クレジットカードおすすめ最新ニュース[2021年]
2021年7月7日 ポイ探ニュース

楽天銀行で子供名義の「未成年口座」を開設する方法
や必要書類を解説! 子供と親権者の本人確認書類は
「住民票の写し」を提出すれば1枚で済むのでおすすめ!


ジュニアNISA

 楽天証券でジュニアNISAの口座を開設し、息子の親権者として取引を行うことにした。

 筆者の楽天証券の口座では、「楽天カード」で投信積立を行なっており、積立額に対して1%分の楽天ポイントも獲得している。しかし、ジュニアNISAや未成年口座は、両親の「楽天カード」を利用できない。
【※関連記事はこちら!】
楽天証券が投資信託の積立時の「楽天カード」決済&積立額の1%分のポイント還元を開始!ポイントの再投資も可能で、最強の「つみたてNISA」口座が誕生

 したがって、銀行口座から証券口座に入金して投資をすることになるが、楽天証券では、楽天銀行の口座を保有していると、自動入出金(スイープ)ができるサービス「マネーブリッジ」が利用できて便利だ。ということで、筆者も楽天銀行の未成年口座を申し込むことにした……のだが、後になって未成年口座の場合は「マネーブリッジ」を利用できないことが判明した。したがって、今回の記事はあくまでも、楽天銀行で未成年口座を開設する方法として参考にしてほしい。
【※関連記事はこちら!】
「楽天証券+楽天カード+楽天銀行」で積立投資すると、ポイント還元率が1%以上になって得! 獲得した楽天ポイントは、株や投資信託の購入にも活用可能!

楽天銀行
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料(税込)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~7回まで無料
(※)、以降は220円
月0~7回まで無料(※)、以降は275円 月0~7回まで無料(※)、以降は220円  同行あて:無料
 他行あて:月0~3回まで無料
(※) 、以降は168~262円
【楽天銀行のメリット】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ! さらに「ハッピープログラム」に無料エントリーすると、ステージに応じてATM出金手数料が最大で月7回まで無料に! 楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」の同時開設も簡単にできる。
※「ハッピープログラム」のステージにより決定。
【関連記事】【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
楽天証券+楽天銀行の同時口座開設はこちら(公式サイト)楽天銀行の口座開設はこちら(公式サイト)

 まず、楽天銀行で未成年口座を開設できるか確認するために「楽天銀行 未成年口座」と検索した。すると「子供名義の銀行口座開設」のページが表示された。

 続いて「子供名義の口座開設のお申込みはこちら」をクリックすると、口座開設ページに遷移した。ちなみに、この口座開設のページは、子供名義の口座の専用ページではなく、通常(成人)の口座開設ページと同じようだ。未成年の生年月日を入力したときだけ、「その他お客さま情報」の下に「親権者情報」の入力欄が表示される仕組みとなっている。

 申し込み手続きを途中まで進めていたが、ブラウザの「Google Chrome」では、キャッシュカードの選択ページで不具合が発生した。さらに、別のブラウザの「Firefox」でアクセスしたところ、下の画像のように、カード選択の部分がおかしな表示になってしまった。

 「Microsoft Edge」でアクセスしたところ、やっと正常に表示されたので、キャッシュカードを選択。なお、長男は年齢制限によって、クレジットカード機能が一体化した「楽天銀行カード」や「デビットカード」などは選択できないので、一般的なキャッシュカードを選択することになる。

 続いて、確認画面が表示されたら内容を確認して「申込み情報に誤りがないか確認し、規定等に同意して申し込む」ボタンをクリック。これで申し込みは完了だ。

 そして、楽天銀行から、情報を修正できる登録番号やアクセスキーが記載されたメールが送られてきた。

 メールを確認すると、宛先が子供の名前ではなく、筆者の名前になっていた。どうやら、名前を間違えて申し込んでしまったようだ。

 ブラウザを変更しながら何度も名前を入力していたので、つい、いつもの癖で自分の名前を入力してしまったようだ。とはいえ、楽天銀行から送られてきたメールに登録番号とアクセスキーが記載されているので、申し込み情報は訂正できる。登録番号とアクセスキー、誕生日を入力して、認証後に申し込み者の名前を子供の名前に変更した。

 2日後に、本人確認書類を送るための封筒が届いた。親権者と子供のそれぞれの本人確認書類が必要になるが、親権者と子供の情報が書かれた「住民票の写し」なら、書類は1枚だけでOKだ。「続柄」の記載が必要なのかどうか言及されていなかったので、楽天銀行の口座開設窓口に電話して確認すると、親権者と子供の名前が掲載されており、住所が同一であれば「続柄」の項目は必要ないとのことだった。
【※関連記事はこちら!】
「住民票」をコンビニで発行する方法を詳しく解説!クレジットカードでチャージしたnanacoで支払えば、住民票の取得でもカードのポイントが貯まってお得!

 しばらくすれば、口座開設が完了するはずだ。次回は、ジュニアNISAで投資信託を購入する方法をレポートしたい。

 以上、今回は、楽天銀行で未成年口座を開設する方法について解説した。

楽天銀行
コンビニATM出金手数料(税込) 振込手数料(税込)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月0~7回まで無料
(※)、以降は220円
月0~7回まで無料(※)、以降は275円 月0~7回まで無料(※)、以降は220円  同行あて:無料
 他行あて:月0~3回まで無料
(※) 、以降は168~262円
【楽天銀行のメリット】
「楽天証券」との口座連動サービス「マネーブリッジ」を利用すれば、普通預金金利がメガバンクの100倍の0.10%に大幅アップ! さらに「ハッピープログラム」に無料エントリーすると、ステージに応じてATM出金手数料が最大で月7回まで無料に! 楽天証券の申し込みページから「楽天証券の口座+楽天銀行の口座」の同時開設も簡単にできる。
※「ハッピープログラム」のステージにより決定。
【関連記事】【楽天銀行の金利・手数料・メリットは?】楽天証券との口座連動により普通預金金利が5倍に!振込などの取引で「楽天スーパーポイント」も貯まる
楽天証券+楽天銀行の同時口座開設はこちら(公式サイト)楽天銀行の口座開設はこちら(公式サイト)