超成長株投資で資産10倍計画!

キヤノン(7751)やJT(2914)など利回り5%以上の
高配当銘柄は投資対象として安全か?
減配リスクを回避し、長期投資向きの銘柄を探す方法とは?
山本潤の超成長株投資の真髄 第34回

2019年9月4日公開(2022年3月29日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
山本潤の無料株式セミナー:個人投資家の失敗パターンの逆をする、長期成長株投資で成功する方法!

  年金2000万円問題から日本株の配当利回りに着目する方々も増えているようです。

 今回は、配当利回りの高い株を選ぶ場合の注意点を書きます。

結論から言うと「同じ利回りであれば配当性向が低い方がよい」ということになります。配当性向とは、一株あたりの純利益に対する配当の割合です。

 例えば、いくら配当が高くても、配当性向が100%に近いもの、あるいは、100%を超えるものは、来期以降に減配となる可能性が高いのです。

 例をあげるとキヤノン(7751)は配当利回りは高いのですが、利益が出せなくなってきました。その結果、今期末の配当は中間期には未定になってしまいました。仮に減配になってしまう、あるいは、無配になってしまうと、株価自体も下がってしまいます。そうなると投資は失敗になってしまうのです。
キヤノンは、ペーパーレス時代において複写機やプリンターの消耗品の需要が盛り上がらないばかりか、カメラ市場が縮小傾向にあり、厳しい状況が続きそうです。長期投資には今の状態では不適合かもしれません。

 キヤノンほど業績は不振ではありませんが、JT(2914)やソフトバンク通信子会社(9434)も高い利回りですが、これらは配当性向が高いため、将来の減配リスクは相応にあります。通信子会社は業績が安定していますが、今後の展開は楽天などの新規参入などもあり要注意です。JTも喫煙率が新興国でも低下傾向にあり先行きは読めません。

配当性向40%未満の銘柄が安全

 配当利回り優先の銘柄選びをするとしても、その方法としては、配当性向が40%未満のものが安全であろうと思います。理由は利益が半減したとしても、減配になるとは限らないからです。100の利益のうち30を配当として出しても、利益が50になっても、50から30は出そうと思えば出せるからです。これが100の利益のうちすでに80を配当として出しているソフトバンク通信子会社やJTでは、利益が50となったら、配当の80は維持される可能性は低いでしょう。

 配当利回りでスクリーニングなどをすると、高利回り株の多くは、潜在的なリスクが大きい事業を営んでいて成熟している企業ばかりです。

 石油の元売りであったり、商社であったり、市況に左右される化学や鉄鋼メーカが多数を占めます。

 今、たまたま市況がよいため、総合商社や大手鉄鋼や化学メーカの中には利回りが高いのですが、一旦、市況が崩れると利益は数分の1、悪い時には赤字になってしまうことがあります。

今、日本株には利回り5%以上の高配当銘柄が多数

 ただ、成熟性を差し引いても、現在の日本株の中には、利回りが5%を超えるものがゴロゴロしているのです。企業は、得られる売上が減ったとしても、その分、費用を抑えてくれます。そのため、概ね毎年のキャッシュフローは黒字です。成長しない、利益が伸びない企業であっても、配当はずっと継続できる見通しは立つのです。これが株式投資の面白いところなのです。配当に着目するのは典型的なバリュー投資なのです。

条件は、
1) 時価総額が1000億円以上で流動性があること、
2) 配当利回りが5%であること
3) 配当性向が40%未満であること
4) 過去の業績から計算した理論株価が現在の株価よりも1.3倍以上高いこと

以上からピックアップできる銘柄を分析して投資対象に加えてみてはいかがでしょうか?

DFR投資助言者 山本潤

山本潤の無料株式セミナー:個人投資家の失敗パターンの逆をする、長期成長株投資で成功する方法!

この連載は、10年で10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページで今回ピックアップした具体的な長期投資向けの高配当銘柄や資産10倍を目指すポートフォリオの提案や売買アドバイス、成長株投資の分析法などもご覧いただけます。


【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2022年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500激辛診断
米国株150診断
全上場銘柄の理論株価

8月号6月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気株500激辛診断/米国株150]

◎巻頭特集

2022年後半の日本株&為替大予測

●日本株:秋に底入れ年末3万円へ
●為替:1ドル130円の時代に突入


◎第1特集
10万円未満で買える株は111銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●2022年夏のイチオシ株
・10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート
●気になる人気株
・大型株/新興株/Jリート
●儲かる株の見つけ方
旬の3大テーマ円安メリット株」「株主還元強化株」「会社予想が保守的な株
5大ランキング今期最新予想が大幅増収」「アナリストが強気
高配当利回り株」「少額で買える株

●投資判断に異変アリ!
日本通運、住友不動産が「買い」に格上げ
東急、新生銀行、シャープが「弱気」に転落

◎第2特集
高利回り&割安株を狙え
波乱相場ならではの狙い目株が続々!
人気株500以外からセレクトした「買いの株100」

●桐谷さんオススメ株主優待株
●増配かつ高配当な株
●初心者オススメ5万円株
●上方修正に期待大の株
●波乱に負けない高成長株

◎第3特集
人気の米国株150診断

●どうなる米国株?
「インフレなどで波乱は続くが10月末から上昇へ転じる!」
●注目銘柄
「有力定番IT株」「高配当割安株」「ディフェンシブ株」
●定点観測
GAFAM+αテスラ、エヌビディア、ネットフリックスなど

伝説のスゴ腕投資家バフェットが10年ぶりに株をオトナ買い
バフェットはいまの米国株をこう見てる&バフェットが買った銘柄をチェック!


◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! 
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン 【全41口座徹底調査】スプレッドやスワップポイントがお得なFX会社は? FX会社比較!

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報