クレジットカード活用術

Apple Payを実際に使ってわかった! 
リアルでもネットでもApple Payで使えて、
還元率が高い、お得なクレジットカードとは?

2016年11月15日公開(2019年9月18日更新)
菊地祟仁
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

 2016年10月25日に「Apple Pay」のサービスが日本でも始まりました。開始から3週間ほど経ち、実際にいろいろと使ってみてわかったことも出てきたので、今回は「Apple Pay」について詳しく紹介したいと思います。

「Apple Pay」は「Visa」ブランドの
クレジットカードでも利用できる!

 「Apple Pay」の開始直後、iPhoneユーザーやインターネット上の情報が非常に混乱していました。というのも、開始直後のAppleのサイトには次のようなロゴが並んでおり、国際ブランドが「Mastercard」「JCB」「American Express」のクレジットカードしか利用できないのでは? 逆に、「Mastercard」ブランドのクレジットカードであれば、どの発行会社のクレジットカードでも利用できるのでは? と感じた人が多かったからです。

 しかし、実際は「Visa」ブランドのクレジットカードでも登録が可能であり、逆に掲載されていない発行会社のクレジットカードは「American Express」ブランドでも登録はできません。

 例えば、筆者が保有している「au WALLETクレジットカード」の「Visa」ブランドをiPhoneの「Walletアプリ」に登録すると、正常に登録することができます。逆に「アメリカン・エキスプレス・カード」を登録しようとしても登録ができません。

 つまり、重要なのは「国際ブランド」よりも、その下にある「クレジットカードの発行会社」ということです。この辺りが「Apple Pay」サービス開始直後に混乱した原因でしょう。2016年11月14日時点では、Appleのサイトでも以下のように国際ブランドのロゴが外されて、発行会社のロゴのみの掲載となっており、少し分かりやすくなったと思います。

 では、「Walletアプリ」に登録した「au WALLETクレジットカードの「Visa」ブランドが「Apple Pay」で利用できるのかを検証してみましょう。

「Apple Pay」で決済するときはホームボタンを押しながら決済端末に近づける
拡大画像表示

 検証するために「au SHINJUKU」でiPhone 7のケースを購入しました。

 「au WALLETクレジットカード」の場合は、「QUICPay」での支払いとなるため(「QUICPay」については後述します)、「QUICPayで支払います」と言ってから、iPhone 7のホームボタンを押しながら決済端末に近づけると正常に「完了」メッセージが表示されました。

「Apple Watch」ではサイドボタンをダブルクリックして決済端末に近づける
拡大画像表示

 iPhone7だけでなく、「Apple Watch Series 2」でも試してみましたが、「Apple Watch Series 2」の場合は、サイドボタンをダブルクリックしてから端末にかざすことになります。

 実際にいろんなクレジットカードを登録してわかったのは、「Visa」ブランドだからと言って「Apple Pay」を利用できないわけではなく、「Walletアプリ」に登録できるクレジットカードであれば、どのクレジットカードでも利用できるということです。

「Apple Pay」を実店舗で使うときには
電子マネー「iD」か「QUICPay」での決済となる!

 もう一つ、「Apple Pay」でわかりづらいのは、実店舗での決済を行う際はクレジットカード払いではなく、電子マネーの「iD」か「QUICPay」での支払いになるという点です。

「iD」や「QUICPay」の加盟店であれば「Apple Pay」が利用でき、「iD」での決済になるのか、「QUICPay」での決済になるのかは、クレジットカード会社によって異なります。

【iD】
◆dカード
◆三井住友カード
◆イオンカード
◆ソフトバンクカード

【QUICPay】
◆オリコカード
◆楽天カード
◆ビューカード
◆JCB
◆セブン・カード
◆セゾンカード
◆UCカード
◆au WALLETクレジットカード
◆トヨタファイナンス
◆三菱UFJニコス(MUFGカード)

右下に「QUICPay」のマークが見える
拡大画像表示

 上記のように対応しているので、実店舗で決済するときには「iDで支払います」「QUICPayで支払います」と言ってから支払いましょう。もちろん、「Apple Pay」の画面を確認すると、カードの横に「iD」「QUICPay」のロゴがありますので、上記の対応を覚える必要はありませんが、実店舗で「Apple Pay」を使う場合は、「iD」や「QUICPay」の加盟店であることを確認しないといけません。

 例えば、マクドナルドではクレジットカードは利用できません。しかし、マクドナルドは「iD」決済が可能なので、「dカード」や「イオンカード」を「Apple Pay」に登録していれば、マクドナルドで「dカード」や「イオンカード」を使えるということです。

実店舗とは異なり、ネットやアプリで「Apple Pay」を使う場合は
クレジットカードの発行会社に加えて、国際ブランドも重要に!

