ふるさと納税おすすめ特産品情報
2021年8月19日 ザイ・オンライン編集部

2021年度版【ふるさと納税ランキング~うなぎ編~】
「ふるさと納税」でうなぎがもらえる自治体を比較!
コストパフォーマンスが最強の自治体はココだ!

「ふるさと納税」で「うなぎ」をお得にもらおう!
2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」を発表!

「ふるさと納税」を申し込めるサイトを比較

 夏になると「うなぎ」を食べたくなる人は多いのではないだろうか。近年、牛丼チェーンのレギュラーメニューに「うな丼」が定着するなど、以前よりは「うなぎ」を手軽に食べられるようになったが、せっかく「うなぎ」を食べるなら「うな重」のように、ご飯が見えなくなるくらい「うなぎ」乗せて食べたいところだ。

 そこでおすすめなのが「ふるさと納税」を活用すること。「ふるさと納税」では「うなぎ」の返礼品を用意している自治体が数多くあるので、「ふるさと納税」を活用すれば「うなぎ」をお得かつ大量にゲットできるのだ。

 今回、ザイ・オンライン編集部では「ふるさと納税」で「うなぎ」がもらえる自治体を徹底的にリサーチ。そして、“寄付金額3万円以下”の気軽に申し込める返礼品に限定して「1万円換算で、どれだけ多くの『うなぎ』がもらえるか」を基準にランキングを作成した。

 なお、現在は「返礼品の還元率を寄付金額の3割以下に抑えなかった自治体は、ふるさと納税の控除対象から除外する」といった規定が厳格化されているが、今回紹介する自治体は、すべて「ふるさと納税」の控除対象になっているので安心してほしい。
【※関連記事はこちら!】
「ふるさと納税」は新制度の導入でどう変わったのか?還元率が30%以上&地元産品以外の「返礼品」は禁止でも、“やらなきゃ損する”お得な制度に変わりなし!

  それでは、さっそく、2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」を発表しよう。「うなぎ」がお得にもらえる自治体が一目瞭然なので、ぜひ、返礼品を選ぶ際の参考にしてほしい。

【ふるさと納税の基礎知識はコチラ!】
ふるさと納税の8大サイトの特徴やメリットを比較!最も便利なサイトはどこ?取扱い自治体数や特典は?ザイがおすすめする「ふるさと納税サイト」を紹介!
ふるさと納税の仕組みと始め方をわかりやすく解説!自己負担額たった2000円だけで返礼品をもらう方法や通信販売並みに便利に使いこなすワザを一挙紹介!
ふるさと納税して確定申告が必要になる人とは?「ワンストップ特例」と「確定申告」の違いやそれぞれの注意点、用意すべき書類をまとめて紹介!

【同率1位】1万円でうなぎ800g!
養鰻のプロが厳選し、熟練職人が丁寧に焼き上げた
「うなぎ」の蒲焼がもらえる「佐賀県上峰町」!

「上峰町」の「800g!うなぎの蒲焼4尾【中国産】」

 2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」第1位は、寄付金額1万円あたり「うなぎ800g」がもらえる3自治体が同率で並ぶという大接戦の結果となった。まずは、その3自治体のうち「佐賀県上峰町(かみみねちょう)」を紹介しよう。

 佐賀県の東部に位置する「上峰町」は、日本の原風景といえる自然が広がるのどかな町。また「鎮西山(ちんぜいざん)」から湧き出る清らかな水が町全体を潤しており、その豊かな土壌で育った作物や家畜は、どれも最高級品と言われている。

 そんな「上峰町」に1万円の寄付をすると「800g!うなぎの蒲焼4尾【中国産】」がもらえる。この返礼品の「うなぎ」は中国産だが、養鰻のプロが厳選した高品質な「うなぎ」となっており、その脂のノリは国産品に負けていないのだとか。そんな「うなぎ」を熟練職人が、頭付き・腹開きの「九州風」で調理を施し、専用のタレに付けてから焼く工程を4回繰り返しており、「うなぎ」好きの人にこそ味わってほしい逸品に仕上がっているそうだ。

 ちなみに「上峰町」では、2万5000円の寄付でもらえる「計840g!大幸園の国産うなぎ蒲焼 約140g×6尾」など、鹿児島県産の「うなぎ」の返礼品も用意しているので、中国産と鹿児島県産の「うなぎ」を食べ比べてみるのもよさそうだ。

 なお、本記事の最後には「上峰町」の「ふるさと納税」担当者へ行なったインタビューを掲載している。「上峰町」が用意している「うなぎ」の返礼品の魅力に加えて、寄付金の使い道などについても聞いたので、ぜひ、最後までお読みいただきたい。

「佐賀県上峰町」の返礼品一覧

【同率1位】1万5000円でうなぎ1.2kg!(=1万円あたり800g)
「ひつまぶし」などの料理にも使いやすい
「きざみうなぎ」がもらえる「新潟県長岡市」!

