ダイヤモンドZAi最新記事
2020年3月5日 ザイ編集部

「毎月分配型の投資信託」の売買で“やってはいけない”
ダメな行動とは?“見た目の利回り”に惑わされたり、
減配直後に慌てて売ったりしないのが負けないコツ!

楽天ブックスで買う
amazonで買う

「毎月分配型」の投資信託を売買するときに、多くの人がやりがちな“ダメ行動”とは⁉

発売中のダイヤモンド・ザイ4月号には、恒例特集「毎月分配型投信100本の【本当の利回り】」を掲載! 半年に一度掲載しているこの特集では、毎月分配型の投資信託の「本当の利回り」ランキング上位30本を紹介するほか、人気の毎月分配型の投資信託100本について、利回りだけでなく「健全度」や「今後の分配余力」などの面から細かく分析。さらに、毎月分配型の投資信託に投資するうえでの“ダメ行動”なども取り上げているので、毎月分配型の投資信託を保有している人や、これから投資したい人なら必見だ!

今回は特集の一部を抜粋し、毎月分配型の投資信託を売買するうえで、やりがちな“ダメ行動”を2つ紹介! 商品選びや、保有してからの投資判断の参考になるので、ぜひチェックを!
【※関連記事はこちら!】
【2020年版】毎月分配型の投資信託の「本当の利回り」ランキング公開! ベスト5のうち4銘柄は「リート型」で、特に「海外リート」に投資する銘柄の成績が好調

毎月分配型の投資信託を売買するときのダメ行動【その1】
⇒とにかく利回りが高い投資信託を選ぶ!

見た目の利回りより「本当の利回り」が重要!

 ダイヤモンド・ザイでは、毎月分配型の投資信託の分配金利回りを計算する際に、分配金の合計から基準価額の下落分を差し引き、それを1年前の基準価額で割っている。こうすることで、その投資信託の“本当に儲かっている度合い”がわかる。これが「本当の利回り」だ。見た目の利回りだけでは、本当に儲かっているかどうかはわからないので、必ず「本当の利回り」を確認するようにしたい。

 ただ、「本当の利回り」も、市場の変動によって大きく動くもの。以下のグラフは、2019年12月末時点で、毎月分配型の投資信託の「本当の利回り」ランキングで第1位となったチャイワン[中華圏株式ファンド](本当の利回り=24.1%)の、直近3年間にわたる「本当の利回り」の推移だ。

 ダイヤモンド・ザイ2020年4月号(2019年12月末時点)で「本当の利回り」が1位だといっても、直近3年間の「本当の利回り」は乱高下していることがわかる。それだけリスクをとった運用をしている証拠だ。現時点の高利回りだけを見て飛びつく前に、「本当の利回り」の長期的な推移をしっかりチェックし、どれだけのリスクを取れるか、自らに問い直したほうがいいだろう。
【※関連記事はこちら!】
安心して長期保有できる「毎月分配型」投信2本を紹介! “実績”と“適正分配度”が優秀な先進国株型「新光ピクテ世界インカム株式」とグローバル債権型「夢逢月」に注目

毎月分配型の投資信託を売買するときのダメ行動【その2】
⇒「減配」したらすぐに乗り換える

 「減配したら即、ほかの投資信託に乗り換える」という人は多い。ただ、「減配=今後の見通し」が悪いというわけではない。むしろ、健全な運用のために必要な場合もあるからだ。

 分配金は投資信託の「純資産」から支払われるもの。分配金を出すほど純資産は減り、純資産を口数(投資信託を買っている人の持ち分)で割って算出する基準価額も下落する。その下落分を運用でカバーすべきなのだが、うまくいかないこともある。そこで、減配することにより、純資産の減少と基準価額の下落を抑え、運用を健全化させるのだ。

 実際、みずほUSハイイールドオープンBコース(為替ヘッジなし)は、2019年4月以降、基準価額の下落が続いていたが、2019年10月に減配したことで、基準価額は徐々に持ち直している。

 また、分配金の額だけで損得を判断してはいけない。これまでに受け取った分配金の金額に、基準価額の上げ下げや、一部売却で得た金額も加えた「トータルリターン」をチェックすることも重要だ。毎月分配型の投資信託の場合、基準価額が下がっていても、今まで受け取った分配金の合計を加えたトータルリターンがプラスならOK。減配したり基準価額が下がったからといって、すぐに慌てて売却する必要はないのだ。

 さて、ここまで毎月分配型の投資信託を売買するうえで避けたい“ダメ行動”を紹介してきた。ダイヤモンド・ザイ4月号の特集「毎月分配型投信100本の【本当の利回り】」では、人気の毎月分配型の投資信託100本の「本当の利回り(直近の数字だけでなく、3年間の平均値付き)」や分配健全度、分配余力などを紹介しているので、誌面も併せてチェックしてほしい!
【※関連記事はこちら!】
【2020年 最新版】「インデックスファンド」コスト比較ランキング! 信託報酬・実質コストがもっとも安いファンドは?

少額で買える「5万円株」の注目銘柄と儲けの極意を紹介!
ダイヤモンド・ザイ4月号をチェック!

Zai4月号

 ダイヤモンド・ザイ4月号の大特集は「いつでも! 誰でも! 儲かる【5万円株】87」! 今が買い時の「5万円株」をランキング形式で紹介するほか、アナリストが名前を挙げた「5万円株」の注目企業4社の社長インタビューを掲載。さらに、「高成長」「割安」などの条件に当てはまる、これから注目度がアップしそうな「5万円株」も多数紹介しているので、少額で投資を始めてみたい株初心者や、分散投資の候補銘柄を探している人は必見だ!

 そのほかにも、ダイヤモンド・ザイ4月号は「つみたてNISAとiDeCoだけ!【じぶん年金】計画」「最新決算&アナリスト予想でわかった来期も絶好調な株28」「米国株の配当の税金を取り戻せ」「就職氷河期世代をいま支援するワケ」「定年退職までのロードマップ~再雇用の『嘱託』ってどうよ~」など、お得な情報が盛りだくさん!

 また、別冊付録は、2020年3月号に続いて超有名イラストレーター・金子ナンペイさんが登場する「株の買い方ガイド」! 株を買うときの基本ルールや、注文方法の種類など、初心者がつまずきがちなポイントをわかりやすく解説しているので、株初心者なら必見だ!