 「Apple Pay」はネットでもアプリでも利用することが可能です。例えば、「出前館」や「じゃらん」「BASE」「minne」などが「Apple Pay」に対応しており、決済時にiPhone7のホームボタンを押すだけで決済が完了します。

 今までのネットショッピングでは、サイトに登録したクレジットカードで決済も可能でしたが、クレジットカード情報の漏洩などを考えると、クレジットカードの登録を躊躇する人も多かったのではないでしょうか。筆者も、ほとんどのサイトでクレジットカード情報は登録せず、決済時にカード番号を入力していました。

 しかし、クレジットカード情報をサイトに登録しないと大変なのがスマートフォンでの買い物です。スマートフォンのアプリでは、クレジットカード番号の入力時に「SSL(Secure Sockets Layer=データを暗号化して送受信する仕組み)」で接続されていないことはないと思いますが、パソコンのブラウザのようにアドレスバーで「SSL」の有無を確認できないので、筆者はスマホアプリではクレジットカード決済をしたことはありません。

 一方、「Apple Pay」の場合は、暗号化された状態で開発者固有のキーを使って取引情報を暗号化し、その暗号化された情報を開発者または決済代行業者に送信するような仕組みになっており、アプリやウェブサイトには実際のクレジットカード番号やプリペイドカード番号が送信されることもありません。つまり、決済情報は安全に取引されており、さらに本体での指紋認証によって安全に利用することができるということです。
(「Apple Pay」のセキュリティに関して疑問があれば、「日本のApple Payのセキュリティとプライバシーの概要」を読んでみることをおすすめします)

 前置きが長くなりましたが、とにかく「Apple Pay」はセキュリティ的にはとても安心して利用できそうです。そこで、実際にネットショッピングで「Apple Pay」を利用して商品を購入してみました。

 今回は「minne」というアプリをダウンロードして、あらかじめ住所や氏名などを登録しておきます。

「au WALLETクレジットカード」は「APP内およびWEBでのお支払にはご利用できません」と表示される
拡大画像表示

 次に、「Apple Pay」での支払いボタンをタップするのですが、「カード」にメインカードとして設定した「au WALLETクレジットカード」が表示されていません。代わりに「楽天ブラックカード(Mastercard)」が選択されています。

「au WALLETクレジットカード」は「App内の支払いはできません」と表示されており、選択すらできないようになっているのです。

 つまり、「Apple Pay」開始当初に混乱を招いた、対応する「国際ブランド」がここで生きてくるということです。

 アプリやウェブ上では「Mastercard」「JCB」「American Express」のクレジットカードだけが利用可能となり、「Visa」ブランドは対象外となります。上記の写真を見ても分かるように、「楽天ブラックカード」と「dカード GOLD」は「Mastercard」、「SAISON American Express Card」は「American Express」なので利用が可能になっています。

 一方、「au WALLETクレジットカード」と「タカシマヤカードゴールド」「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」は「Visa」ブランドのため、「APP内およびWEBでの支払いにはご利用できません」となってしまっているのです。

「Apple Pay」に登録して利用すると
お得に使えるクレジットカードは?

 説明が長くなりましたが、それぞれのカード会社の登録可否、ネットやアプリでの利用可否を表にすると次のようになります。

■Apple Payへの登録可否、ネットやアプリでの利用可否状況
発行会社 実店舗で
利用する
電子マネー
Master
card
Visa JCB American
Express
実店舗 ネット
ウェブ
実店舗 ネット
ウェブ
実店舗 ネット
ウェブ
実店舗 ネット
ウェブ
楽天カード QUIC
Pay
イオンカード iD
au WALLET
クレジットカード
QUIC
Pay
オリコカード QUIC
Pay
セゾンカード QUIC
Pay
UCカード QUIC
Pay
ソフトバンク
カード
iD
トヨタ
ファイナンス
QUIC
Pay
dカード iD
ビューカード QUIC
Pay
三井住友カード iD
三菱UFJニコス
(MUFGカード)
QUIC
Pay
JCB QUIC
Pay
セブン・カード QUIC
Pay


