超成長株投資で資産10倍計画!

ロックダウンの影響で日本株4~6月決算は未曾有の打撃
ただ、実力ある成長企業はいずれ本来の姿に戻る
多数不安の時に強気で仕込む、それが長期投資の常道山本潤の超成長株投資の真髄 第69回

2020年7月15日公開(2022年3月29日更新)
山本 潤
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事

あまりに大きすぎたロックダウンの痛み

 今年、私たちはグローバル経済がロックダウンするという未曾有の経験をしました。世界中の人々の移動が制限された結果、経済の痛みは過去のどんな恐慌をも凌ぐ深刻な事態となりました。

 現在、経済活動はゆっくりと再開され、人々の移動が戻りつつあります。世界各国が医療体制を崩壊させないように手を打ち、新型コロナウイルス感染症による死亡者数や重傷者数は激減しました。それでも米国テキサス州などで死亡者数は増加しており、マーケットの先行きにも警戒感が台頭しています。

 日本企業の多くはロックダウンによる甚大な影響を算定できず、今期の業績見通しを発表できずにいます。また、ロックダウンの影響をもろに受けた4~6月期の決算は悪いものが続くでしょう。業績の下方修正や減配を嫌気し、株価を一段と下げる企業も多いと思います。

 しかし、私はあえて言いたい。これ以上、何を怖れる必要があるのでしょうか。足元の業績が悪いことを嘆き、さらに株価が下がるなら、下がってもいい。なぜなら、また株価は上に戻っていくのですから。実力がある成長企業なら、1~2年後に数倍になっていることは想像に難くないでしょう。

いずれ本来の実力を反映した株価に戻る

 私が助言するDFRポートフォリオ銘柄は、新型コロナウイルス感染症を怖れず、来年以降に世界経済が通常化するとの想定で、足元の業績が悪い銘柄を多数組み込んでいます。それは多くの投資家が足元が安心な巣篭もり消費銘柄へとシフトした動きとは一線を画しています。打撃を受けた企業を保有することは短期で遠回りでも、1~2年の時間軸では近道だと考えているからです。今、その思いはこれまでより強くなりました。

 気概ある経営者が存在し、世界を変えようと奮闘している。私たちは長期投資家として、そうした企業をしっかり支えたいと考えています。4月や5月に営業できなかった多くの企業は短期では業績が出ません。しかし、それは彼らの実力を正しく反映したものではありません。いずれ本来の実力が反映されます。ですから、来年にはしっかりと株価は戻っていきます。DFR銘柄の中にも短期的に厳しい銘柄はありますが、ポートフォリオ運用によって他の銘柄でカバーしているのです。

 経済は止まったままのように見えるがそうではなく、毎日、じわりと日常生活が戻りつつあります。私たちは社会の最後の砦であるという思いで、3月の急落時にもうろたえなかったように気概ある成長企業を応援し続けるのです。今の相場を怖れることなく、来年の状況を想像し強くいて欲しいのです。

足元の業績が良い銘柄に群がるは高値掴みで負ける

 経済はだめだ、やはり二番底が来るかしれない。だから、長期投資するには時期が悪いかもしれないと考えるのではなく、今のような時だからこそ長期投資が輝くのです。大多数が不安になっている時期こそ強気を通す。皆が不安になっているときにこそ攻撃の手を緩めない。これが株式投資の常道です。

 DFRポートフォリオの組み入れ銘柄は長期成長が期待できる企業ばかりです。彼らの底力を信じて欲しいのです。多くの投資家は、今の緩慢な株価の戻りを焦ったいと考え、つい足元の業績が良い銘柄へと群がっていきます。その結果、高値を掴み、多くの方々は負けてしまうのです。足元がダメだという理由で長期投資を諦めて欲しくないのです。経済は止まった。業績は悪い。株価は下がった。だからこそ、今が買い場なのです。

(DFR投資助言者 山本潤)

この連載は、10年で資産10倍を目指す個人のための資産運用メルマガ『山本潤の超成長株投資の真髄』で配信された内容の一部を抜粋・編集の上お送りしています。メルマガに登録すると、週2回のメルマガの他、無料期間終了後には会員専用ページでさらに詳しい銘柄分析や、資産10倍を目指すポートフォリオの提案と売買アドバイスもご覧いただけます。山本潤氏の新刊が発売『初心者でも勝率99%の株ポートフォリオ戦略』


今日の注目株&相場見通し!!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気の株500激辛診断
米国株オススメ&診断
上場3854社理論株価

11月号9月21日発売
定価780円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[人気の株500激辛診断/米国株]

◎巻頭特別対談
人生を変える!貯金 節約 投資
投資家/棋士・桐谷広人さん×小説家・原田ひ香さん


◎第1特集
買いの高配当株は84銘柄!
人気の株500+Jリート14激辛診断

●儲かる株の見つけ方
・旬の3大テーマ
上方修正株」「人流復活で注目の株」「値上げが浸透する株
・5大ランキング
「第1四半期の進捗が高い」「ROEが高い」
「高配当利回り株」「少額で買える株」「理論株価で割安な株」

●2022年秋のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株

●気になる人気株

◎第2特集
上期修正期待の株も!

人気株500以外で買いの株100

●全上場株をランキング!
高配当トップ100&イチオシ&注目株
●第一四半期決算の好発進&復活期待株
●2大テーマ株
●株主優待株

 

◎第3特集
人気の10倍株や利回り8%超 の株も
米国株150オススメ&診断

どうなる米国株
「10月まで上げ渋るが
2023年に最高値を更新する」
●波乱に負けないオススメ株
「大型優良株&高配当株18」
●人気の株を定点観測
GAFAM+α8診断/ナスダック44診断/ニューヨーク証券取引所80診断
●全上場株でランキング!

高配当株全米トップ100
 

◎【別冊付録1】

割安か割高か判明!

最新全上場3854社の理論株価
 

◎【別冊付録2】

3年で100万円が2倍超に!
AI搭載ペットと儲ける3カ月


◎人気連載もお楽しみに!
●おカネの本音!
●10倍株を探せ!IPO株研究所
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!


「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2022】 クレジットカードの専門家が選んだ 2022年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 太田忠の日本株「中・小型株」アナリスト&ファンドマネジャーとして活躍。「勝つ」ための日本株ポートフォリオの作り方を提案する株式メルマガ&サロン

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報

ザイFX!のお役立ち情報

ダイヤモンドZAiオンラインαのお役立ち情報