チャートで探せ!上がる株
【第34回】 2013年4月30日 ザイ・オンライン編集部

無敵に思えるボリンジャーバンドにも弱点が! ディー・エヌ・エー(2432)で調べてみっか!の巻

MACDなどのオシレーター系指標との併せワザが効果的なのだ!

短期的な急騰場面でも併用作戦は大成功

 そのとおり! 4月26日はちょっと下がりましたが、それでも1σ上に留まっていますしね! というわけで、ボリンジャーバンドとMACDの併用作戦でこの銘柄を攻略していたら、このリバウンド局面で400円程度の値幅を着実にゲットできていたわけです。逆にいえばMACDをチェックせず、直近の高値を抜くまで待ってからエントリーしていたら、完全に乗り遅れてしまっていたでしょうね。

ディー・エヌ・エー(2432) 2013年1月7日~4月26日前場・日足 ボリンジャーバンド+MACD

 なーるほどねえ……でも、いっつも後で教えてくれるんだよなー。事前に教えてちょーだいな!

 (無視して)ちなみに、1月7日を起点とした短期急騰局面についても、ボリンジャーバンドの収縮とMACDのゴールデンクロスを見てトレードを仕掛けていたら初動に乗り遅れませんでした。MACDのデッドクロスは株価の天井よりも若干遅れたので、魚の頭は手中に収めたものの、尻尾だけはくれてやることになりましたが……。もちろん、下落局面も信用売りで攻めれば勝てていましたよ。

 尾頭付きって、頭はウレシイけど、尻尾なんか食えないもんねー! 頭だけでも超ラッキーじゃーん。よーし、オレも今すぐ併用作戦で大儲けしてやるのだー!

(取材・文/大西洋平 イラスト/スージー甘金、藤波俊彦)

※ボリンジャーバンドを活用したトレード方法については、弊社刊『一番売れてる株の雑誌ZAiが作った チャートで稼ぐ「株」入門―必勝セクシーボリンジャー投資のすべて』(ダイヤモンド・ザイ編集部/ワタナベくん:著)にとっても詳しく解説されています。ぜひお買い求めください!