 この中で、還元率が高いクレジットカードを考えると、「楽天カード」「Orico Card THE POINT」「dカード」「ビックカメラSuicaカード」「au WALLETクレジットカード」「Amazon Mastercard」「ソフトバンクカード(おまかせチャージ)」でしょう。これらは年会費無料(実質無料も含む)で、還元率1%のクレジットカードです。

 さらに、リアルでもネットでも使えるように、国際ブランドを「American Express」「JCB」「Mastercard」に限定すると、以下のようになります。

【楽天カード(JCB、Mastercard)】
【Orico Card THE POINT(JCB、Mastercard)】
【dカード(Mastercard)】
【ビックカメラSuicaカード(JCB】
【au WALLETクレジットカード(Mastercard)】
【Amazon Mastercard】

 ソフトバンクカードは「Visa」ブランドのみのため、実店舗では利用できますが、ネットやウェブでは利用できないのが残念です。

 これらのクレジットカードであれば、「iD」か「QUICPay」の加盟店でも、ネットでもアプリでも、「Apple Pay」でストレスを感じることなく利用することができます。もちろん、「Suica」チャージも利用可能です。ただし、「Suica」へのチャージでポイントが付くかどうかまでは別の話ですので、次回は「Apple Pay」でお得に「Suica」を使う方法について紹介したいと思います。

楽天カード
還元率 1.0~3.0%
(通常時は還元率1.0%、楽天市場利用時は還元率3.0%に。なお、楽天市場利用の+1.0%分はポイント付与の翌月末までの期間限定ポイント)
楽天ポイントカードの公式サイトはこちら!
発行元 楽天カード
国際ブランド VISA、Master、JCB
年会費 永年無料
家族カード あり(年会費無料)
ポイント付与対象の
電子マネー
楽天Edy(還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(最優秀メインカード部門)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)
還元率 1.0~3.0%
 発行元  オリコカード
 国際ブランド Master、JCB
 年会費  無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 モバイルSuica、ICOCA、
 iD、QUICPay、
 au WALLET(MasterCardのみ)
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018] 年会費無料カード部門のOrico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2019]2人の専門家がおすすめする最優秀カードが決定!2019年版、最強のクレジットカードを公開!(年会費無料カード編)

dカード
還元率 1.0%
「dカード」のカードフェイス
 発行元  NTTドコモ
 国際ブランド  VISA、Master
 年会費  永年無料
 家族カード  あり(年会費無料)
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 iD
「dカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!

ビックカメラSuicaカード
還元率 1.0~1.5%
(一般加盟店1.0%、JR東日本の切符や定期券、「Suica」チャージなど1.5%
「ビックカメラSuicaカード」のカードフェイス
 発行元  ビューカード
 国際ブランド  VISA、JCB
 年会費(税抜)  初年度無料、2年目以降477円
(年一回の利用で次年度無料
 家族カード  なし
 ポイント付与対象の
 電子マネー
 Suica、モバイルSuica
「ビックカメラSuicaカード」の公式サイトはこちら

(※関連記事はこちら!⇒Suica搭載のクレジットカードでおすすめの1枚は?「ビックカメラSuicaカード」は、実質年会費無料で「ビューカード」でもっとも高い還元率1~1.5%に!

※クレジットカードの専門家2人が選んだ、2019年の最強カードは?
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】
「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!
全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!

【クレジットカードおすすめ比較】還元率でクレジットカードを選ぶ!還元率ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】ービス充実の「おすすめゴールドカード」はコレ!ページへ
ETCカードでクレジットカードを選ぶ!ETCカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】人気ランキングでクレジットカードを選ぶ!人気ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】プラチナカードでクレジットカードを選ぶ!プラチナカードランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス)を比較して選ぶ!
【クレジットカードおすすめ比較】マイルでクレジットカードを選ぶ!マイルランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】海外旅行保険でクレジットカードを選ぶ!海外旅行保険ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】法人カードで選ぶ!法人カードでおすすめクレジットカードはコレだ!
【クレジットカードおすすめ比較】年会費無料でクレジットカードを選ぶ!年会費無料ランキングページへ
【クレジットカードおすすめ比較】最短即日発行~翌日発行で選ぶを比較して選ぶ!今すぐ入手できる、お得なクレジットカードはコレだ!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開!

