クレジットカードおすすめ最新ニュース[2022年]
2021年1月17日 ポイ探ニュース

「楽天ペイ」の「Suica」に楽天ポイントをチャージ
する方法を解説!「楽天カード」でチャージすれば、
獲得した0.5%分のポイントを再度チャージできる!

【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!


「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」にチャージ

 2020年12月9日から、「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」に楽天ポイントをチャージできるようになった。なお、チャージに利用できるのは通常ポイントのみで、期間限定ポイントや他社ポイントから交換した楽天ポイントは対象外となる。また「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」は、Androidのおサイフケータイ対応端末でしか使えないので、現時点ではiPhone利用者はこのサービスを利用できない。
【※関連記事はこちら!】
「楽天ペイ」の「Suica」にチャージするなら、0.5%分のポイントが貯まる「楽天カード」がおすすめ! JR東日本の電車で利用すれば、2%分のJRE POINTも貯まる!

 楽天証券でのポイント投資や「楽天カード」の利用代金の充当に楽天ポイントを活用しているユーザーは、このサービスをあまり利用しないだろう。しかし、楽天ポイントへの「Suica」チャージは、楽天市場を適度に利用し、たまに楽天ポイントを使う程度の人には便利なサービスだ。
【※関連記事はこちら!】
「ポイント投資」ができる4つの証券会社を徹底比較!初心者が「楽天スーパーポイント」や「Tポイント」で株式投資や投資信託の積み立てを始めるチャンス!
「楽天カード」はカード利用額をポイントで支払える“キャッシュバック型カード”としても最強! 効果的に節約できる「ポイントで支払いサービス」を解説!

 もちろん「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」も全国で利用できる。たとえば、首都圏の「Suica」や「PASMO」エリアだけでなく、北海道の「SAPICA」「Kitaca」「ICAS nimoca」、東海の「TOICA」「manaca」、西日本の「ICOCA」「PiTaPa」、九州の「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の対象エリアや沖縄県で利用できる。
【※関連記事はこちら!】
ICOCA、nimocaなどの地元の交通系ICカードより、「モバイルSuica+ビューカード」を使うほうがお得!スマホからチャージ可能で、全国どこでも1.5%還元!


 また、スマホで「Suica」の残高を確認でき、残高不足になってもその場でチャージできる。特に「楽天カード」でチャージすれば、0.5%分の楽天ポイントを獲得できるのは大きなメリット。しかも、チャージ時に付与された楽天ポイントは、再び「Suica」にチャージすることもできる。

 「Suica」は、流行りの“○○ペイ”よりも圧倒的に早く、かつ便利に決済できるので、タクシーやコンビニ、ドラッグストアなどで使うなら、「楽天ペイ(アプリ決済)」で決済するよりも、同アプリに搭載されている「Suica」で決済したほうが使い勝手はいい。

 繰り返しになるが、楽天ポイントを「Suica」にチャージするという使い方は、楽天ポイントのライトユーザー向けだ。ただし、2021年1月末までは、楽天ポイントを「Suica」にチャージすると、2人に1人が1000ポイントを上限に全額還元されるキャンペーンが実施されているので、ヘビーユーザーも利用するメリットはある。
【※関連記事はこちら!】
「キャッシュレス決済」おすすめ比較!「PayPay」や「LINE Pay」「楽天ペイ」など、主要な「スマホ決済」の還元率や利用可能なコンビニ、最新のキャンペーン情報を紹介!

「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」に
楽天ポイントをチャージする方法を解説!

 続いて、楽天ポイントを「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」にチャージする方法を紹介しよう。まずは「楽天ペイ(アプリ決済)」を起動する。次に、上部にあるSuicaアイコンをタップ。

 メニューの「ポイントチャージ」をタップすると「チャージ可能ポイント」が表示されるので、1ポイント単位で指定する。筆者は、楽天ポイントを楽天証券での投資に利用しているので、通常ポイントは16ポイントしかないが、とりあえず試しに1ポイントをチャージした。1ポイントと入力して「ポイントからチャージする」をタップ。

 続いて、端末のPIN番号などを入力して認証すると、チャージ中のメッセージが表示され、1ポイントのチャージが完了した。下の画像のように、106円だったチャージ額が107円になった。

 筆者は、基本的に「楽天ペイ(アプリ決済)」はiPhoneで利用しているので、Androidの「楽天ペイ(アプリ決済)」のSuica残高があまり減らず、現状、このサービスを使う機会があまりない。早くiPhone版にも対応してほしいところだ。
【※関連記事はこちら!】
「スマホ決済」の専門家がおすすめするのは「楽天ペイ」と「d払い」の2つ!「スマホ決済」初心者が始めやすく、クレジットカードを紐づければ還元率が大幅アップ!

 以上、今回は、楽天ポイントで「楽天ペイ(アプリ決済)」の「Suica」にチャージする方法について解説した。
【※もっともお得なクレジットカードを2人の専門家がジャンル別に紹介!】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2021年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全8部門の“2021年の最優秀カード”を詳しく解説!