経営者 サブカテゴリ

最新順 記事一覧

「やる気がどうしても出ない…」仕事のストレスを回避する、3つの鉄則

「やる気がどうしても出ない…」仕事のストレスを回避する、3つの鉄則

小宮一慶
仕事でストレスを感じている人は、とても多いと思います。意欲を持って働いていた人が、燃え尽きたかのように…
テルモがグローバルで勝ち続ける理由、全員で共有する「価値観」重視の戦略とは

テルモがグローバルで勝ち続ける理由、全員で共有する「価値観」重視の戦略とは

多田洋祐
新型コロナ禍の中、心肺補助システム「ECMO」をはじめ、カテーテルや注射器に至るまで高度な医療機器を幅…
パワハラ防止義務化が企業経営に及ぼすリスクとは

パワハラ防止義務化が企業経営に及ぼすリスクとは

向井 蘭
企業にパワハラ対策を義務づける「パワハラ防止法」が、いよいよ6月から施行される(中小企業は2022年4…
旭硝子からAGCへ、100年企業に社名変更を決断させた「創業時の使命感」

旭硝子からAGCへ、100年企業に社名変更を決断させた「創業時の使命感」

多田洋祐
100年以上続く「旭硝子」の社名を変更したAGC株式会社。大胆なブランドマーケティングを展開する一方で…
ファミリーマート澤田貴司社長が、自社の店舗に絶対の信頼を置く理由

ファミリーマート澤田貴司社長が、自社の店舗に絶対の信頼を置く理由

多田洋祐
コンビニ業界でシェア第2位のファミリーマート。2016年にサークルKサンクスと経営統合し、その際に就任…
スカイマーク再建のキーマン・佐山展生氏「企業が本当に目指すべき日本一とは」

スカイマーク再建のキーマン・佐山展生氏「企業が本当に目指すべき日本一とは」

多田洋祐
2015年1月に民事再生手続の申し立てを行った後、業績を急回復させた航空会社がスカイマーク。再建の立役…
RIZAPグループではなぜ「組織にコミットする」社員が生まれるのか

RIZAPグループではなぜ「組織にコミットする」社員が生まれるのか

多田洋祐
RIZAPグループの特徴は先駆的なM&A戦略。美容・健康、アパレル関連、エンターテインメントと、ボディ…
ロート製薬山田会長が提言「働き方改革のそもそものズレを認識できるか」

ロート製薬山田会長が提言「働き方改革のそもそものズレを認識できるか」

多田洋祐
ロート製薬はすでに売上高の6割以上がスキンケア関連品、4割近くを海外売上が占める。いち早く副業解禁にも…
オリックス宮内義彦が語る「経営幹部は育成して作れるものではない」

オリックス宮内義彦が語る「経営幹部は育成して作れるものではない」

多田洋祐
日本有数の多角的事業会社であるオリックス。リースを祖業とするが、銀行、生命保険から、不動産、環境エネル…
「アウトドア好きばかりが集まる」組織文化がスノーピークの好調を支える

「アウトドア好きばかりが集まる」組織文化がスノーピークの好調を支える

多田洋祐
80年代から「オートキャンプ」に新たな価値を見出しながら、日本人の生活に自然との調和を広げてきたスノー…
経営者もMBAで学び直して活路を見出したいと思うことがある

経営者もMBAで学び直して活路を見出したいと思うことがある

野田 稔
前2回は、大企業のビジネスパーソン3人にMBA入学の動機や、実際に学んでみての感想などを伺いました。今…
星野リゾート代表が語る「生産性向上のために“無駄な時間”を削ってはいけない」

星野リゾート代表が語る「生産性向上のために“無駄な時間”を削ってはいけない」

多田洋祐
1914年、スタートは長野県軽井沢で生まれた温泉旅館だった。2001年からリゾートや旅館の運営事業に取…
世界の一流リーダーたちが「禅」に惹かれる理由

世界の一流リーダーたちが「禅」に惹かれる理由

flier
アップルを創業したスティーブ・ジョブズや、ドキュメンタリー映画監督であるマイケル・ムーアなど、世界の第…
グループ会社5000社を目指すソフトバンクの「人事制度の作り方」

グループ会社5000社を目指すソフトバンクの「人事制度の作り方」

多田洋祐
事業を積極的に多角化し、売上高が9兆円を超える日本を代表する企業となった、ソフトバンクグループ。時価総…
80周年を迎える日本IBM、企業が長く続く秘訣とは

80周年を迎える日本IBM、企業が長く続く秘訣とは

多田洋祐
100年を超える歴史を持ち、日本法人が設立80周年を迎えた日本IBM。世界170カ国にまたがる名実とも…
500年企業・虎屋が社内に親族は「一人だけ」にする理由

500年企業・虎屋が社内に親族は「一人だけ」にする理由

多田洋祐
「虎屋」の創業は室町時代後期の京都といわれ、1600年頃には既にその名を「虎屋」と定めていたという。新…
“有言実行の近江商人”が追い続けた壮大な夢

“有言実行の近江商人”が追い続けた壮大な夢

北 康利
昭和58年、幸一は京都商工会議所会頭に就任。京都のため全力を尽くすことになる。一方、社長職は長男の能交…
らでぃっしゅぼーやが見据える「オーガニック市場の1兆円」

らでぃっしゅぼーやが見据える「オーガニック市場の1兆円」

多田洋祐
1988年に誕生し、会員制食品宅配事業の草分け的存在としてオーガニック市場を開拓してきた「らでぃっしゅ…
社長退任宣言

社長退任宣言

北 康利
蜷川府政と戦っている頃、本業ではノーブラ運動や安売り業者の台頭による危機が訪れていた。幸一は驚くべき手…
“経営の神様”松下幸之助との出会いと政治への目覚め

“経営の神様”松下幸之助との出会いと政治への目覚め

北 康利
国内トップブランドの地位を確立するなかで、幸一の交友関係は飛躍的に広がっていった。その人脈を活かし19…