【2019年9月1日時点・最新情報】
還元率、年会費etc.で比較! 人気のおすすめクレジットカード

還元率 年会費
(税抜)
ブランド 電子マネー対応
(ポイント付与対象)
カード
フェイス

 ◆OricoCard THE POINT (オリコカード・ザ・ポイント)

1.0~2.5% 永年無料 JCB
Master
Suica
ICOCA
OricoCard THE POINTカード公式サイトはこちら
【OricoCard THE POINTのおすすめポイント】
年会費無料ながら新規入会後6カ月は2.0%の高還元率で、7カ月以降も通常還元率が1.0%の高還元クレジットカード。ネットショッピングでは「オリコモール」活用で「Amazon」で還元率2%になるほか、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」でも還元率2.5%(各ショップのポイント含む)になるなど、ネットショッピングでは最強レベル。また、「iD」と「QUICPay」を搭載しているので少額決済でも便利。貯めたポイントは「Amazonギフト券」「iTunesギフトコード」なら即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も◎!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀年会費無料カード部門)
年会費無料カードの還元率競争が激化!「Orico Card THE POINT」はネット通販に強く、還元率1.5~2.5%も狙える注目の新登場カード!
「Orico Card THE POINT」は、還元率1.0%、年会費が永年無料のお得な高還元率カード。入会6カ月間は最大還元率がなんと3.0%に!
OricoCard THE POINTの公式サイトはこちら

 ◆楽天カード

1.0~3.0% 永年無料 VISA
JCB
Master
楽天Edy
(楽天Edyへの
チャージ分は
還元率0.5%)
楽天カード公式サイトはこちら
【楽天カードのおすすめポイント】
楽天市場や楽天ブックス、楽天トラベルを利用している人はもちろん、楽天ユーザー以外にもおすすめの「年会費無料&高還元」クレジットカードの代表格。通常還元率は1.0%だが、楽天市場や楽天ブックスでは最低でも還元率が3.0%以上に! また、「楽天ポイントカード」や電子マネーの「楽天Edy」との併用で、楽天グループ以外でも還元率は1.5~2.0%以上になる! ゴールドカードの「楽天プレミアムカード」も格安の年会費で「プライオリティ・パス」がゲットできてコスパ最強
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(最優秀メインカード部門)
「楽天カード」よりも「楽天ゴールドカード」を使ったほうが確実に得をする“損益分岐点”が判明!楽天市場での利用額次第で「楽天カード」よりお得!
「楽天カード」にメリット追加で還元率もアップ!さらに「楽天カード」と「楽天モバイル」の兼用でスマホ代の節約+楽天ポイントがザクザク貯まる!
楽天カードの公式サイトはこちら

 ◆アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

1.5%~ 1万円 AMEX Suica
ICOCA
高還元クレジットカードおすすめランキング!アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
【アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードのおすすめポイント】
マイル系最強カード」との呼び名が高いクレジットカード。対象航空会社・旅行会社28社で航空券代金やツアー代金を決済すると通常の3倍のポイントが貯まるので、航空会社発行のカードよりもマイルが貯まりやすいのが魅力。さらに、貯まったポイントは提携航空会社15社のマイルに自由に交換可能で、しかもポイントは無期限で貯められるのも大きなメリット! 「長距離+ビジネスクラス」の特典航空券に交換すれば、還元率は1.5%よりも高くなる!
【関連記事】
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】「おすすめクレジットカード」を2人の専門家が選出!全7部門の“2019年の最優秀カード”を詳しく解説!(マイル系カード部門)
航空・旅行アナリストがおすすめ!貯めたポイントを航空会社15社で自由に使える万能型のマイル系クレジットカードとは?
アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの公式サイトはこちら
 ◆dカード
1.0~3.0% 初年度無料(※)
次年度以降も
条件次第で無料
VISA
Master
iD
dカードの公式サイトはこちら
【dカードのおすすめポイント】
テレビCMでもおなじみの「NTTドコモ」のカードだが、auやソフトバンク利用者でもお得! 初年度年会費は無料で、年1回でも利用すれば次年度以降も年会費無料の「実質年会費無料」カードながら、通常還元率1%と高還元。さらに、ローソンでの利用分は請求時に3%オフになり、ポイント付与と合計すると常時5%の超高還元が実現!「dカード」で貯まる「dポイント」は携帯電話料金に充当できるほか、「Ponta」にも交換可能となり、ドコモユーザー以外でもお得なクレジットカードだ。
(※ 年会費は初年度無料、2年目以降1250円。ただし、年1回でも利用すれば次年度以降も無料)
関連記事
◆「dカード」は「dポイント」を貯める最強カード! ドコモ利用者以外は年会費実質無料の「dカード」、ドコモ利用者は「dカード GOLD」がおすすめ!
◆「dカード」はドコモユーザー以外にもおすすめの「高還元+実質年会費無料」クレジットカード!ドコモユーザーなら「dカード GOLD」を使い倒せ!
NTTドコモ「dカード」の公式サイトはこちら