「長岡市」のふるさと納税サイト

 続いて紹介する同率1位の自治体は「新潟県長岡市(ながおかし)」。
 
 お米の人気品種「コシヒカリ」の発祥地である「長岡市」は、人口27万人ほどの自治体。また、“日本三大花火”に数えられる「長岡花火」や歴史的発掘物の「火焔型(かえんがた)土器」のほか、日本酒の蔵数が全国2位を誇るなど、個性豊かな文化を持っている。

 そんな「長岡市」に1万5000円の寄付をすると「うなぎ卸問屋が秘伝のタレで作った大盛キザミ鰻1.2kg(300g×4)」がもらえる。この返礼品は、中国産の養殖うなぎを香ばしく焼き上げてから手作業できざんだ商品なので、料理に使いやすいのが特徴だ。

 しかも、300g×4袋(合計1.2kg)の小分けになっているうえに、冷凍で1年間ほど保存できるので、ゆっくり「うなぎ」を楽しめるのも嬉しいポイント。そのまま白米に乗せて「ひつまぶし」にするのはもちろん、ちらし寿しで使ったり、卵焼きで巻く「うまき」にしたりなど、さまざまな食べ方で楽しめるはずだ。

「新潟県長岡市」の返礼品一覧

【同率1位】1万円でうなぎ800g!
プロが厳選した高品質「うなぎ」がどーんと届く!
ハンバーグや明太子とのセットもおトクな「福岡県新宮町」!

「新宮町」の「うなぎの蒲焼4尾(計800g以上)」

 最後に紹介する同率1位の自治体は「福岡県新宮町(しんぐうまち)」。

 「新宮町」は、白砂青松の「新宮海岸」や、特別天然記念物のクスノキ原生林が生い茂る「立花山」などを擁する風光明媚な町。また、沖合8kmにある「相島(あいのしま)」は、猫が多く生息する“猫島”としても知られており、多くの猫ファンが訪れるのだとか。

 そんな「新宮町」に1万円の寄付をすると「うなぎの蒲焼4尾(計800g以上)」がもらえる。この返礼品は、食のプロが厳選した中国産の「うなぎ」を使用しており、西日本風の「腹開き・有頭」で加工されている。中国産であることに抵抗がある人もいるかも知れないが、最近では、うなぎ専門店やホテルでも中国産うなぎを使用することもあり、品質は確かなものになっているそうだ。

 ちなみに「新宮町」では、「うなぎ」に加えて、福岡名産の「辛子明太子」や「もつ鍋」がセットになった返礼品も用意しており、それぞれ2万円の寄付で「うなぎの蒲焼4尾&無着色辛子明太子1kg」や「うなぎの蒲焼4尾&博多もつ鍋白みそ味(3人前)」がもらえるので、これらの返礼品もチェックしてみてほしい。

「福岡県新宮町」の返礼品一覧

【4位】1万4000円でうなぎ1kg!(=1万円あたり714g)
大手百貨店などでも取り扱われている品質の
「ふっくら肉厚うなぎ蒲焼5尾」がもらえる「福岡県須恵町」!

「須恵町」のふるさと納税サイト

 2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」第4位は「福岡県須恵町(すえまち)」がランクイン。

 「須恵町」は、全国平均に比べると高齢者の割合が低く、子どもの割合が高いエリアとなっている。そういった背景があるからか、寄付金の使い道を見てみると「生涯学習を基盤に据えた町づくり事業」や「未来を担う子ども達を育てる教育事業」など、先を見据えた使途に力を入れているようだ。

 そんな「須恵町」に1万4000円の寄付をすると「ふっくら肉厚うなぎ蒲焼5尾(合計1.1kg)」がもらえる。この返礼品も、中国または台湾で養殖された「うなぎ」を使用しているが、その品質は国産品と遜色なく、大手百貨店でも取り扱われているほどなのだとか。ふっくら肉厚でジューシーな約220gの「うなぎ」を5尾もらえるので、家族で暮らしている人にもピッタリだろう。

 ちなみに「須恵町」では、1万5000円の寄付でもらえる返礼品として「【数量限定/期間限定】生活応援ブレンド米 20kg」を用意している。福岡県産の「ひのりかり」や「元気つくし」をブレンドしたお米だが、コスパが優れている返礼品となっているので、「うなぎ」の返礼品と一緒に申し込むのもおすすめだ。

「福岡県須恵町」の返礼品一覧

【5位】1万円でうなぎ660g!
急速冷凍機で旨味を閉じ込めた
「超特大鰻の蒲焼330g×2尾」がもらえる「福岡県筑後市」!

