ネット銀行比較
2018年4月1日 ザイ・オンライン編集部

【住信SBIネット銀行の金利・手数料・メリット】
SBI証券の口座と連動することで、よりお得な銀行に
「ハイブリット預金」なら普通預金金利が10倍に!

[2019年8月15日 情報更新]

 住信SBIネット銀行
普通預金金利
(年率、税引前)
定期預金金利(年率、税引前)
1年 3年 5年
0.01%(※1) 0.20%(※2) 0.02% 0.02%
 ※ 100万円を預けた場合の2019年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 SBI証券口座保有者の「ハイブリッド預金」適用時。※2 2019年9月1日までの「円定期預金 特別金利キャンペーン」適用時。
コンビニATM出金手数料(税抜) 振込手数料(税抜)
セブン-
イレブン
ローソン ファミリー
マート

(E-net)
ミニストップ
(イオン銀行)
月2回~15回無料(※)、以降は100円 同行あて:無料
他行あて:月1回~15回無料
(※)、以降は142円
 ※「スマートプログラム」のランクによって異なります

住信SBIネット銀行のおすすめポイント

●「SBI証券」の証券口座と連動する「ハイブリッド預金」をつくると、普通預金金利が0.01%に!
●休日でも夜でも24時間365日、無料回数内ならATM出金手数料が0円
●他行への振り込みが、最大月15回まで手数料0円
【関連記事】住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!
SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する人はこちら
住信SBIネット銀行の口座だけを開設する人はこちら

「住信SBIネット銀行」のおすすめポイント

●「SBI証券」の証券口座と連動する「ハイブリッド預金」をつくると、
 普通預金金利が0.01%
に!
 

 「住信SBIネット銀行」の口座をネット証券最大手の「SBI証券」と連動させる「ハイブリッド預金」なら、普通預金金利が年0.001%⇒年0.01%にアップ。株式投資に関心がない人も、株式投資をしている人も「住信SBIネット銀行」を利用することで得をする仕組みになっている(金利はすべて税引前)。

 なお、「SBI証券」の口座開設の申し込みページから「住信SBIネット銀行」の口座も同時に開設することができるので、普通預金金利が高金利な「ハイブリッド預金」を利用したい人は、「SBI証券」の申し込みページからそれぞれの口座開設を申し込むといいだろう。

SBI証券【詳細情報⇒SBI証券の紹介ページ
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
139円 272円 272円
ネット証券比較!人気のSBI証券の公式サイトはこちら!
【SBI証券のメリット】  
口座開設数400万超はネット証券で1位。手数料も最安値水準。株主優待情報やチャート、投資情報も充実。有料トレードツール「HYPER SBI」は、月に現物株取引1回以上、または信用口座か先物・オプション口座を開設していれば無料で利用可能。ネット証券では珍しくリアル店舗も有する。住信SBIネット銀行と連携したサービスも展開する。
【関連記事】【SBI証券のおすすめポイントはココだ!】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券利用者のクチコミPick Up! 評価 ★★★★SBI証券の「株主優待検索」が便利です。確定拠出年金の運用でも使っています。(40代・男性)

●休日でも夜でも24時間365日、ATM出金手数料がお得!
 

 取引実績によって優遇サービスが変わる「スマートプログラム」のランクによって、ATM出金手数料の無料回数が変動。セブン-イレブンやファミリーマート(E-net)、ローソン、ミニストップ(イオン銀行)といった提携コンビニのATMなら24時間365日、無料回数内は出金手数料が無料となっており、最低ランクでも月2回、最大ランクで月15回無料になる。月15回までATM出金が無料ということは、2日に1回、出金が可能ということ。通常利用ならば、十分足りる回数だ。


●他行への振り込みが、最大月15回まで手数料0円!
 

 「スマートプログラム」のランクによって、振込手数料の無料回数が変動し、最低でも月1回は振込手数料が無料になる。さらに、一番上のランクであるランク4になると、月15回も無料で振込むことが可能。無料回数以降も142円(税抜)と、他のネット銀行と比較しても割安に設定されている。メガバンクの場合、他行あての振込手数料が200~400円(税抜)かかることを考えると、かなりお得だ。
⇒「スマートプログラム」の詳細はこちら!

