。また、最も高給取りの教育長は堺市の月額86万円。大津市・教育長の給料は? ~自治体幹部の給料・徹底解剖 第3弾~

教育長の最高月給取りは堺市の86万円

 教育長が最も高給取りな都市は、堺市(大阪府)で月額の報酬は86万円。12倍すると1032万円。

 2位は東京都千代田区の85万9000円、次いで東京都・八王子市と福岡市が85万円と続く。高給取り教育長は都市部ほど多く、特に東京都はベスト10に5市区がランクインしている。

 これらの都市が、果たして教育に熱心なのかはどうかは、わからない。

 なお大津市(滋賀県)の教育長は月額70万7000円とのことだ。

 参考として県庁所在地、政令指定都市、中核市、東京23区の計130都市の教育長の月額報酬を4ページめに掲載している。

トップのみよし市の教育長の給料は議員の2倍以上

 最後に、選挙の洗礼を受けて当選を勝ち得た市議会議員の月額給料と、選挙の洗礼を受けない安穏な教育長の給料を比べててみよう。

 これは、議員の報酬に対して、教育長がより高額な報酬を得ている上位10都市だ。

 トップのみよし市(愛知県)は議員報酬30万8000円に対して、教育長は67万7000円で、37万円あまりの格差だ。

809都市中794市で教育長が議員を圧倒

 表の10都市に加え、全部で71都市で教育長の報酬が議員の2倍を上回っている。

 反対に議員に比べて、教育長の給料が下回ったのは809市のうち、わずか15市しかない。教育長の圧勝だ。

 最後に主要130都市の教育長の報酬一覧を次ページに掲載した。