「筑後市」の「ダルム屋 超特大鰻の蒲焼330g×2尾(合計660g)」

 最後に紹介するのは、第5位の「福岡県筑後市(ちくごし)」。

 筑後平野の中央に位置する「筑後市」は、古くから農業が盛んに行われているほか、交通の便がよく、多くの製造業企業の誘致に成功しており、都会と田園の両方の長所をそなえた田園都市となっている。

 そんな「筑後市」に1万円の寄付をすると「ダルム屋 超特大鰻の蒲焼330g×2尾(合計660g)」がもらえる。一般的な「うなぎ」の返礼品は1尾あたり200g前後だが、この返礼品は1尾あたり330g前後の“超特大サイズ”となっているので、食べごたえも抜群だ。

 また、この返礼品の「うなぎ」は、福岡で超人気店だという「ダルム屋」が調理しており、特殊な調理工程で焼きと蒸しを繰り返して、身がトロトロになった直後に急速冷凍機を使用することで、旨味を閉じ込めているのだとか。こちらも台湾産または中国産の「うなぎ」を使用しているが、非常に人気の返礼品で、配送に2~3カ月ほどかかるとのこと。超特大うなぎを味わってみたい人は、今のうちに申し込んでおこう。

「福岡県筑後市」の返礼品一覧

 改めて、今回紹介した自治体をまとめると以下のとおり。
ふるさと納税受付終了の自治体ですマークのものは、自治体がその特産品に関する「ふるさと納税」の受け付けを終了、もしくは一時的に中断しています。
※同じ自治体の同じような返礼品でも「ふるさと納税サイト」ごとに自治体が支払う手数料が異なり、返礼品の内容量や寄付額が違う場合もあるので、このランキングで返礼品を上手に選ぼう!

 ◆2021年度
  「ふるさと納税」で「うなぎ」がもらえる自治体のお得度ランキング!
(※2021年7月21日時点)
順位 お得な特産品の商品と量 備考
寄付金の使い道
1位  佐賀県上峰町
・1万円⇒800g!うなぎの蒲焼4尾【中国産】(1尾あたり約200g)
・2万5000円⇒約200g×5尾 「柳屋」の国産うなぎ蒲焼
・2万円⇒約140g×5尾 柳屋の国産うなぎ蒲焼
・2万5000円⇒計840g! 大幸園の国産うなぎ蒲焼 約140g×6尾
 ほか、1万円で「佐賀産和牛切り落とし(500g×3パック)」などがある
【寄付金の使い道】1.ひかり輝くひとづくりプロジェクト/2.ずっと住みたいまちづくりプロジェクト/3.宝を磨き活かすしごとづくりプロジェクト/4.町長おまかせ
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
1位  新潟県長岡市
≪1万円換算/800g≫
・1万5000円⇒うなぎ卸問屋が秘伝のタレで作った大盛キザミ鰻1.2kg(300g×4)
 ほか、1万1000円で「枝豆長岡茶豆5.0kg」などがある
【寄付金の使い道】(1)「米百俵のまち」長岡の人づくり/(2)人と地域がつながり助け合うまちづくり/(3)長岡の魅力発信と関係・交流人口の拡大/(4)市長にお任せ
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
1位  福岡県新宮町
・1万円⇒うなぎの蒲焼4尾(計800g以上)
・1万5000円⇒うなぎの蒲焼6尾(計1.2kg以上)
・2万円⇒うなぎの蒲焼8尾(計1.6kg以上)

・8000円⇒うなぎの蒲焼2尾(計400g以上)
 ほか、5000円で「博多一口餃子80個入」などがある
【寄付金の使い道】子どもたちの健やかな成長のために/いつまでも健康でいきいきと暮らすために/豊かな自然を守り育てるために/新宮町の魅力を伝えるために/地域の元気を応援するために
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
4位  福岡県須恵町
≪1万円換算/714g≫
・1万4000円⇒ふっくら肉厚うなぎ蒲焼5尾
 ほか、1万円で「炭火焼きローストビーフ1000g」などがある
【寄付金の使い道】①町民とともにつくる協働と参加のまちづくり事業/②多様に学び、文化を育むまちづくり事業/③誰もが健康でいきいきと暮らせるまちづくり事業/④安全で安心して快適に暮らせるまちづくり事業/⑤町長へ一任
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
5位  福岡県筑後市
・1万円⇒ダルム屋 超特大鰻の蒲焼330g×2尾  ほか、1万円で「福岡県産 幸水梨 9~12玉」などがある
【寄付金の使い道】(1)こどもたちの健全育成/(2)安全安心な食と農の推進/(3)生き生きと健康なまちづくり/(4)資源・環境にやさしいまちづくり/(5)文化・スポーツの振興/(6)九州新幹線を活用したまちづくり/(7)ソフトバンクホークスファームを活用したまちづくり/(8) 市長おまかせ
「ふるさと納税」の寄付の申し込みページはこちら
■以降のランキングはこちら!⇒【ふるさと納税】うなぎがもらえる自治体ランキング(2021年度版)人気の「うなぎ」がもらえる自治体を比較して、コスパ最強のおすすめの自治体を発表!