「住信SBIネット銀行」ってどんな銀行?

 「住信SBIネット銀行」は、「三井住友信託銀行」と「SBIホールディングス」が共同で出資するネット専業の銀行だ。2007年9月の営業開始以来、着実に成長を続け、現在は口座数355万口座、預金残高5兆円を突破している(ともに2019年4月末時点)。

 ATM手数料の安さや「ハイブリッド預金」における普通預金金利の高さなど、他のネット銀行にくらべてお得なサービスも多い。また、ネット専業銀行としては初となる純金積み立てサービス「Mr.純金積立」の取り扱いや、スポーツ振興くじ「BIG」「toto」の販売など、独自サービスの提供にも余念がない。

 そうした商品・サービスがユーザーに受け入れられ、住信SBIネット銀行は、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが顧客ロイヤルティを図る指標として実施している「NPS®ベンチマーク調査2018」の銀行部門で1位を獲得するなど、高い評価を得ている。

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する人はこちら
住信SBIネット銀行の口座だけを開設する人はこちら

「住信SBIネット銀行」のスペック

■取扱商品

 定期預金  公共料金引落(※)
 外貨預金  カードローン
 投資信託  住宅ローン
 ※ 東京電力、東京ガス、東京都水道局の3つに対応している場合は○、1~2つに対応している場合は△、未対応の場合は☓と表記。その他の公共料金への対応状況は、公式サイトでご確認ください。

■普通預金金利(年率、税引前)

 普通預金(「ハイブリッド預金」適用時) 0.01%
 普通預金 0.001%
 ※ 100万円を預けた場合の2019年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。

⇒他の銀行の普通預金金利との比較はこちら!

■定期預金金利(年率、税引前)

期間 預入金額
100万円 300万円
 1週間
 2週間
 1年 0.20%(※1) 0.20%(※1)
 3年 0.02% 0.02%
 5年 0.02% 0.02%
 ※ 2019年8月15日時点の金利(年率、税引前)。利息には20.315%(国税15.315% 〈復興特別所得税含む〉+地方税5%)の税金がかかります。最新の金利は銀行の公式サイトをご確認ください。※1 2019年9月1日までの「円定期預金 特別金利キャンペーン」適用時。

⇒他の銀行の定期預金金利との比較はこちら!

■振込手数料(税抜)

   スマートプログラムのランク ⇒詳細はこちら
ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
同行他支店あて 3万円未満 無料
3万円以上
他行あて※1 3万円未満 月1回
まで無料

※2
月3回
まで無料

※2
月7回
まで無料

※2
月15回
まで無料

※2
3万円以上
※1 三井住友信託銀行あては月何回でも無料。※2 無料回数終了後は、1回142円(税抜)

⇒他の銀行の振込手数料との比較はこちら!

■コンビニATM出金手数料(税抜)

   スマートプログラムのランク
ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
セブン-イレブン 月2回
まで無料

月5回
まで無料

月7回
まで無料

月15回
まで無料

ローソン
ファミリーマート(E-net)
ミニストップ(イオン銀行)
※無料回数終了後は、1回100円(税抜)

⇒他の銀行のコンビニATM手数料との比較はこちら!

「スマートプログラム」の判定条件

■「スマートプログラム」の判定条件 ※赤字は比較的達成しやすい条件

◆ランク1
1 条件なし
◆ランク2(1~4のいずれかに該当)
1 総預金の月末残高が30万円以上
2 ロボアドバイザーの運用残高が月末10万円以上
3 下記の条件に2つ以上該当
・外貨預金の月末残高あり
・仕組預金の月末残高あり
・SBIハイブリッド預金の月末残高あり
・純金積立に月末時点で契約あり
・給与、賞与または年金の入金あり
・目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
・BIG・totoや公営競技に入金が月内合計2万円以上
・カードローンの月末借入残高あり(残高50万円以上は2つとしてカウント