 ◆JCB CARD W(ダブル)

1.0~3.0% 永年無料 JCB QUICPay
JCB CARD W(ダブル)の公式サイトはこちら!
【JCB CARD W(ダブル)のおすすめポイント】
年会費無料で通常還元率は1.0%、「ORIGINAL SERIESパートナー加盟店」のセブン-イレブンやAmazonなどでは還元率2.0%、スターバックスでは還元率3.0%になるお得なカード。しかも、大手カード会社のクレジットカードだけあって、ポイントの汎用性も抜群! また、2019年7月1日~12月31日の期間に新規入会すると、入会後3カ月間は最大10倍のポイントが貯まる(=還元率5.0%)、お得なキャンペーンを実施中!「JCB CARD W」史上、もっともお得なキャンペーンになっているので、入会するなら今がチャンス!
【関連記事】
「JCB CARD W」は「楽天カード」などとほぼ同じ、年会費無料+還元率1~3%のJCBの入門用カード!Amazonやスタバをよく利用する20~30代は注目!
「JCB CARD W」は、年会費無料で還元率1%以上のお得な高還元クレジットカード!「JCB CARD W」のメリット・デメリットを他のカードと比較して検証!
JCB CARD W(ダブル)のメリットを解説!「年会費無料」「常に還元率1.0%以上」「ポイントの使い勝手が良い」と三拍子そろった高還元クレジットカード!
JCB CARD Wの公式サイトはこちら

 

【SPGアメリカン・エキスプレス・カード】
「ホテル宿泊券」+「マリオットの上級会員資格」が
もらえて得するホテル系カード⇒関連記事はこちら

SPGアメリカン・エキスプレス・カード公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの公式サイトはこちら!
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2019年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2019年の最強クレジットカード(全7部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード じぶん銀行住宅ローン ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! 楽天カードは年会費永年無料で、どこで使っても1%還元で超人気! SPGアメリカン・エキスプレス・カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

人気株500診断
全銘柄の理論株価
3000円でできる投資

11月号9月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

人気株500診断/3000円でできる投資

月3000円からできる投資大全集!
・日本株ー1株や金額指定で積立も可
・米国株ー1株から買え手数料も激下げに
・投信ー1本だけで分散もできる優れモノ
・金ー
景気の後退懸念で人気沸騰中
・FX-外貨投資でコツコツ金利を稼ぐ
・仮想通貨ー低コストでできる新しい投資対象

人気の株500+Jリート14の激辛診断
・2019年秋の
イチオシ株
10万円株7銘柄
高配当株7銘柄
・気になる人気株
儲かる株の見つけ方 

全上場3739銘柄の最新理論株価
・必見!理論株価より株価が割安な株ベスト10

オススメ投信リスト&証券会社徹底比較
iDeCoで買うのはこの投信1本だけでOK!

●自腹でガチンコ投資! AKB48「株」ガチバトル
●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●本誌崖っぷち部員の同時進行ドキュメント
定年退職までのロードマップ[特別編]

【別冊付録】
株価10倍は当り前!米国株はスゴイ!
いま買いの米国株10!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2019】 クレジットカードの専門家が選んだ 2019年おすすめ「法人カード」を発表! 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報