 ちなみに、「ふるさと納税」を実施している自治体数は2000近くあるため、今回の調査でもすべての自治体を調べきるのは難しく、あくまで「ザイ・オンライン編集部調べ」となっている。

 この記事を見て「ウチの特典の方がすごいぞ!」という自治体関係者の方や、「こっちのほうがお得だよ」という情報を持ちの方は、ぜひ、下記のメールアドレスまで情報をお寄せください。確認のうえ、追記させていただきます。
◆情報はコチラまで!(zol-furusato@diamond.co.jp)

2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」同率1位に輝いた
「佐賀県上峰町」の「ふるさと納税」担当者にインタビュー!

 2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」は、寄付金額1万円あたり「うなぎ800g」がもらえる3自治体が同率1位で並ぶ結果となった。今回は、その3自治体のうち、1万円の寄付で「800g!うなぎの蒲焼4尾【中国産】」がもらえる「佐賀県上峰町」のふるさと納税担当者・坂田陽香(さかたきよか)さんにインタビューを実施した。

 まず、「上峰町」が用意している「うなぎ」の返礼品について話を聞いてみた。

 「『うなぎ』の返礼品を用意している他の自治体に負けないように、『上峰町』では『うなぎ』の質にも量にもこだわっています。たとえば、質の面では、焼くだけでなく蒸すことでふっくらとおいしくなるように工夫しています。『うなぎ』自体は温めるだけで簡単に召し上がれますが、返礼品に同梱している『おいしい食べ方』のパンフレットには『ひと手間加えて楽しめるおつまみレシピ』なども掲載しているので、そちらも参考にして楽しんでいただけたら幸いです。寄付者の方々からは、他の自治体の『うなぎ』よりも大きくておいしい、といったお褒めの言葉をいただいており、リピートしていただくことも多いです」 

 「上峰町」が用意している返礼品の中でも特に「うなぎ」は人気とのことで、実際に2021年度に集まった寄付金額のうち、約24%は「うなぎ」の返礼品に対する寄付なのだという。そして、多くの人に寄付をしてもらうことで、自治体の財政も非常に助かっているそうだ。

 「『上峰町』は、とても小さな町で特に大きな産業などもないので、『ふるさと納税』が始まるまでは財政的にも厳しい自治体でした。しかし『ふるさと納税』のおかげで多くの寄付金が集まるようになり、実際に2020年度は、寄付件数が約24万5000件、寄付金額が約44億4000万円と、全国の皆様に多大な支援をいただきました。この寄付金を活用することで、子どもたちの教育支援や福祉の充実など、子どもから高齢者まで安心して住める町づくりを進めることができています。また『上峰町』は観光産業に乏しいのですが、現在は寄付金を活用して歴史的資源や文化を活かした観光コンテンツを作り上げる事業に取り組ませていただいています。コロナ禍が終息して、今までどおり旅行ができる世の中になったときに、『上峰町』へ訪れてもらえるような仕掛けを作っていきたいと考えています」

 最後に、坂田さんから寄付者の人に伝えたいメッセージを聞いた。

 「『上峰町』は小さな自治体ですが、おいしいものや温かい人たちに囲まれた活気のある町です。今よりもっと活気があふれるように『中心市街地活性化事業』や『鎮西山再開発事業』などのプロジェクトに注力して、多くの方に来ていただける町を目指して頑張っています。寄付者の方には『ふるさと納税』を通して『上峰町』の魅力を楽しんでいただき、コロナ禍が終息した暁には、ぜひ『上峰町』にお越しいただきたく思います」

 以上、今回は、2021年の「ふるさと納税ランキング~うなぎ編~」を紹介した。上位のコスパが優れた自治体はもちろん、国産のおいしい「うなぎ」をお得にもらえる自治体など、気になった自治体に「ふるさと納税」で寄付して、「うなぎ」に舌鼓を打つとともに自治体を応援しよう!

「佐賀県上峰町」の返礼品一覧

(取材・文/A4studio)