・Visaデビットカードの月末確定金額が1万円以上(3万円以上は2つとしてカウント)
・クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上は2つとしてカウント)
・口座振替によるプリカチャージの月内円貨チャージ合計金額が1万円以上(3万円以上は2つとしてカウント
4 30歳未満
◆ランク3(1~4のいずれかに該当)
1 総預金の月末残高が300万円以上
2 住宅ローンの月末残高あり
3 ロボアドバイザーの運用残高が月末100万円以上
4 下記の条件に3つ以上該当
・外貨預金の月末残高あり
・仕組預金の月末残高あり
・SBIハイブリッド預金の月末残高あり
・純金積立に月末時点で契約あり
・給与、賞与または年金の入金あり
・目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
・BIG・totoや公営競技に入金が月内合計2万円以上
・カードローンの月末借入残高あり(残高50万円以上は2つとしてカウント)
・Visaデビットカードの月末確定金額が1万円以上(3万円以上は2つとしてカウント)
・クレジットカード「ミライノ カード(JCB)一般」の当月確定(翌月引落)金額が1万円以上(5万円以上は2つとしてカウント)
・口座振替によるプリカチャージの月内円貨チャージ合計金額が1万円以上(3万円以上は2つとしてカウント)
◆ランク4(1、2のいずれかに該当)
1 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が500万円以上
2 外貨預金と仕組預金の月末残高合計が300万円以上、かつ住宅ローンの月末残高あり
※ランクアップ条件
以下のいずれかのクレジットカードを保有し、住信SBIネット銀行を引落口座に設定することで、2ランクアップ
ミライノ カード GOLD(JCB)
・ミライノ カード PLATINUM(JCB)
・ミライノ カード Travelers Gold(Mastercard)
※フラット35の場合は月内引落あり。

 「スマートプログラム」は、ランク2までは比較的容易になることができる。

 具体的には、「年齢が30歳未満」であれば無条件で、30歳以上でも「30万円以上の預金」があればランク2にアップする。30万円も預けたくない人は、「SBI証券の口座を開設し、SBIハイブリッド預金にお金を預ける」「外貨預金にお金を預ける」の2つをクリアしてもOK。預入金額に指定はないので、それぞれ100円預けるだけでもランク2を達成できる。

 ランク3以上を目指すなら、「SBI証券の口座を開設し、SBIハイブリッド預金にお金を預ける」「外貨預金にお金を預ける」の2つに加え、「給与、賞与の振込口座に指定する」をクリアするのが、比較的達成しやすい方法だろう。

 ランク3以上を達成するなら、「ミライノ カード」をつくるのも手だ。例えば、「ミライノ カード GOLC(JCB)」をつくって住信SBIネット銀行を引落口座に設定すれば2ランクアップするので、それだけでランク3を達成できる。さらに、ランク2の条件もクリアすれば、一気にランク4にアップできる。

ミライノ カード GOLD
還元率 0.5~1.0%
(住信SBIネット銀行のスマプロポイント経由で現金に交換すると1.0%、それ以外は0.5%)
「ミライノ カード GOLD」のカードフェイス
発行元 住信SBIネット銀行
国際ブランド JCB
年会費(税抜) 3000円
(年100万円以上の利用で次年度無料)
家族カード(税抜) なし
ポイント付与対象の
電子マネー
QUICPay
「ミライノ カード GOLD」の公式サイトはこちら

 「ミライノ カード」についての詳細は、こちらの記事でくわしく開設している。
【※「ミライノ カード」についての詳細記事はこちら!】
⇒「ミライノ カード」は銀行系カードでもっともお得な年会費「実質」無料+高還元+キャッシュバック型のクレジットカード!住信SBIネット銀行利用者は必携

関連記事

「ミライノ カード」は利用額の1%が現金還元される実質「年会費無料」のクレカ! 住信SBIネット銀行の利用者なら「ミライノ カード GOLD」がおすすめ!

「住信SBIネット銀行」の使い勝手がさらにアップ!スマートプログラムの改善で、ATM出金手数料や振込手数料の無料回数を増やすのが簡単に!

住信SBIネット銀行ならメインバンクはそのままでコンビニATM手数料&振込手数料が無料にできる! SBI証券利用者は金利がアップして、さらに得する!

住信SBIネット銀行「スマートプログラム」を攻略!「SBIカード」の保有で最大限ランクアップすれば、振込手数料が月15回まで無料の最強のネット銀行に!?

SBI証券と住信SBIネット銀行の口座を同時に開設する人はこちら
住信SBIネット銀行の口座だけを開設する人はこちら